コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-09-26

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)

コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格を持つ人は、主として動物衛生看護師やブリーダー、ペットシッター、ペット関連の商品(雑誌、フードなど)を扱う企業で活躍しています。家庭犬に関する仕事に就いたいと考える人には、取っておいて損がない資格といえます。

       

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)は18歳以上の男女、女性が多いが目指せる、ペットブーム以降人気が高い資格です。
コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)資格取得者は他にも家庭犬のしつけ訓練士、訓練士、家庭犬トレーナー、ドッグトレーナー、ハンドラーと呼ばれております。
コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の資格は「民間資格」です。

資格広場は、コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)になるには?コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)なるためには?コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)になりたいを応援しております。

目次

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)に必要な知識・受験資格

犬種それぞれで個性や特徴があるので、まずは豊富な犬種の知識が必要です。また、無駄吠えや噛み癖などの問題行動を直すための知識、飼い主への指導に関する知識も必要です。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の資格は「NPO法人日本動物衛生看護師協会」が運営管理を行っております。

NPO法人日本動物衛生看護師協会とは:
この法人は、東京都 生活文化局 都民生活部 管理法人課が所轄しています。広く一般市民に対し、動物の愛護及び福祉の精神を啓発するため、必要な理論と実践的な技術を身につけるための人材育成、情報提供及び資格認定等を行い、動物と人間が共生できる豊かな社会の実現と動物衛生看護に関する雇用機会の拡充に寄与することを目的とします。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の仕事内容

コンパニオン・ドッグ・トレーナーは、家庭犬のしつけや訓練を行います。飼い主から犬を預かり、しつけについて訓練するほか、飼い主にしつけの方法をレクチャーします。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)資格の勉強法

犬種ごとの飼育・管理方法、かかりやすい病気、犬の表情、犬の行動特性や本能などについても、知れば知るだけ業務で役立つ知識となります。アイコンタクトやほめ方・しかり方、訓練に使う道具の種類、問題行動の正し方、散歩トレーニング、伏せやお座りのさせ方など、覚えるべきトレーニング技術はたくさんあります。場合によって犬のトリミングも依頼されることがあります。ドッグトレーナーという仕事は接客業の一種であることを理解し、一般常識やビジネスマナーを身につけていくことも大切です。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の専門学校・通信講座

2039

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の資格試験料

受験料10,000円、登録料5,000円です。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)試験・検定の年間試験回数

試験は年1回、1月に実施されます。筆記試験合格後、2月に面接を受けます。試験後1週間以内に本人宛に郵送で通知されます。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)試験科目等の内容

受験には一定の要件があります。筆記試験では動物と衛生に関する法規、家庭犬に関する知識と技能(犬種と特性、行動、飼育管理・事故防止、家庭犬のしつけと訓練)、飼主に対する家庭犬のしつけ方の指導とアドバイスについて問われます。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)資格の難易度

比較的取得しやすい資格です。一定の受験資格を得た受験者であれば、講習会を受講後受ける試験でほぼ合格できる難易度です。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)資格の合格率

毎回合格者は9割以上と、合格率は非常に高い試験です。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)試験の合格発表

毎年、年に1回、1月に試験が実施されます。面接試験は2月に実施されます。認定校の所定掲示板または郵送で発表されます。認定校卒業生、一般の方には郵送で発表されます。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)所持者の職業例

ドッグセラピスト、動物看護師、動物介護士、トリマー、ドッグトレーナーを養成するインストラクター

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)に向いている人

犬が好きというだけでなく、命を扱う責任感を持っていることが第一です。様々な犬種を相手にするので、根気強さ、気力体力も必要です。飼い主のお客様とのコミュニケーションも仕事上必須になるので、人と犬と信頼関係を作れる人が向いているといえそうです。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)と同じ分野の他の資格

動物衛生看護師、ドッグ・グルーミング・スペシャリスト、キャット・グルーミング・スペシャリスト、動物医療技術師、ケーナイン・リハビリテーション・スペシャリスト

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の年収・給料相場

ドッグトレーナーはしつけ教室やペットショップなど、勤務先が多様なので、勤務先によって給料に差があります。平均年収は250万~300万程度と、一般的なサラリーマンに比べると低い水準と言えるでしょう。独立しやすい職業なので、独立開業すれば企業に勤めるよりも高い給与を得られることもあるかもしれません。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の現状

日本のペット市場は欧米ほど一般化していませんが、最近はマンションでもペットを飼う人が増えたりと、市場が堅調に推移しています。ドッグトレーナーは一般的に給与水準が若干低いものの、市場規模が拡大すれば待遇も変わってくるかもしれません。また、独立開業しやすいのもこの仕事の特徴なので、技術力を高めて独立を視野に入れるのも良いでしょう。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の将来性

今後もペット業界は成長を見込める業界であり、ドッグトレーナーは今後も求められる傾向と言えます。トレーナーの他にも、トリマーや理学療法士など、他の技術も身につければさらに待遇面でも、将来性の面でも安定が見込めます。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の独立について

ドッグトレーナーとして独立するときに必須の資格ではないまでも、あるとお客様が選ぶ際の目安になります。ブラッシング、しつけ、散歩など、いくつもの仕事を抱えるため、素早い対応力や決断力が必要なこともあります。この職業だけでなく、広い見識を持つことも参考になるかもしれません。独立資金は開業後のビジネスの形を工夫すれば、多くはかかりません。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)資格を所有している主な著名人

中岡創一、シーザー・ミラン

コメントを残す

*

*