犬訓練士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

犬訓練士は警察犬の育成技能を認定する資格です。受験資格を得るまでには、長期間の忍耐が必要となります。給与としての見返りは少ないですが、自分の担当した犬が社会の役に立っているというやりがいがあります。

       

犬訓練士は幅広い年齢層の男女が目指せる、犬の訓練のプロ資格です。
犬訓練士資格取得者は他にも公認訓練士と呼ばれております。
犬訓練士の資格は「民間資格」です。

資格広場は、犬訓練士になるには?犬訓練士なるためには?犬訓練士になりたいを応援しております。

犬訓練士に必要な知識・受験資格

犬訓練士としては、犬に関しての基礎知識が必要です。

犬訓練士の資格は「日本警察犬協会」が運営管理を行っております。

日本警察犬協会とは:
日本警察犬協会は、警察犬の育成にかかわる事業を行っており、訓練士の育成等もおこなっている団体です。

犬訓練士

犬訓練士の仕事内容

犬訓練士は、警察犬の育成の知識・技能を認定する資格です。警察犬として必要な能力等を訓練によって最大限に生かせるようにするのが仕事内容となります。また、警察犬は出動の要請があった場合に備え、日々訓練していく必要があります。そのためには、犬と生活を共にし、絆を作っていく必要がある仕事です。ただ、見習い期間では、警察犬のみならず、一般の犬の訓練についても身につけることができます。その見習い期間は、訓練所の家族として訓練所に住み込み朝早くから夜遅くまで働くことになります。また、日曜が休日となりますが、日曜に犬の競技会等が入ることもあり、精神的にも肉体的にも忍耐が必要です。

犬訓練士資格の勉強法

警察犬訓練士になるためには、犬訓練所に雇ってもらい、見習い訓練士として3年~6年、犬と寝食を共にし、担当する犬を育てていく中で得た知識や技能を警察犬訓練士(公認訓練士)の資格を目指す方法しかありません。また、受験資格に自分の訓練した犬が日本警察犬協会の訓練試験科目に2頭以上5科目以上合格させることという規定があるため、しっかりと実績つむことが必要です。

犬訓練士の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

犬訓練士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

犬訓練士の資格試験料

試験料は12960円となっております。

犬訓練士試験・検定の年間試験回数

前述にも記載のとおり受験資格を得るまでかなりの忍耐が必要なため、各会場で年1回とは決まっているものの、受験者が集まり次第となっております。

犬訓練士試験科目等の内容

学科試験と面接試験・実技試験があり、学科試験では、犬に関する心得や犬学・訓練法や繁殖法・飼育管理に関すること・法律等について出題されます。実技試験は、基礎訓練が出題されます。

犬訓練士資格の難易度

犬訓練士の資格については、試験自体は合格率が100%とかなり高い試験であります。しかしながら、受験資格を得るためまでには、長期間(3年から6年)に渡って訓練所に住み込みで働く必要があります。それを乗り越えられれば、難易度としては低いと考えられます。

犬訓練士資格の合格率

前述にも記載のとおり受験資格を得るまでに自分の訓練した犬が日本警察犬協会の訓練試験科目に2頭以上5科目以上合格させることが必要となるため、非常に高い壁があるが、合格率自体は100%と非常に高いです。

犬訓練士試験の合格発表

随時行われます。

犬訓練士

犬訓練士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

犬訓練士所持者の職業例

警察犬訓練士・ドッグトレーナー

犬訓練士に向いている人

犬には相手の感情を見抜く能力があるため、嫌々世話をしていては犬にわかります。そういった人には犬も心を開きません。ですので犬訓練士には犬好きな人が向いています。その他には、見習い訓練士の間は、朝から夜遅くまで犬のお世話をしなければならないため、体力があり、忍耐強くなければ出来ない仕事です。その他、自分の担当する犬がどうすれば成長できるかと日々探求する向上心をもっていることも大切です。

犬訓練士と同じ分野の他の資格

ドッグトレーナーライセンス

犬訓練士の年収・給料相場

犬訓練士は、見習い期間は、かなりの薄給です(無給のところもあるとのことです。)公認訓練士でも200万円程度と言われております。給与を目指すのであれば、警察犬ではなく、フリーランスのドッグトレーナーを目指すのがよいかと思います。フリーランスでドッグトレーナーをしている人の中には1000万円を超える人もいるといわれております。

犬訓練士の現状

犬訓練士は、基本的には警察犬を育てるための資格ですが、最近では、一般家庭からのしつけの需要が増えてきており、また警察犬は1回7000円程度の出動費のため、それだけでは経営していけず、警察犬訓練所でも一般家庭の犬のしつけに力を注いでいる訓練所も多くあるそうです。

犬訓練士の将来性

警察犬だけの訓練だけでは、なかなか食べていくのは大変です。高齢になっても犬を訓練できれば、続けられる仕事です。80歳で訓練士をしていている方もいるそうです。しかしながら、フリーランスで犬の訓練士として活動していけば、一般家庭からのしつけの需要が増えておりますので、そう考えると将来性は割とあると言えます。

犬訓練士の独立について

犬訓練士はドッグトレーナーとして独立可能です。また、第一種動物取扱業の資格が必要です。需要としては、一般家庭からのしつけや老犬の介護等がありますが、たくさんのしつけ教室があるため、営業力と得た仕事でお客様に誠実に向き合い、丁寧な仕事をしていく必要があります。

犬訓練士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*