ま行の資格一覧

   

 

ま行から始まる資格一覧です。

資格名がま行から始まる資格について説明しています。

 

商品装飾展示技能士

商品装飾展示技能士とは、ビジュアルマーチャンダイジング(VMD)の考え方をもとに、店舗においてマーチャンダイジングを的確にお客様に視覚伝達をするための商品プレゼンテーション技能及び技術のことです。「商品装飾展示職種」は、商品の魅力的な見せ方に必要な技能・知識を対象としています

管工事施工管理技士

人が快適に生活をしたり使用したりする建物を造るためには、配管工事が欠かせません。管工事施工管理技士は、そんな配管工事の施工計画を立て、工程管理、品質管理、安全管理等を行います。建築業界にはなくてはならない仕事でしょう。

トレース技能検定

建築・土木・インテリア

トレース技能検定は設計士やデザイナーなどの専門職が作成した図面を活用しやすいように清書を行う資格です。工業高校や専門学校で取得されることが多い公的資格ですが、受験資格はなく1級~4級どの級位からでも受験可能な資格となっております。

地理空間情報専門技術認定試験

地理空間情報専門技術認定試験は国家資格である測量士、測量士補の資格を有する人が実務経験を経て受験することができる資格です。約1万人が取得しており、測量士としての仕事の幅が広がる資格となります。国土地理院の測量技術者資格として登録もされている資格です。

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は技能技術により8つの試験に分かれている民間資格です。CAD資格では一番認知度が高い試験のため、上級資格を取得しておくことは一定のステータスとして認知されることでしょう。3次元CAD試験は今後の必要性が上がる試験となるでしょう。

CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度とはCADを実務として使用している方やCADの教育を受けている方々を対象とした技術、技能をはかり認定する民間資格です。技能レベルにより3つの試験に分かれており、基礎的な図形製作の技能操作から3Dなどの応用知識まで技能を認定することができます。

土木施工管理技士

土木施工管理技士とは大規模な土木工事の施工計画を作成し管理を行う技術者です。現在は慢性的な人手不足であるために需要が高いですが難易度の高さや実務経験の必要性から受験者数が減少している資格となっております。

測量士補

測量士補とは測量法に則って測量士が作成した計画に沿って測量を行うことができる国家資格です。合格者の割合に対して測量士補として登録している方は少なく、土地家屋調査士の午前中の資格が免除となるため資格を取得される方が多い資格です。

建築設備士

建築士が、大規模の建築物その他の建築物の建築設備に係る設計又は工事監理を行う場合に、建築設備士の意見を聴いたときは、設計図書又は工事監理報告書において、その旨を明らかにしなければなりません。また、建築基準法による建築確認申請書、完了検査及び中間検査申請書においても、その旨を明らかにしなければなりません。

建築施工管理技士

建築施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者です。並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められており、大規模工事(超高層建築、大規模都市施設等)を扱います。