販売士(小売商)リテールマーケティング検定

Tweet Tweet販売士資格取得者は他にはリテールマーケティング検定という名称で呼ばれております。 資格名:販売士 目次1 販売士の資格は「民間資格」です。2 資格広場では販売士になるには?販売士なるためには?販売士 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

販売士資格取得者は他にはリテールマーケティング検定という名称で呼ばれております。

資格名:販売士

販売士の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場では販売士になるには?販売士なるためには?販売士になりたいを応援しております。

販売士になるために必要な知識

1級~3級、全て5科目の教科がありますので、すぐに取得できるという資格ではありません。ただし2級、3級に関して言えば知識の有無に関わらずテキストベースの独学で200時間~300時間で合格する方は多いようです。1級に関してはまったく知識のない状態で平均約500時間ほどが必要となるようです。

販売士の資格は「商工会議所」が運営管理を行っております。

商工会議所とは:

全ての商工業の総合的な発展を図り、社会一般の福祉増進に資するという目的を持った組織を目指しています。

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

販売士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

販売士とは流通全般における製造、卸、小売業において商品計画から製造、販売までの知識を身に着け、マーチャンダイジングを理解した上で効率的なマーケティングを行う販売のエキスパートです。主に製造~小売までの企業から重宝されています。またこの資格を取得することで幅広い職種で活躍することができると共に企業コンサルを担うことも可能です。また国家資格となる中小企業診断士を目指すきっかけになることが多くキャリアアップが可能です。

販売士資格取得の為の勉強法

販売士(リテールマーケティング)の検定試験に合格する為には製造から卸売、販売サービスまでの知識を学ぶこととなるため、短い期間で取得するには資格取得の学校を利用することが一般的です。科目は小売業の類型、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、マーケティング、販売・経営管理の5科目と多岐に渡り、販売士の2~3級までは選択問題のみとなり1級は更に記述問題が追加となります。テキストを使って独学で学ぶことも可能ですがその場合は比較的、時間に余裕を持って1科目ずつ知識を身につけていくことがお勧めとなります。また専門用語が数多く出てきますので、しっかり一つ一つの意味を理解していきましょう。

販売士の試験料・試験の内容・合格発表について

販売士資格試験料

受験料は1級が7.710円、2級が5,660円、3級が4,120円となります。

販売士試験・検定の年間試験回数

3級は年2回、1~2級は年に1回となります。

販売士の試験科目等の内容

小売業の類型・マーチャンダイジング・ストアオペレーション・マーケティング・販売・経営管理の5科目となります。この5科目全て100点満点とした上、全ての科目平均点が70点以上、もしくは50点未満の科目がないこと、この2つの条件を満たした場合、合格となります。※前年の科目の点数により一部免除となる場合があります。

PR

販売士資格の難易度

1級~3級、全て5科目の教科がありますので、すぐに取得できるという甘い資格ではありません。ただし2級、3級に関して言えば知識の有無に関わらずテキストベースの独学でも200時間~300時間で合格する方は多いようです。1級に関してはまったく知識のない状態で平均して約500時間ほどが必要となるようです。

販売士資格の合格率について

合格率を見てみると3級は約60%、2級は約50%、1級は約20%で推移していますが、今までの統計では10%前後は振り幅があるようです。

販売士試験の合格発表

試験の合格発表に関しては各地域の商工会議所によります。受験地の商工会議所にお問い合わせください。

リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。ただいま図書カードを全員にもらえる超お得なキャンぺーンを実施中です! 資格の専門学校や大学の無料パンフレット・願書などをまとめて10校以上請求するだけで、 高校生なら誰でも全員に1000円分の図書カードがプレゼントされます!!! 気になる専門学校の資料を請求して、自分にあった資格を見つけましょう! ↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 資格・専門学校請求キャンペーンページへ 】

sponsored link

コメントを残す

*

*