食・調理・栄養系資格一覧

   

 

栄養士・調理師等の調理・栄養に関する資格を紹介しているページです。 こちらは「調理・栄養」に関する資格のページです。 【食】は人が生きるうえで不可欠なことであり、「栄養士」はその人その人に合った栄養指導を行います。 また、「調理師」は働くために必ず必要な資格ではありませんが、厚生労働省から認められている立派な国家資格です。 どちらの資格も合格率はさほど低くはないので、きちんと勉強をすれば難しくはない試験だといえます。 各ページでは、試験の概要・合格率・勉強法・難易度・給料などについて細かく解説をしています。 どちらの資格も、持っていると何かと重宝する資格です。 是非、きちんと事前準備をし、合格するための参考にしてくださいね!

 

中国茶認定初級インストラクター

中国茶認定初級インストラクターとは、中国茶の基礎的な知識を習得し、そのおいしさ・楽しさを理解して、中国茶の普及活動と初歩的な指導をする民間資格です。多彩な中国茶が広く普及している日本において、さらに普及・発展させていく一翼を担います。中国茶について、より深い知識を身に着けたい方は取得しておくといいでしょう。

クッキングアドバイザー

クッキングアドバイザーは、食品メーカーや調理器具メーカーなどに勤務、あるいはフリーでこれらの企業の依頼により、消費者に製品のPRを兼ねて、料理法の実演やアドバイスをするのが主な仕事です。

食品冷凍技士

食品冷凍技士とは、食品を低温加工技術や冷凍食品の処理、品質管理に関する専門知識・技能があることを証明する民間資格です。この資格を取得するには、低温にかかわる食品の製造などの実務経験が必要となります。この資格は、食品冷凍に関わる人が取得しておきたい資格となります。この資格だけでは就職は難しいです。

惣菜管理士

惣菜管理士とは、惣菜食品に関する基礎から専門知識まで幅広く、かつ総合的に習得することを目的としている民間資格です。お惣菜の専門店を持ちたい方や、お惣菜にかかわる職場に勤める方には、ぜひとも視野に入れておいていただきたい資格です。

焼酎アドバイザー

焼酎アドバイザー飲食店や酒販売店などで焼酎のアドバイスや紹介といった提案をするための民間資格です。近年の焼酎人気から、焼酎アドバイザー資格への注目度は大きく高まっています。焼酎が好きな方にはお勧めの資格となっています。

食育マイスター

食育マイスターとは、食育を基礎から学び、日常生活の中で食育を実践できる民間資格です。講習は日ごろの食生活に食育を取り入れる「ジュニア食育マイスターコース」と、協会の食育プログラムを使った活動を実施する「食育マイスターコース」の2段階に分かれています。

食生活アドバイザー

食生活アドバイザーとは、食生活に関連する幅広い知識があり、日常生活はもちろん、仕事の現場でも活用できる民間資格です。食生活全般を扱う汎用性のある資格なので、別の資格を有している方のプラスアルファの資格として人気があります。食に関心のある方ならだれでも挑戦することができる資格となっています。

カレーマイスター

カレーマイスターは、日本野菜ソムリエ協会が試験を実施しています。スパイスの知識、カレーの歴史などを講座で学びます。講座を受講した後に修了試験が行われます。合格率は不明ですが、難易度はそこまで高くないようです。

コーヒーコーディネーター

コーヒーコーディネーターの養成講座は、日本創芸学院が実施しています。コーヒーの歴史、淹れ方、スイーツ、経営などについて学びます。全ての課題に合格することで、資格を得ることが出来ます。資格をいかしてカフェを開業する人もいるようです。

きき酒師

日本酒の資格というと、この資格が一番有名なのではないでしょうか。?酒師とは日本酒とその楽しみ方を提供できるプロです。酒販店や飲食店に務めている方が取得することが多いようです。