た行の資格一覧

   

 

トリマーなどのた行から始まる資格一覧です。

資格名がた行から始まる資格について説明しています。

 

自動ドア施工技能士

自動ドア施工技能士は、国家資格です。この資格は独占名称資格であるため、資格取得者でなくても自動ドアの施工は行えますが、取得者以外が自動ドア施工技能士と称するのは禁じられています。自動ドアを扱う会社の技術者のうち、3人に1人が取得しています。

設備士

設備士とは、設備に関する資格取得者で、設備管理に関する深い知識と経験を有する技術者です。設備士と一口に言っても対象設備によって各種の設備士があります。国家資格である消防設備士、建築設備士から民間資格の防犯設備士まで、その内容もさまざまです。

玉掛技能者

建築現場の楊重用タワークレーン、移動式クレーンはほとんどのものがつり上げ荷重1トン以上となっているため、とび職、鉄筋、大工などのほか、電気、水道などの設備業者も所持が必須の資格といえます。

型わく支保工の組立て

型わく支保工とは、支柱、はり、つなぎ、筋かい等の部材により構成され、建設物におけるスラブ、けた等のコンクリートの打設に用いる型わくを支持する仮設の設備をいいます。

圧入施工技士

圧入施工技士とは基礎工事で使われる杭圧入引抜機に対する取扱いや技術に対する技術認定になります。圧入施工技士資格は杭圧入引抜機を使い工事の施工を行なう下水道工事などで有効な資格です。この制度は、国家検定である技能検定制度を補完するため、地方自治体や公益法人が実施する技能審査のうち、技能振興上奨励すべきものを厚生労働大臣が認定する制度で、昭和48年に創設されました。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、施工管理技士国家資格のうちの1つです。国土交通省の管轄。建設業のうち冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事、衛生設備工事などの管工事において、施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理等の業務を行う。施工管理技士の区分は1級、2級であるので表記に注意する必要があります。

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道、などの土木工事において、主任技術者または、監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行うための資格です。

揚貨装置運転士

揚貨装置運転士は、港湾関係の企業に就職し、船舶にコンテナなどの貨物をクレーンなどを操作して、積み込む国家資格です。「揚貨装置運転士」資格試験は、もともと持っているデリックやクレーンの資格を「揚貨装置」向けにワンランクアップさせるものです。

土止め支保工作業主任者

土止め支保工作業主任者とは、掘削面の高さが2メートル以上となる地山の掘削作業を行うための作業場において掘削作業・土止めの安全対策・指導などを行う掘削の専門家です。建設・土木業界、砂利採取業界におけるスペシャリストとして活躍できます。

土地改良換地士

土地改良換地士とは農用地集団化に関する専門家です。農用地集団化事業の計画案などについて権利者たちの判断を容易にするために意見したり、助言や指導をおこなったりする農用地集団化のスペシャリストです。土地改良法で定められている業務独占資格です。