人材コーディネーターになるには?仕事内容や年収についてご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-04-27

公開日:2019-04-19

人材コーディネーター

今回は人材コーディネーターの仕事内容や気になる年収についてまとめました。人材コーディネーターになるにはどのような資格が必要なのかも含めてご紹介します。

       

皆さんは人材コーディネーターという職業を耳にしたことがあるでしょうか。

普段あまり馴染みのない職業ですが、人材コーディネーターは派遣などの求職者と企業を結びつける重要な仕事をしています。

今回は人材コーディネーターの仕事内容や気になる年収、また人材コーディネーターになるには資格は必要なのかということも含めてご紹介します。

人材コーディネーターとは?

人材コーディネーター

人材コーディネーターとは、主に人材派遣会社や職業安定所などに勤務し仕事を探している求職者とそれを募集している企業を結びつける仲介人のような職業です。

企業がどのような人材を求めているのか、求職者などの経験やスキルをしっかりと把握した上で双方にメリットが出るマッチングをすることが人材コーディネーターの使命となります。

人材コーディネーターは人材コンサルタントや人材マネジメントなどと呼ばれることもありますが、基本的には同一の業務を行います。

人材コーディネーターの主な仕事内容は?

普段人材コーディネーターという職業にあまり馴染みが無いため日頃からどのような仕事を行っているのか気になる方もいるとおもいます。

人材コーディネーターは求職者と各企業とのマッチングが主な業務ですがその他にも重要な仕事があります。

そこで、人材コーディネーターの仕事内容について一緒に見ていきましょう。

その1:求職者の面接やプロファイリング

人材コーディネーターの最初の重要な業務は、各人材派遣会社などに仕事を求めてやってきた求職者の面接やプロファイリングを行います。

実際の求職者とマンツーマンで面接を行うことによって、保有スキルやこれまでの経験、希望職種やキャリアビジョンなどを明確にしその人物のプロファイリングを行います。

それらの情報は各人材派遣会社で登録され、求職者にとって最適な仕事場を見つけるために活用されます。

面接の際にはいかにして求職者の強みを見つけそれに適した企業を紹介できるかということが重要になってくるため、人材コーディネーターになるにはそのようなスキルも必要となります。

その2:人材の選定・営業

人材の選定や営業も人材コーディネーターの重要な役割となります。

各クライアント企業が求める人材と実際の求職者のニーズをしっかり合致させるために、面接やプロファイリングの際に収集したデータをもとに最適な人材をピックアップし勤め先を紹介します。

また、人材派遣会社によっては人材コーディネーター、もしくは他の部署の人間が各企業に営業に出向きます。

人材コーディネーターが自ら各クライアント企業へ営業に出向きヒアリングをすることによって各企業の人材不足に関する調査や新規クラアント企業の開拓を行います。

その3:採用後のカウンセリング業務

求職者の勤め先を決めることだけが人材コーディネーターの仕事ではありません。

各企業に採用後の就職者のケアやカウンセリングも人材コーディネーターの業務になります。

特に派遣社員として採用された場合には、各企業での待遇や給与などに関するトラブルは珍しくありません。

その際に当事者と会社の関係者と一緒になって人材コーディネーターがそれぞれカウンセリング等を行い問題解決に努めます。

つまり、人材コーディネーターの仕事は求職者と各クライアント企業にとってメリットのあるマッチングを行うだけでなく、実際に採用された後に就職者の労働環境で起きうる様々な問題のケアなども業務の一環となります。

そのため、人材コンサルティングになるにはカウンセリングや労働環境に関する知識も必要不可欠となるのです。

人材コーディネーターになるには?

人材コーディネーター

求職者の面接から最適な企業の紹介、そして採用後の労働者のケアまでが人材カウンセラーの主な仕事内容となります。

それでは実際に人材カウンセラーになるにはどのような資格やスキルが必要とされるのでしょうか。

一緒に見ていきましょう。

人材コーディネーターになるには資格は必要ない

人材コーディネーターになるには特別必要な資格は無いため学歴不問、また未経験であっても採用されるケースがあります。

しかし、実際に業務を行う上で求職者の面接やカウンセリングを行うことになるため、カウンセリング系の知識やスキルがあると即戦力として働くことができます。

また、人材コーディネーターとしてキャリアアップを目指される方は国家資格である「キャリアコンサルタント」の資格を取得することをオススメします。

その他にも民間資格の「キャリアコンサルティング技能士」も人材コーディネーターとして決して無駄にならない資格です。

人材コーディネーターの気になる年収

人材コーディネーターの気になる年収ですが、平均年収は300万〜500万円と言われています。

これほど差があるのには理由があります。

一般的な派遣会社や職業安定所に採用された場合、年収は一般的なサラリーマンとほぼ同じになります。

しかし、「ITエンジニア」「医療系」など特定の業種や分野に特化した人材派遣会社では実際に仕事を紹介する人材コーディネーターにも専門知識が必要とされるためそれだけ給与も高めになります。

また、人材派遣会社の規模やキャリアによって給与や待遇も大きく変わってきます。

人材コーディネーターの将来性ややりがい

人材コーディネーターの役割は仕事を求めている人間と彼らを求めている企業とをつなぐ重要な架け橋的な存在です。

確かにお互いのニーズに完璧に合っている人材を提供、もしくは企業を紹介することは決して容易なことではなくそれなりの労力を必要とします。

しかし、マッチングがうまくいき実際に採用された際には大変やりがいを感じることのできる職業です。

人材コーディネーターになるには?まとめ

今回は人材コーディネーターになるにはどのような資格やスキルが必要とされるのか、また主な仕事内容について紹介しました。

人材コーディネーターの仕事はいつも順調に進むというわけではなく、時には最適な企業が見つけられなかったりなかなか良い人材が発掘できないなど思い通りにいかないことも多々あります。

しかし、双方にとって最適な結果が出た際には大変やりがいを感じることができます。

人材コーディネーターになるには特別な資格は必要ありませんが、即戦力として働くためには関連資格の取得をオススメします。

コメントを残す

*

*