美容・ファッション系資格一覧

   

 

以前から人気の高い美容師などの、美容系の資格を紹介します。
こちらは「美容系」の資格のページです。
昔から人気の高い「美容師」や、今は数が減ってしまった「理容師」。
華やかに見えるこれらの職業は、小さな子どもたちからの憧れの的になりやすいお仕事です。
そんな美容師や理容師(床屋)の実態はどのようなものなのでしょう?
資格試験の概要・合格率・難易度・試験科目などを各ページで解説しています。
下積み時代は長くて大変だけれど、一人前になったときにすごいやりがいを感じられ、達成感や「楽しい」と強く思えるのが美容系職業の大きな特徴だと思います。
興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

エステティシャン

エステティシャンは、フェイシャル、ボディケア、脱毛などの施術を行い、お客さまの肌や全身を美しくする仕事です。サービスやメニューの内容はエステサロンによって異なりますが、最新の美容機器や手など、さまざまな技術を駆使します。この仕事は「美」だけでなく「癒し」の提供も重要となりますので、接客力やコミュニケーション能力、お客さまへの思いやりなどが強く求められる仕事です。

フーレセラピスト

フーレセラピーとは、手を使わずに、足のさまざまな部分を使い、身体の筋肉やつぼ、リンパをほぐす技術を指します。 手の3~4倍の圧力で筋肉をほぐせるため、手の施術よりも短時間で同効果が得られるようです。

きものコンサルタント

「きものコンサルタント」とは、日本の代表的な民族衣装である着物に関して総合的なコンサルタントをおこなうスペシャリストです。この資格試験は、文部科学省および経済産業省が認可する公益社団法人の全日本きものコンサルタント協会によって実施されています。

アパレルマーチャンダイザー

アパレルマーチャンダイザーとは、アパレルや流通・小売業界において、商品開発や販売計画、予算管理などを専門的に担当する民間資格です。一般的には、販売スタッフやバイヤーとして経験を積んでから、この仕事に就くことが多いです。ファッションやマーケティング、流通ビジネスに関する専門的な知識はもちろん、情報収集力につながる感性や好奇心、積極性や営業手腕なども求められる資格です。

AEA認定エステティシャン

日本エステティック協会では3種の資格を認定エステティシャンとして定め、これらいずれかを有する人のことを総合的に「認定エステティシャン」と呼びます。最も難易度が高いものは「認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)」です。同資格を取得すると「社会的、指導的立場を担うエステティシャン」として、エステ業界を牽引する役割が期待されています。次に難易度が高い「認定エステティシャン」は、エステティック業界の中核を担う存在で、この資格を持っていると、採用の際に優遇されることもあるようです。一方「認定フェイシャルエステティシャン」と「認定ボディエステティシャン」は、フェイシャルやボディの基礎技術を有することを示します。

Ajesthe認定フェイシャルエステティシャン

Ajesthe認定フェイシャルエステティシャンとは、エステの中でも特に顔の肌の悩みを解消するためにクレンジングなどを行う民間資格です。この資格で仕事をしている方は、自身も綺麗になると答えているそうです。美への興味があれば、受験をお勧めする資格です。

Ajesthe認定ボディエステティシャン

Ajesthe認定ボディエステティシャンとは、エステティックサロンで、リンパの流れを促すようなマッサージや、脂肪を減らすマッサージを行う民間資格です。より多くのハンドテクニックを身に着けたエステティシャンならば、エステサロンから重宝される存在になれるのではないでしょうか。

Ajesthe認定エステティシャン

Ajesthe認定エステティシャンとは、髪を除く全身の手入れを行う民間資格です。この資格を取得するには、協会が認定している認定校での受講・受験が必要となります。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーとは、エステティシャンとして指導的立場を担える民間資格です。独立を考えている方や、プロのエステティシャンなら取得しておきたい資格となっています。

IFA認定アロマセラピスト

IFA認定校ではIFAに規定されているカリキュラムに関しての計220時間の講義を受ける事でIFA認定アロマセラピスト受験資の取得からIFA認定試験まで一貫して教育を受ける事が出来ます。