動物系資格一覧

   

 

トリマーなどの動物に関する資格を紹介します。
こちらは「動物」に関する資格のページです。
私達人間のパートナーにもなりえる動物。
現在は犬のヘアカットをするのが主な仕事である「トリマー」などの資格を紹介しています。
国家資格などは存在せず、民間の機関が独自に設定している資格があります。
働くために必ずしも資格は必要ありませんが、持っていると有利に働くでしょう。
これらの資格の勉強法・難易度・合格率・試験概要を各ページで細かく解説しております。

 

初生雛鑑別師

初生ひな鑑別師の試験に合格するには、畜産技術協会が実施している「初生雛鑑別師養成講習」を受講しなければいけません。講習は「初等科」と「特別研修科」が存在し、初等科を修了することで特別研修科を受講することができます。

動物衛生看護師

アニマル・ヘルス・テクニシャンは、「動物衛生看護師」と訳される動物の看護師さん。動物病院などで、獣医師とともに動物の看護にあたるのが主なお仕事です。認定試験はNPOの日本動物衛生看護師協会が実施しており、筆記試験と実技試験、さらに面接試験で構成されています。

ペット販売技能師

ペット販売技能師の行なう仕事の内容はペットの専門的な知識を活かし、これからペットの飼い主となる顧客に対してのペットを飼う上での重要事項の指導やアフターケアなどを行ないます。またペット販売技能師は、販売を行なうペットに対して、健康や衛生の管理などの知識、技術などの専門的な知識も求められます。

家畜人工授精師

家畜人工授精師は豚、牛などの家畜として飼われる動物に対して人工受精を行う為の免許資格です。資格の取得には農林水産大臣の指定した大学、又は都道府県が家畜の種類別に行なう家畜人工授精などの講習会を受講し修了試験に合格する事で取得出来ます。

家庭犬のしつけ訓練士

ドッグトレーナーは、飼い犬のしつけをする仕事です。人々が自宅で「ペット」として飼う犬に対して、トイレ・散歩・留守番などのマナーを教え、人と犬が一緒に楽しく暮らしていけるように指導していきます。

ペット介護士

ペット介護士の資格を取得するためには、その資格が取得できる講座を受講する必要があります。ドッグトレーナーやトリマー、ペットシッターなどの資格と一緒にペット介護士の資格を取得できるものもあり、生涯動物に関わって仕事をしていきたい人であるなら、取得しておいたほうが良い資格と言えるでしょう。

飼育技師

飼育技師は動物園や水族館などの飼育係の実務能力を試す認定試験をいい、この仕事に従事する人の資質向上のために設置された資格です。試験自体の合格率は低くなく勉強をしっかり行えば簡単に合格可能だが、受験するには日本動物園水族館協会に加入している施設での2年以上の飼育経験が必要です。

盲導犬訓練士

犬の訓練を行い盲導犬を育成するのが盲導犬訓練士の仕事です。 訓練士は最終的に盲導犬の訓練だけではなく、目の不自由な方と盲導犬との歩行指導を行ってゆく盲導犬歩行指導員を目指します。

ペット美容師

トリマーは、業務独占資格ではありませんので、資格を持っていなくてもトリマーとしての業務を行うことは可能ですが、専門的な知識と技術力とが必要になりますので、トリマーとしての仕事をしたいのであれば、認定資格を取得するのが一般的です。

水族館トレーナー

知能の発達した海獣のトレーナーは、時には保護者であり、時には演技をする海獣に対する脇役であります。健康管理に必要な専門知識、体を使ってこなすハードな仕事に負けない自分自身の体力、来館者に動物の魅力を伝えたいという意欲も求められます。絶対に欠かせない条件は、泳ぎと潜水が得意なことです。