ペット美容師資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

公開日:2018-05-21

動物

トリマーは、業務独占資格ではありませんので、資格を持っていなくてもトリマーとしての業務を行うことは可能ですが、専門的な知識と技術力とが必要になりますので、トリマーとしての仕事をしたいのであれば、認定資格を取得するのが一般的です。


ペット美容師は幅広い年齢層の男女が目指せる、ペットの美容師資格です。
ペット美容師資格取得者は他にもトリマー、グルーマーと呼ばれております。
ペット美容師の資格は「民間資格」です。

資格広場は、ペット美容師になるには?ペット美容師なるためには?ペット美容師になりたいを応援しております。


ペット美容師になるために必要な知識・受験資格

ペット美容師

資格取得者の多くは、本会公認のトリマー養成機関に入学し、養成機関会員となり、そこで所定の課程を修了した後、卒業試験に合格しC級資格を取得する道を選んでいます知識も技術も共に正しく身につけることができ、目標の達成も早くなると思います。合格率は90%ほどと高く、養成機関でしっかり勉強していれば、ほぼ不合格になることはないでしょう。

ペット美容師の資格は「一般社団法人 ジャパンケネルクラブ」が運営管理を行っております。

一般社団法人 ジャパンケネルクラブとは:
一般社団法人ジャパンケネルクラブの公認資格である、トリマーの有資格者の方に必要な「義務研修会」「資格取得試験」などのご案内を掲載しています。

ペット美容師ってどんな仕事?(仕事内容など)

ペットの美容師「トリマー」は、「グルーマー」とも呼ばれ、犬や猫などの愛玩動物の毛や皮膚、爪の手入れをする専門家です。動物の体を清潔にたもつことで、ペットたちの健康を維持するだけでなく、見た目のかわいらしさや美しさをより引き出すこともトリマーの重要な役割。ブラッシングや爪切り、耳の掃除、シャンプーおよびリンス、カッティングなどが主な作業になります。

ペット美容師資格取得の為の勉強法

実際には完全な独学でトリマーとしてのキャリアをスタートさせるのは、非常に難しいところがあります。犬のヘアカットだけでも、覚えることは山積み。百種類にものぼる犬種ごとに、性格の違いや毛質の特徴、似合うとされるヘアスタイルを知っておかなければ、思い通りのトリミングをすることができません。また、作業中にペットが暴れてしまうととても危険ですから、なだめる方法や体を上手におさえる方法を知っておくことも大切です。ペット全般に対する深い知識や経験がなければ、トリマーとして臨機応変に対応しながら働くことは難しいのです。

ペット美容師の専門学校や通信講座について

準備中です。

ペット美容師の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ペット美容師の資格試験料

試験料5,300円となっています。

ペット美容師試験・検定の年間試験回数

年間に1回で試験会場によって、10月から~12月頃となっています。詳しい内容はホームページ上で掲載されています。

ペット美容師試験科目等の内容

試験は筆記と実技からなり、実技ではカットの技術がためされます。(筆記試験)制限時間50分間、70点以上で合格。(実技試験)カット、制限時間2時間、70点以上で合格となります。

ペット美容師資格の難易度

基本的に養成専門学校でキチンと勉強していれば100%合格することができるので難易度としては低いです。

ペット美容師資格の合格率

合格率は90%ほどと高く、養成機関でしっかり勉強していれば、ほぼ不合格になることはないでしょう。

ペット美容師試験の合格発表

ブロックおよび養成機関によって、異なってきます。

ペット美容師資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ペット美容師

ペット美容師所持者の職業例

ペットサロン、ペットショップ、動物病院など。

ペット美容師に向いている人

第一に、ペットが好きな人に向いています。ペット関連の資格では、獣医師や訓練士にくらべて取得しやすいので、毎日いろいろなペットと触れ合っていたいという人には、まずおすすめしたい資格です。しかし実際の職場では、お客さんのペットに対して細心の気配りが必要になりますし、大人の人間とちがって言うことを聞かないペットたちを相手せねばならず、なかなか神経を使う仕事でもあります。また、飼い主とのコミュニケーションも大切なので、どんな人とでも付き合える対人スキルもおろそかにはできません。

ペット美容師と同じ分野の他の資格

ペットセラピスト、ペット看護師、ペットトレーナー、ペットシッター、ペット販売士など。

ペット美容師の年収・給料相場

年収にして180万~250万円前後。人気店で月給そのものが高かったり、賞与や特別手当がついていたりすると、年収で300万~500万円前後となります。トリマーは個人経営の店に雇われることが多いため、福利厚生が整っていない、収入が不安定というケースも多いようです。就職の際には、給与額だけではなく、社会保険などの待遇面も確認しておいた方がよいしょう。大手チェーン店に勤めれば、より安定した働き方ができるという考え方もあります。

ペット美容師の現状

トリマーの仕事はよりいっそう注目を集めています。飼い主だけではケアできないペットの美容や健康をトリマーがパートナーとして手助けすることで、より楽しいペットライフを送ることができるからです。これから少子高齢化がさらに進む中で、ペットをわが子・わが孫同然に育てようとする家族も多いでしょうから、トリマーの役割はますます大きくなっていくと考えられます。

ペット美容師の将来性

人間の髪と同様、犬や猫のカットのスタイルにも定番や流行があり、常に新しい技術やトレンドを学び続けなければ、大成は難しいでしょう。センスと技術をみがき、顧客の信頼を得れば、より大きなペット美容室への転職や、独立開業して成功することも夢ではありません。実力や経験に収入が左右されるという点でも、トリマーは人間向けの美容師と変わりがないと言えるでしょう。

ペット美容師の独立について

資格を取得すれば、活躍の場としては、動物病院やトリミングサロンでの勤務や、フリーのトリマーとして個人営業など、さまざまですが、トリマーの本領はカットで発揮されると言われています。しかし、ブラッシングやシャンプーなどの世話なども多く、犬の扱いに慣れて、犬に好かれることが成功の基になります。技術とセンスを磨けばペット美容室などを開業する事も夢ではありませんが、お客様の要望に応えられるようにセンスを磨き、実力をつけるには経験を積むしかありません。 依頼者宅を訪問する出張トリミングなら、たいした設備投資もなく始められるので、自宅開業するケースも多いようです。

ペット美容師資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*