プロゴルファーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-26

公開日:2018-09-26

プロゴルファーは、大会に参加し賞金を稼ぐことが仕事です。現在ゴルフは大変人気のある競技で、ゴルフ中継なども行っており、一般にテレビに出てくるような選手はトッププレイヤーである事が多く、常に成績上位のプレイヤーは多くの賞金を稼ぐことが出来る仕事です。


プロゴルファーは年齢制限はありませんの男女が目指せる、ゴルフは人気のあるスポーツで、他のスポーツと比べて、年齢を重ねても出来るため競技人口は多いです。しかし今後は少なくなっていくと見られています。職業です。
プロゴルファーの職業は他にもツアープロ・レッスンプロと呼ばれております。
プロゴルファーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、プロゴルファーになるには?プロゴルファーになるためには?プロゴルファーになりたいを応援しております。

プロゴルファー

プロゴルファーってどんな仕事?(仕事内容など)

日本プロゴルフ協会が認定している資格として、「トーナメントプレイヤー」と「ティーチングプロ」があります。トーナメントプレイヤーは、トーナメントに出場できる技術と知識を持ち合わせていると、日本プロゴルフ協会から認定された人に与えられるもので、ティーチングプロは、ゴルフの指導技術に優れており、日本プロゴルフ協会の指導要領を取得した人に与えられる資格です。一般的にテレビの大会などで見るようなプレイヤーがトーナメントプレイヤーで、いわゆる「ツアープロ」と呼ばれる人達です。このツアープロの人は、文字通りゴルフのツアー大会に参加し、自身の持ち合わせているゴルフの技術力によって、大会上位を目指すのが仕事です。成績が優秀なプレイヤーは、シードを与えられるなどの優遇措置を受ける事も出来ます。常に上位に入るプレイヤーになれば多くの賞金を稼ぐことが出来ますし、個人的にスポンサーがついて、スポンサー料としてお金を稼ぐことも出来るようになります。ただし、大会への参加費用は個人持ちの為、成績が悪く稼ぐことが出来なければ、プロプレイヤーとして続けて行くことが困難になります。その為、ゴルフをする一般の人に教えて指導料を取りながら生活をしているプレイヤーも多数います。ティーチングプロは、個人で行っているプロもいますが、主に特定のゴルフ場や練習場などに所属している事が多く、学んだ技術や知識を一般のプレイヤーに指導して行くのが仕事内容です。ティーチングプロは全国に数万人存在すると言われており、ゴルフスクールでのレッスンを行ったり、個人へのマンツーマンのレッスンを行ったりしています。同じプロのプレイヤーに指導するティーチングプロもおり、知名度が上がれば書籍やレッスンDVDなどを出版してお金を稼ぐ事も出来ます。

プロゴルファーになる為の勉強法

プロゴルファーになるには、プロゴルファーの資格を取得する必要があります。男子と女子では少し異なり、男子は日本プロゴルフ協会で、女子は日本女子プロゴルフ協会で資格認定が行われています。男子・女子いずれもそれぞれの協会で実施しているプロテストに合格する事でトーナメントプレイヤーになることが出来ます。男子のプロテストは4段階、女子は3段階に分かれており、最終的な合格者は男子・女子いずれも10%以下という低い合格率となっています。また、ゴルフを教えることに資格は必須ではありませんが、教える事で指導料などを取って稼ぐのであれば、日本プロゴルフ協会が認定するティーチングプロの資格を取得しておけば、その指導力も公に認めてもらえるようになり、より生徒を集めやすくなります。資格には3つの階級があり、それぞれ書類審査、実技審査と講習会があります。また、アマチュアのプレイヤーがプロトーナメントに参加して優勝し、プロ宣言を行うことでプロになる事も出来ます。実際にプロになるまでには、小さいころから親の指導やゴルフ教室に通って、基礎を学んで来ている人が多くいます。高校や大学でゴルフ部に所属して技術を磨いていく事もプロになる為には重要な要素となるでしょう。また、プロになるまではアマチュアの大会で実力を上げて行きながら、特定のゴルフ場に所属して、給与をもらいながら練習をする、研修生制度を利用する事もプロになる近道と言えます。

プロゴルファーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


プロゴルファーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

プロゴルファーの学歴

現在調査中

プロゴルファーの勤務時間

現在調査中

プロゴルファーに必要なスキルや機材

現在調査中

プロゴルファーのやりがい

現在調査中

プロゴルファー苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR



プロゴルファー

プロゴルファーの年収・将来性・独立について

プロゴルファーに向いている人

プロゴルファーは小さなゴルフボールをいかに上手に飛ばすかがカギとなります。相手と直接向かい合う競技ではない為、いかに平静でいられるかが大切で精神力の高い人、またはその精神をコントロール出来る人が向いていると思われます。

プロゴルファーと同じ分野の他の職業

キャディ・ゴルフスクールの講師などがあります。

プロゴルファーの年収・給料相場

ツアーに参加し、トップレベルにあるプロであれば賞金だけで年間1億円以上を稼ぐことが出来ます。さらにはスポンサーとの契約金などにより収入を得られるため、十分生活をしていく事が出来ます。

プロゴルファーの現状

トッププロとしてやっていけるのは全体の中で一握りです。トップの選手は賞金やスポンサー料で生活していく事が出来ますが、予選を通過できないような実力では、賞金を稼ぐことが出来ないばかりかスポンサーも付きませんし、参加や道具にかかる費用でマイナスになってしまう厳しい世界です。

プロゴルファーの将来性

ゴルフは年齢を問わず競技出来ますし、また身近にある競技の為、競技人口はとても多いです。しかし今後の人口は減ってくると見られています。プロゴルファーになれば、将来億単位で稼ぐことが期待出来ますが、常に成績上位に入れるだけの実力が無いと、出費も多く厳しい世界です。

プロゴルファーの独立について

トップレベルのプロであれば、賞金だけでも十分暮らして行けますが、さらにスポンサーやCMなどの依頼も入ることがあり、個人レベルで生計を立てることがっ可能です。

プロゴルファーの主な著名人

石川遼、松山英樹、上田桃子、横峯さくらなどがいます。

コメントを残す

*

*