水族館トレーナーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-21

知能の発達した海獣のトレーナーは、時には保護者であり、時には演技をする海獣に対する脇役であります。健康管理に必要な専門知識、体を使ってこなすハードな仕事に負けない自分自身の体力、来館者に動物の魅力を伝えたいという意欲も求められます。絶対に欠かせない条件は、泳ぎと潜水が得意なことです。

       

水族館トレーナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、公立、私立、もしくは都市部、地方によって異なるが、募集枠が少ないため、倍率は高い職業です。
水族館トレーナーの職業は他にもドルフィントレーナー、水族館飼育員と呼ばれております。
水族館トレーナーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、水族館トレーナーになるには?水族館トレーナーになるためには?水族館トレーナーになりたいを応援しております。

水族館トレーナー

水族館トレーナーの仕事内容

水族館の仕事のメインとなるのは、給餌の仕事と館内や水槽内の清掃です。水族館は社会的に求められる公共性の高い仕事のため、海獣相手だけではなく、種の保存、一般への教育的側面も役割として持ちます。そのため、トレーナーも来場者への説明、施設の保全のための工作作業、展示の工夫、宿直など、多岐にわたります。職掌範囲は広く、飼育担当(魚類・海獣)、調査採取担当、潜水ダイバー担当、獣医、教育普及担当、解説担当 、広報・企画・デザイン担当、施設管理(電気系統・浄化設備管理) 保安警備担当、サービススタッフ、案内、看護、通訳担当、売店レストランスタッフ、総務(事務) 館長、細かな仕事が多岐にわたり、動物園よりも全体運営の一員として従事することが多いようです。

水族館トレーナーになる為の勉強法

公営の場合は公務員試験を受験してから、水族館の採用試験を受けます。試験の内容は各水族館によって異なります。潜水士の資格は必須です。

水族館トレーナーになるための専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

水族館トレーナーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

水族館トレーナーの学歴

現在調査中

水族館トレーナーの勤務時間

現在調査中

水族館トレーナーに必要なスキルや機材

現在調査中

水族館トレーナーのやりがい

現在調査中

水族館トレーナー苦労、大変なこと

現在調査中

水族館トレーナー

水族館トレーナーの年収・将来性・独立について

水族館トレーナーに向いている人

海獣という繊細な生き物に関わる性質上、コミュニケーション能力、言葉の通じない生き物と関わる忍耐力、専門家としての探究心や好奇心のある人が向いています。根底に、動物を愛する気持ちが必要です。水族館そのものが公共性の高い施設であるため、水族館トレーナーは海獣の飼育以外にも、来場者に向けた教育活動や、安定した経営のために営業活動も兼務しなければならない場合もあります。重いウェットスーツを着て、お客様の前で笑顔で立つには、体力も必要です。また、水族館の場合はチームとして働くことも多いため、人間関係の構築も大切な要素です。幅広い視野で従事できる人が水族館トレーナーには向いているでしょう。

水族館トレーナーと同じ分野の他の職業

獣医師、研究者、公益法人勤務

水族館トレーナーの年収・給料相場

公表されている公営の動物園の応募要項には「大卒採用後10 年(32 才) の標準年収 標準年収 約 500 万円(配偶者・子1人を扶養、通勤手当以外の各種・賞与含む)」とあります。体力や忍耐力、求められる知識量や職務の範囲の広さや時間の拘束などもありますから、どちらかといえば給料水準は低いと言えそうです。

水族館トレーナーの現状

日本の水族館は、例えばイルカ1頭当たりの飼育面積が非常に狭く、野生生物を連れてきて水槽の中で飼うことを繰り返しているという点で、海外よりも特にイルカの飼育に関しては遅れている面があります。日本動物園水族館協会は1頭当たりの飼育スペースを明確には決めていません。海洋生物に関しては特に海外では社会活動家の活動が活発で、海外の水族館では野生生物の捕獲・飼育よりも、繁殖に力を入れる傾向にあります。日本ではここ数年で「まちなか水族館」と呼ばれるような身近で展示企画に力を入れた水族館が増えていますが、そういった国際的な社会事情を鑑みれば、展示・飼育方法の模索は今後も必要です。

水族館トレーナーの将来性

水族館は、様々な生物の行動や、水の動きから感じられる独特の雰囲気によって、利用者が純粋に楽む憩いの場とした役割をもっています。これは、どんなにテレビやインターネットによる情報化が進んでも実際に足を運ばないと得られない体験です。また、特に少子化の現状にあっては、乳幼児が安全な環境内で展示物に興味をもち手にとって観察したり、育児中の母親が快適な環境内でリラックスできる施設は、今後さらにニーズが高まる傾向にあるといえます。また、動物園同様、学びの場、種の保存のための研究の場としての役割も引き続き求められます。水族館トレーナーの役割はこれからも水族館とともに公共性の高い仕事として求められるでしょう。

水族館トレーナーの独立について

体力や忍耐力、時間の拘束から、離職する人も中にはいますが、専門的な知識や経験が重宝されて、ペットショップなどで活躍する人もいるようです。

水族館トレーナーの主な著名人

中村元

コメントを残す

*

*