な行の資格一覧

   

 

日本パラグライディング技能証などのな行から始まる資格一覧です。

資格名がな行から始まる資格について説明しています。

 

ACT

オラクルのデータベースにナンする基本的な知識の証である「オラクルマスター」は、知名度もあり、世界に世界に通ずる民間資格です。資格は、Bronze、Silver、Gold、Platinumの4段階に分かれています。Silver以降の認定は、世界で通用します。

貿易アドバイザー

AIBA認定貿易アドバイザーとは、貿易実務、貿易英語、マーケティングに精通し、海外との取り引きを希望する企業に的確なコンサルティングを行うことができる人材を認定する資格です。海外取引企業などの貿易に関する業務に助言や指導を主業務とします。

HSK(漢語水平考試)

HSKは、コミュニケーション能力の測定に特化しているため、より実用的な中国語能力が求められる。中国語検定は、中国語の正確な知識を問う問題が出題されるため、日本語と中国語の相互翻訳力が求められる。 中国の大学では外国人留学生に対して、HSKの一定スコアを求めています(文系大学でHSK5級、理系大学でHSK4級を求められることが多い)。

点字技能検定試験

点字に関する卓越した知識・技術を有する方に対して資格を付与することにより、点字関係職種の専門性と社会的認知度を高め、合わせて点字の普及と点字の質の向上を図ることを目的としています。視覚障害者に的確な情報を提供するための資格です。

IMF専門職員

IMF (国際通貨基金) 専門職員とは、国際金融市場において通貨・為替相場の安定を目指す国際機関であるIMFの職員を指します。国際的視点で経済や金融、財政の調査・分析にあたるのが主な仕事となります。職員になるには、高度な英語能力はもちろん、各職種に必要な専門的な知識や国際経済に関する専門知識が必要です。

TOEIC Bridge(R)

TOEIC Bridgeは「Bridge」とあるようにTOEICを受ける前の架け橋となるような試験になっています。TOEICの問題数の半分、解答時間の半分に設定されており、TOEICを受ける前の準備のために受けることができます。

日本実戦話力検定

日本実戦話力検定試験とは、相手と実践的に話しをする能力を有するかどうかを試す資格試験でした。日本実践話力検定の勉強をすることで、社会人にとって最も大切で基本的な能力のひとつである話力の能力を身に付けることができたのです。

日本語検定(語検)

日本語検定(語検)とは、日常生活において、特に間違えに気づくことなく、何気なく使っている日本語を「正しい日本語の使い方」として見直し、語彙や表現力を豊富に持っているかなど広く深い日本語の知識と運用能力を測定する検定です。

日本語文章能力検定(文検)

日本語文章能力検定(文検)とは、日本語の文章をすばやく正確に書くことができる能力を有するかどうかを試す資格試験です。言語能力、とくに思考力、表現力を育み、あらゆる学習の基盤となる国語力の向上につなげるのがこの日本語文章能力検定の目的です。

日本語コミュニケーション能力認定試験

日本語コミュニケーション能力認定試験は、日本語でのコミュニケーション能力や、的確に日本語を使える能力など、基礎となる「日本語能力」と、より実践的な「言語運用能力」を審査する試験です。学歴・年齢・性別にかかわらず誰でも受験することができます。