企業・経営系資格一覧

   

 

公認会計士や宅建士などの、企業・経営系の資格を説明しています。
こちらでは「企業・経営系資格」について紹介しています。
学生から根強い人気のある「公認会計士」や、国家資格の中でもトップレベルの人気を誇る「宅地建物取引士(宅建士)」、資産運用の資格「ファイナンシャル・プランニング技能検定(ファイナンシャル・プランナー)」。
企業にとっては欠かせない存在となる資格がほとんどであり、言わずと知れた人気資格です。
その分競争率も激しいですが、給料が安定していることでも有名です。
各ページでは、資格の取り方・競争率・合格率・試験詳細・主な仕事内容について説明していきます。
現役学生の方も、社会人でこれから挑戦の方も、ぜひ参考にしてください。

 

知的財産管理技能検定

知的財産管理技能士検定とは、知的財産として企業内での権利侵害に関わるトラブルを未然に解決したり、リスクを最小限に抑える能力を有する資格です。近年はIT技術の進歩によりコンテンツ制作に関する知的財産が注目となっており企業内でも需要の高い資格となっております。

ファイナンシャル・プランナー

法律の改正に伴い、資産の問題は年々複雑になり気軽に相談をしたい人も増えてきています。諸外国では非常にステータスのある職種ですし、独立した場合高収入を得られる可能性も高いので持っておきたい資格と言えます。

証券アナリスト

他の資格試験と比べてみても、とても難しいというわけでもなくかといって簡単なわけでもない資格です。現在金融機関に勤めている人にもですが、まじめに金融について勉強したことを証明する意味ででこれから金融機関に就職する人にオススメの資格です。

GCDF-Japan

キャリアカウンセリング協会によって年に3回程度試験が行われています。事前にGCDF-Japanキャリアカウンセラーの講座を受けることによって取得しやすい資格になっています。複雑化する社会の中で、今後より注目される資格になっています。

ERE

日本経済学教育協会によって、年に2回開催されています。EREとミクロ・マクロEREの2種類あり、合否ではなく7段階で評価されます。経済学の知識を全国的に評価してくれるので、自分の力試しやスキルアップのために受験するのもいいかもしれません。

GCDF

キャリアカウンセリング協会によって年に3回程度試験が行われています。事前にGCDF-Japanキャリアカウンセラーの講座を受けることによって取得しやすい資格になっています。複雑化する社会の中で、今後より注目される資格になっています。

MBA

MBAは海外のビジネススクールか日本の決められた大学院を卒業することで取得できます。MBAを取得しておくことで、ランクアップや就職に有利になりますが、取得には高額な費用が掛かります。人気のある資格なので、取得するのは狭き門となっています。

THP指導者

中央労働災害防止協会が主催して開かれる研修を受講すれば取得できる資格です。6分野あり専門が異なります。受講資格が厳しく定められていますが、試験はないので比較的簡単に取得できます。医療従事者の人で、スキルアップを目指している人向けの資格です。

キータッチ2000テスト

商工会議所によって全国のネット試験会場にて実施されます。誰でも受験できるので、タッチタイピングが出来る証明として資格を持っておくこともいいでしょう。パソコンを使用した企業への就職の際も、タッチタイピングができる証として有利に働いてくれます。

ビジネス・キャリア検定試験

ビジネスキャリア検定は8分野、3階級に分かれてそれぞれ39試験実施されます。年に2回、全国で実施されています。厚生労働省が定める職業能力評価基準に基づいているので、スキルアップを目指している方や就職活動をする方には有利になる資格です。