わ行の資格一覧

   

 

早稲田大学大学院などのわ行から始まる資格一覧です。

資格名がわ行から始まる資格について説明しています。

 

日本茶インストラクター

日本茶インストラクターは、NPO法人日本茶インストラクター協会が認定する資格です。日本茶に対する興味・関心が高く、日本茶の全てにわたる知識及び技術の程度が、消費者や初級指導者(日本茶アドバイザー)を指導する適格性を備えた中級指導者です。

和食検定

和食検定は、日本の食文化を正しく理解し、正しく伝えるための基礎知識の普及と、和の食文化を継承し発信していくために必要な専門知識と実務知識の理解度を測るための試験です。和食を日本の文化として捉え、知っておきたい基本的な事柄をおもてなしの現場や日々の生活の中で生かしていけるでしょう。

ワインアドバイザー

ワインに携わる人々の資質の向上とワインを中心とした飲料に関する知識の普及、サービス向上、食品衛生の推進、飲食を提供する環境の衛生的確保などを行い、人々に食文化の向上、豊かな食生活を提供し、飲食店の経営の振興に寄与し、ワインに携わる人々の社会的な向上を広く社会への福祉と公衆衛生の向上に貢献します。

製菓衛生師

製菓衛生師は、菓子作りの技術や知識の他、公衆衛生学や衛生学、食品添加物など、食の安全に関する専門知識の証明となる資格です。飲食店を開業する際に必要な「食品衛生責任者」と同等の資格です。店長になる夢がある、独立開業を目指しているという人は取得した方が良いでしょう。

菓子製造技能士

菓子製造技能検定を受検するためには、一定の年数の実務経験が必要です。そのため、菓子製造業に就いてから受験するのが普通です。働いて経験を積み、一定の技能を取得してから、さらに高い技能を身につけ認められるための目標のひとつと考えても良いでしょう。

サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーとは、サプリメントやその他の健康食品の摂取方法などを的確にアドバイスできる専門家です。
サプリメントの成分や機能、活用方法などについて理解し、正しい情報を提供できるアドバイザーの需要が高まっています。

食品衛生管理者になるには

資格名:食品衛生管理者 食品衛生管理者の資格は「国家資格」です。 資格広場では食品衛生管理者になりたい方を応援しております。 食品衛生管理者になるために必要な知識 食品衛生に関する知識として化学や食品についての知識を学ぶ […]

ソムリエ

ソムリエ 資格

ソムリエはホテルやレストランで料理に合ったワインやお客様の好みのワインを選択、提案するお仕事です。最適なワインの提案に加えて、ワインの発注、グラスの管理も仕事の一部となっています。資格試験では筆記試験に加え、テイスティング試験、実演試験も課せられます。

調理師

調理師 コック 資格

調理師の資格はホテル、旅館、飲食店などの公共施設でプロとして調理業務に携わる際に必須となる国家資格です。調理師の資格は日本料理、西洋料理、中国料理、製菓などの分野に分かれます。試験は筆記試験のみで実務経験などの受験資格は課せられません。

管理栄養士

管理栄養士 なるには 資格

管理栄養士は栄養のスペシャリストとして人の栄養管理や指導をするお仕事で、1人1人の体質や病状にあった栄養指導を行います。栄養士と異なり、病人などに栄養管理の指導ができ、調理業務よりも栄養管理が主な業務となります。管理栄養士の資格は国家資格で様々な活躍の場があります。