盲導犬訓練士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

犬の訓練を行い盲導犬を育成するのが盲導犬訓練士の仕事です。 訓練士は最終的に盲導犬の訓練だけではなく、目の不自由な方と盲導犬との歩行指導を行ってゆく盲導犬歩行指導員を目指します。

       

盲導犬訓練士は幅広い年齢層の男女が目指せる、盲導犬達の訓練を行うエキスパート資格です。
盲導犬訓練士資格取得者は他にも盲導犬訓練士と呼ばれております。
盲導犬訓練士の資格は「民間資格」です。

資格広場は、盲導犬訓練士になるには?盲導犬訓練士なるためには?盲導犬訓練士になりたいを応援しております。

盲導犬訓練士に必要な知識・受験資格

盲導犬訓練士は、盲導犬に対して訓練をするために、視覚に障害がある人のことも理解していなければなりません。目が消えない人がどのような生活をしているのか、生活の中でどんなところに不便を感じるのか、心理的なところも理解していないと盲導犬を訓練できません。盲導犬訓練士は、犬の訓練だけでなく医学的な知識も必要なのです。

盲導犬訓練士の資格は「財団法人日本盲導犬協会」が運営管理を行っております。

財団法人日本盲導犬協会とは:
財団法人日本盲導犬協会は目の見えない人、目の見えにくい人が、行きたい時に、行きたい場所へ行くことができるように、私たちは、安全で快適な盲導犬との歩行を提供します。

盲導犬訓練士

盲導犬訓練士の仕事内容

盲導犬訓練士は視覚障害者の補助をする為の“盲導犬”を訓練する為の資格です。特殊な仕事の従事する盲導犬を育てる為の資格の為“家庭犬トレーナー”に比べてより専門的な知識の必要な訓練士と言えるでしょう。資格の取得には「財団法人日本盲導犬協会」の運営する盲導犬協会付設盲導犬訓練士学校に入学し基礎科修了した後、専修科に進学し盲導犬訓練士認定試験に合格する事で取得出来ます。

盲導犬訓練士資格の勉強法

盲導犬訓練士になるためには盲導犬協会の職員になる必要があります。盲導犬協会認定の施設職員になって、専門的な教育を受けます。訓練学校で学ぶ項目は、「障害者福祉論」「障害者心理」「視覚障害リハビリテーション」「衛生学」「犬行動学」「繁殖学」「盲導犬事業論」などがあります。訓練の実習では訓練犬1頭を、訓練士候補生一人が担当して担当職員の指導のもと行われます。盲導犬基礎科は2年、訓練専修科は基礎科を卒業してから1年間勉強して修了します。

盲導犬訓練士の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

盲導犬訓練士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

盲導犬訓練士の資格試験料

受験料は、10,000円となっています。

盲導犬訓練士試験・検定の年間試験回数

年間の試験の回数は1回ずつで1次、2次、最終選考となっています。1次選考:11月上旬頃、2次選考:11月下旬頃、最終選考:12月中旬頃となっています。

盲導犬訓練士試験科目等の内容

<1次選考>一般教養問題(地方公務員初級程度の内容)、書類審査(入学願書)。<2次選考>集団面接、盲導犬訓練士能力適性試験。<最終選考>面接。<盲導犬訓練専修科>基礎科卒業生で希望する人から総合的に判断されます。

盲導犬訓練士資格の難易度

盲導犬訓練士という国家資格は、現在まだありません。盲導犬訓練士として働くためには、盲導犬育成団体で決められた3年間の研修を受けなければなりません。研修後、盲導犬訓練士として認められ、盲導犬の訓練ができるようになります。公的な資格はないものの、認定NPO法人全国盲導犬施設連合会に加盟している団体では、それぞれ資格審査員を出して、一定の審査、基準をクリアしたものを「盲導犬訓練士」「盲導犬歩行指導員」として認めています。

盲導犬訓練士資格の合格率

約3.2%となっており、かなりハードルの高い資格になっています。

盲導犬訓練士試験の合格発表

合格発表は本人に通知されます。

盲導犬訓練士

盲導犬訓練士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

盲導犬訓練士所持者の職業例

盲導犬育成団体、ペットショップ、ペットホテル、ドッグトレーナー派遣会社など。

盲導犬訓練士に向いている人

盲導犬訓練士は、犬だけでなく人とのコミュニケーションがうまく取れる人が向いていると言えます。盲導犬のユーザーさんは幅広い年代の人がいます。自分よりもずっと年上の人もいれば、年下の人もいます。どんな世代の人にも盲導犬との関わり方を伝え、悩みを聞き出すなどのコミュニケーションを取り、安全に盲導犬と過ごしてもらうことが大事です。

盲導犬訓練士と同じ分野の他の資格

動物看護師、ブリーダー、ペットシッター、ドッグトレーナー、ペット介護士、警察犬訓練士、アニマルセラピストなど。

盲導犬訓練士の年収・給料相場

盲導犬訓練士の給料は協会によって異なりますが、平均で月収20万円程です。年収は200万円~300万円程が平均です。給料は決して多いとは言えませんが、自分がトレーニングした盲導犬が人の役に立つのを目にした時に、やりがいを感じることができる仕事です。障害のある人にとっては希望の光ですから、誇り高くもてる仕事だと思います。

盲導犬訓練士の現状

盲導犬育成団体は営利企業とは異なり、寄付金の枠内で運営されています。そのため、人件費にも制限があって人を増やすことができないのが現状です。盲導犬を必要としている人が多くいる多悔いるにも関わらず、盲導犬を育成する人が少ないのです。そのため、盲導犬訓練士を目指して盲導犬育成団体に就職した位と思っても、欠員が出ないと人を募集しないため応募すらできません。もし応募できたとしても、盲導犬訓練士を目指している人が集中するので、倍率がとても高くなります。盲導犬訓練士になるのは狭き門なのです。

盲導犬訓練士の将来性

盲導犬育成団体の職員として採用されても、訓練士になるまでは険しい道のりです。研修だけでなく、日々の仕事をこなしながらの訓練は大変です。訓練犬の世話は休みがありません。土日でも順番に出勤して犬の世話をしなければなりません。犬の食事の世話や排泄の世話、施設の掃除、やることはたくさんあります。訓練は歩行訓練が中心なので、長距離を歩くこともあり体力的に厳しい毎日です。体力だけでなく、犬のことや視覚障害者についても学ぶべきことはたくさんあり、日々が勉強です。朝早くから夜遅くまでの訓練や勉強を乗り越えなければなりません。

盲導犬訓練士の独立について

全国の盲導犬育成施設において、盲導犬歩行指導員の前段階にあたる職業になります。盲導犬歩行指導員を指す場合が、一般的には多いですが、全国の盲導犬協会に属し、盲導犬を貸与するための施設で働くことになります。独立し、個人で営業することは出来ないことになっています。

盲導犬訓練士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*