総括畜産コンサルタント資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-24

総括畜産コンサルタントとは畜産などに関する知識などを総合的に有するかどうかを試すための資格試験で、公的資格とされており、畜産農家の経営や技術、ノウハウについて診断し、指導するアドバイザーです。取得後の将来はは都道府県畜産会に所属し、 農家の要請などに応じて各農家に派遣されることが多いです。


総括畜産コンサルタントは幅広い年齢層の男女問わずが目指せる、経験や技術を生かすことができる資格です。
総括畜産コンサルタント資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
総括畜産コンサルタントの資格は「民間資格」です。


資格広場は、総括畜産コンサルタントになるには?総括畜産コンサルタントなるためには?総括畜産コンサルタントになりたいを応援しております。

総括畜産コンサルタントになるために必要な知識・受験資格

畜産農家の経営技術について診断したり、指導を行ったりする知識をはじめとして長い実績に裏打ちされた豊かな知識が必要です。それだけでなく、国際化といった状勢の変化に即応できる先見性も必要とされます。どちらかというと、仕事に必要な知識や技能を身につけるための資格というよりも、それまでに培った力を証明する資格といえるでしょう。

総括畜産コンサルタントの資格は「公益社団法人中央畜産会」が運営管理を行っております。

公益社団法人中央畜産会とは:
安全な国産畜産物の安定供給のため、畜産経営・技術と農場の衛生対策に係る支援・指導、経営資金の利子低減等を通じた安定的な畜産経営の推進、家畜・畜産物の生産から消費に至る調査・研究と情報提供等を実施?しています。

総括畜産コンサルタント

総括畜産コンサルタントってどんな仕事?(仕事内容など)

畜産などに関する知識などを総合的に有するかどうかを試すための資格試験で、公的資格とされています。畜産農家の経営や技術、ノウハウについて診断し、指導するアドバイザーです。畜産経営のスペシャリストとして、経営技術について診断をしたり、指導を行うなど豊かな知識や世界の状態の変化などにも対応できる先見力が必要です。

総括畜産コンサルタント資格取得の為の勉強法

総合畜産コンサルタントの受験を考える場合には、まずその事を認識することが必要です。実務経験がない場合受験は難しいため、あくまでも畜産業界で長年仕事をしてきた方がスキルアップの為に目指す資格と考えた方が確実でしょう。そのため、机上の勉強だけではないしっかりとした知識をつけることが必要です。特に販売されている試験対策本などはありません。

総括畜産コンサルタントの専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

総括畜産コンサルタントの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

総括畜産コンサルタントの資格試験料

無料

総括畜産コンサルタント試験・検定の年間試験回数

面接が毎年2月上旬。受験願書に必要書類を添えて、原則として現在の勤務地の所在する都道府県畜産会に提出します。願書締め切りは12月上旬。

総括畜産コンサルタント試験科目等の内容

大学または短大で次にあげる課程のいずれかを修めて卒業しており、~農業または林業に関する正規の課程~専門項目:畜産、獣医、飼料生産、土壌肥料、病害虫、農林気象、農業機械、農業土木、畜産経営、農業経済、造林、林業経営、その他畜産に関する項目~法学、経済学、経営学または商学の正規の課程~専門項目:法律、経営、会計、簿記~工学の正規の課程~専門項目:畜舎その他の畜産用建物、畜産用機械いずれかの業務に、大学卒業者:最近18年のうち15年以上、短大卒業者:最近21年のうち18年以上従事したものか、上記の学歴をもたないが都道府県知事が認めた者が受験資格を得られます。書類審査は績報告書と論文。論文はA・B課題から1つを選択する。それに合格したのち面接となります。

総括畜産コンサルタント資格の難易度

学歴と実務経験が重要となっているため、そこさえしっかり押さえられていれば試験自体の難易度は高くないです。ただ、学歴と実務経験の壁は高いものとなっています。

総括畜産コンサルタント資格の合格率

実務経験を満たして受験資格がある場合、合格率は80%と高い為、まさに経歴を固めてステップアップするための資格と言え、畜産業界の動向は海外の事情なども含めて日々変動している為、それらを見据えた幅広い視点が必要です。

総括畜産コンサルタント試験の合格発表

書類審査の合格発表が1月下旬、協会会長を経由して、受験者に文書で通知されます。面接の結果については日時は公開さてておらず、中央畜産会会長が協会会長を経由して受験者に通知されることとなっています。

総括畜産コンサルタント

総括畜産コンサルタント資格取得後の就職先・年収・報酬相場

総括畜産コンサルタント所持者の職業例

都道府県畜産会に所属し、 農家の要請などに応じて各農家に派遣されます。

総括畜産コンサルタントに向いている人

大量のデータ入力や工場の流れ作業など、地道に続けていく仕事が得意な人、アウトドアや家庭菜園などを趣味としていて、自分にそのような傾向があると感じられる人、すぐに儲けられるようになるのは難しいため、儲けること以外にも目的を持てる人が向いています。

総括畜産コンサルタントと同じ分野の他の資格

畜産技術者、初生雛鑑別師、認定装蹄師、狩猟免許

総括畜産コンサルタントの年収・給料相場

働く農家にもよるが、早寝早起きで休日も少なく、農作業も大変、また不作のときもあると考えると安定感という意味ではサラリーマンには及びません。サラリーマンと同等、またそれ以下といえる年収の人が多いです。中には実かなり稼いでる人もいるのでまちまちです。お金には代えられない何かがあるのが魅力と考えている人も多いです。

総括畜産コンサルタントの現状

日本の農業は今や深刻な高齢化の問題を抱えており、高齢化の原因として挙げられるのは後継者不足です。後継者不足は農業を始める敷居の高さが原因で、農業をする為に借金までするという気骨のある若い世代は少ないためです。高齢者を除いた人口を増やす為に農業にメリットを増やすことを考える必要があります。

総括畜産コンサルタントの将来性

時代の流れとともに国民の「食の安全」への意識が高まっており、国産の食材への信頼感は揺るぎないものになり、スーパーで販売する野菜にも生産者の名前を表記することが増えました。日本の食料自給率の低さは長年の課題になっており、農業が活性化することが問題解決へのひとつの道筋だと考えられています。さらに、最近ではインターネットを使って農作物を直販する農家も増えてきており、従来とは異なる形の販売スタイルで売り上げを伸ばすケースも増えているため、今の世の中に必要とされている職業であり、まだまだ可能性はあります。

総括畜産コンサルタントの独立について

この資格をもつからといって独立ができる可能性というのは非常に難しいが、実務経験を積み、農家として自立することは考えられなくもないです。

総括畜産コンサルタント資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*