警視庁警察官・婦人警察官

警察官 なるには

Tweet Tweet警視庁警察官・婦人警察官は幅広い年齢層の男女が幅広い業務に携わることができる仕事です。 警視庁警察官・婦人警察官資格取得者は他にはお巡りさん、ポリスマン、キャリア組という名称で呼ばれております。 資 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警視庁警察官・婦人警察官は幅広い年齢層の男女が幅広い業務に携わることができる仕事です。

警視庁警察官・婦人警察官資格取得者は他にはお巡りさん、ポリスマン、キャリア組という名称で呼ばれております。

資格名:警視庁警察官・婦人警察官

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では警視庁警察官になるには?警視庁警察官なるためには?警視庁警察官になりたいを応援しております。

警視庁警察官・婦人警察官になるために必要な知識

刑務官試験の二次試験で行われる身体測定では身体について測定を行います。その検査の結果で身長が男子160cm未満、女子が150cm未満の方、体重が男子47kg未満、女子が43kg未満の方、裸眼視力が1眼でも0.6未満の方、色覚に異常がある方、手足の運動機能に異常がある方、胸囲が男子78cm未満、女子が75cm未満の方は不合格になりますので注意が必要です。

警視庁警察官・婦人警察官の資格は「警視庁」が運営管理を行っております。

警視庁とは:

警視庁とは、東京都の警察です。東京都民の安全を守るための組織です。

警察官 なるには 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

警視庁警察官・婦人警察官ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

警察官とは、主に公共の安全や社会の秩序を維持することを目的とする公務員です。警察官でも警視庁警察官Ⅰ種の試験の合格者は「キャリア(国家公務員)」と呼ばれ、警視庁のみならず文部科学省や法務省などの各省庁への入庁を希望する人が受ける試験です。基本的に受験資格を満たしていれば誰でもなることは可能ですが、難しい試験を勝ち進むことが必要となるため、有名大学出身者が合格する場合が多い傾向です。反対に「ノンキャリア(地方公務員)」は交番のお巡りさんなど、現場で働く警察官などが該当します。

警視庁警察官・婦人警察官資格取得の為の勉強法

警察庁警察官は国家公務員採用Ⅰ種試験にあたり、一次試験から三次試験までの試験を受けることが必要となります。試験内容は一次試験は学力試験・作文・適性検査、二次試験は身体検査と体力検査、三次試験は面接となります。筆記試験は専門的な内容を問う試験はないのですが出題科目の範囲が広いため十分な試験対策とポイントを絞った勉強が必要となります。過去問題の取り組みも必要でしょう。また、二次試験の体力検査では反復横飛びや持久走など一定の基準をクリアする必要があります。筆記試験だけでなく体力試験に向けての体作りも大切となります。

警視庁警察官・婦人警察官の試験料・試験の内容・合格発表について

警視庁警察官・婦人警察官資格試験料

警視庁警察官は受験する時に受験料は基本的に発生しません。

警視庁警察官・婦人警察官試験・検定の年間試験回数

試験は年3回行われています。第1回は5月、第2回は9月、第3回は翌年1月に行われています。女性の試験は年2回しか行われていませんでしたが、平成27年から男性同様、年3回行われています。

警視庁警察官・婦人警察官の試験科目等の内容

試験内容は1次試験と2次試験が行われ、1次試験では筆記試験と身体検査、適性検査が行われます。マーク方式で出題され、内容は国語や数学など教養問題が中心です。二次試験は面接、記述式の適正検査、体力テスト、を行います。二次試験では体力を測定するため日ごろから身体を鍛えておく必要があります。

警視庁警察官・婦人警察官資格の難易度

受験者数に対しての採用予定人数からみてもものすごく狭き門であることが言えます。一次試験の筆記試験はその中でも特に難しく、科目や範囲が広いことからここで毎年多くの人が落とされます。選択で出題される試験にもかかわらず合格者の獲得点数はだいたい5~6割ほどととても低いことから、難易度は高いことが言えます。

警視庁警察官・婦人警察官資格の合格率について

公務員の合格率は倍率として表記されることが多く、平成27年度の男性の倍率は5.7倍、女性は8.4倍ととても高い倍率であることが分かります。警視庁警察官国家試験は日本三大試験の一つと言われています。そのため有名大学出身の高学歴者が受験することが多く、例年合格率は5~6%となっています。

警視庁警察官・婦人警察官試験の合格発表

警視庁警察官Ⅰ類の合格発表は、最終結果以外は主に郵送での通知書にて確認します。一次試験では試験後約2週間で、二次試験は試験後約70日後に本人宛に通知書が発送されます。合格者だけでなく不合格者にも受験者数に対しての自分の順位などが書かれた通知書が送られます。最終結果は警視庁採用サイトにて確認することができます。

sponsored link

警視庁警察官・婦人警察官資格取得後の傾向

警視庁警察官・婦人警察官の職業例

警視庁警察官、婦人警官

警視庁警察官・婦人警察官に向いている人

悪い人を取り締まることを仕事とする警察官であるため、正義感は欠かせません。また、集団行動が多く一人の身勝手な行動は全員の責任になります。このことを理解し周りと協調性をもって行動できる人は警察官に向いていると言えます。

警視庁警察官・婦人警察官と同じ分野の他の資格

国家公務員Ⅱ種、消防士、地方初級・国家Ⅲ種、地方警察官

警視庁警察官・婦人警察官の給料相場

警視庁警察官Ⅰ種の給料は約87万円ほどで年収は約1390万円ほどと言われています。キャリアが上がれば上がるほど役職も上がっていくため、1000万円を超えることも可能です。また警視庁警察官は優遇もされ、入ってしまえば解雇もないため一生安定した職業だと言えます。

警視庁警察官・婦人警察官の現状

警視庁における女性の警察官の採用に力を入れており、平成30年までに定員に占める女性警察官の割合が10パーセント以上になるよう採用を拡大し、一層働きやすい職場環境の整備を進めています。また、豊富な知識と経験を持つメンター(女性警視)によるメンティー(後輩の女性警部等)のキャリア形成にも力を入れています。

警視庁警察官・婦人警察官の将来性

犯罪や事故などは日々起こっており、なくならない限り警察官の業務もまたなくなることはありません。また警視庁警察官になるためには難しい試験を合格し、一定基準の体力や身体基準をクリアしなければなることができません。それだけあって、合格することができれば将来は安定しているということが約束されます。

警視庁警察官・婦人警察官の独立について

警視庁警察官Ⅰ種国家資格は、警察官のキャリア組になるための試験になります。この資格を使用しての独立はすることはできないでしょう。 

こんな著名人の方も警視庁警察官・婦人警察官資格を持ってます。

該当者なし。

コメントを残す

*

*