ペット販売技能師資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-24

ペット販売技能師の行なう仕事の内容はペットの専門的な知識を活かし、これからペットの飼い主となる顧客に対してのペットを飼う上での重要事項の指導やアフターケアなどを行ないます。またペット販売技能師は、販売を行なうペットに対して、健康や衛生の管理などの知識、技術などの専門的な知識も求められます。


ペット販売技能師は幅広い年齢層の男女が目指せる、ペットのエキスパート資格です。
ペット販売技能師資格取得者は他にもペット販売士と呼ばれております。
ペット販売技能師の資格は「民間資格」です。


資格広場は、ペット販売技能師になるには?ペット販売技能師なるためには?ペット販売技能師になりたいを応援しております。

ペット販売技能師になるために必要な知識・受験資格

動物看護学とペット経営学、そしてペット社会学の三つの分野が扱われます。動物看護学では内科学や外科学、それに加えて微生物学や寄生虫学について出題されていきます。さらに栄養学についても扱われますので事前に勉強しておきましょう。ペット経営学では、ペット販売に欠かせない子犬の健康チェックについていくつか問題が出されます。そして、開業するために必要な動物取扱業の登録について知っておくべきポイントが扱われます。ペット社会学では動物の愛護や管理についての法令が出題されたり、狂犬病の予防法についても正確な知識が求められます。

ペット販売技能師の資格は「一般社団法人日本ペット技能検定協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本ペット技能検定協会とは:
日本ペット技能検定協会は、ペット飼育人口の急増を背景に「ペット共生文化の担い手育成」が急務とされた平成8年にペット技能の検定団体として発足しました。ペット系技能の評価基準が未確立の時代に、ペット系専門学校の卒業生が到達すべき技能の水準を定め、検定試験を経て各級認定証の交付を行う活動を続けてきました。協会が全国のペット系専門学校の技能養成カリキュラムの構築に果たした役割りは多大です。日本ペット技能検定協会の認定資格者には、高度な習得技能を生かした自立開業者や、高い専門性を生かして教育現場で活躍する人が多い事も特徴です。日本ペット技能検定協会の認定資格試験は、全国の協会認定校で卒業期に合わせて実施されています。

ペット販売技能師

ペット販売技能師ってどんな仕事?(仕事内容など)

ペット販売士はペット生体やペットフード、器具などの流通現場で消費者に対し、正しい飼育方法の指導や動物愛護に基づいたアドバイスを行います。同時にペット販売士は経営経理など商業実務分野でリーダーシップを発揮できる水準の管理能力を有するものでなくてはなりません。人とペットのかかわり方が大きく変化する中で、近年、愛玩動物の流通経路や流通手段が動物愛護の視点で評価されるようになりました。動愛法や希少動物の輸入規制など、ペットの流通に携わる者が熟知すべき法規も増え、ペット販売士が動物共生社会で果たす役割は多大です。

ペット販売技能師資格取得の為の勉強法

ペット経営学やペット社会学、動物看護学、犬種標準学など、ペットの生態から法律までを学ぶ必要があります。現在のところペット販売士を養成する専門学校というのはほとんどないので、ペット販売士になるためには通信講座で学習する方法が一般的です。

ペット販売技能師の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

ペット販売技能師の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ペット販売技能師の資格試験料

試験料は15,000円となっています。在宅で試験が受けれる形になっています。

ペット販売技能師試験・検定の年間試験回数

年間の試験回数は3回あり、4月、8月、12月となっています。いずれも試験は在宅試験になっています。

ペット販売技能師試験科目等の内容

試験は筆記試験のみとなっており、内容は、「動物介護学」内科学、外科学、微生物学、寄生虫学、栄養学。「ペット経営学」子犬の健康チェック、動物取扱業の登録。「ペット社会学」動物及び管理に関する法律、狂犬病予防法などから出題されます。

ペット販売技能師資格の難易度

ペット販売士は安全にペット管理を出来るように動物看護学、犬種それぞれの特徴を把握しておく犬種標準学、経営のノウハウを必要とするペット経営学など覚えることが多いです。ペットそのものの知識と運営を行う経営の知識は全く別物ですので、資格取得にもそれなりの時間が掛かります。日本ではペットの購入はペットショップを通すのが基本ですので、ペット販売士はペットビジネスにおいても需要はかなり高いです。最近では猫の飼育数が飼育数と同等の数まで増えてきてるので、犬だけではなく猫の知識について学べればなお良いでしょう。

ペット販売技能師資格の合格率

合格率は公表されていません。

ペット販売技能師試験の合格発表

合格発表は本人に通知されます。

ペット販売技能師

ペット販売技能師資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ペット販売技能師所持者の職業例

ペットショップ、ブリーダー、ペット関連施設

ペット販売技能師に向いている人

取得に向いている人は、学習意欲が豊富で、新しい知識や情報を集めることが好きな人です。ペットの種類だけでなく、しつけの手法、新商品の情報、将来の医療についてなど飼い主の一歩先を行く情報を提供する必要があるからです。その上で、丁寧な接客、言葉遣い、正しい情報を常に心がける必要があります。ペットの購入の決め手は決して価格だけではありません。接客担当者とのやり取りが決め手となることも多いにあります。

ペット販売技能師と同じ分野の他の資格

ペットセラピスト、ペット看護師、ペットトレーナー、ペットシッター、トリマーなど。

ペット販売技能師の年収・給料相場

ペット販売士の資格を取得し、ペットショップへ就職した場合主な仕事内容は、「子犬、子猫の販売」となります。平均的な給与待遇は月収15~18万円程度です。店長やマネージャー職の場合、月収が20~25万円程になることもあります。働く場所によっても異なってきます。

ペット販売技能師の現状

ペットビジネスは年々需要が高まっており、ペットの販売マーケットも拡大しています。特に、ペットショップだけで犬や猫を飼う時代から、インターネットなどで購入するルートも確立してきており、購入方法の多様化が見られます。しかし、この傾向ゆえに、ペットの流通が増えペットビジネスは成長し続けています。インターネットで購入する人が増えている一方で、ペットショップなどでペットのプロからきちんと説明やサポートを受けながら飼育していきたいという人も増えています。

ペット販売技能師の将来性

ペット販売技能師の資格を持っていると活躍することができます。大切なペットの健康管理や美容の管理などについて的確なアドバイスをしていくことができるのです。ペット販売技能師はお客様から信頼されてこそ活躍できる仕事ですので、確かな知識や最新の技術に通じている必要があります。それで、資格取得の勉強でそれらの技能を大いに身につける必要があるでしょう。

ペット販売技能師の独立について

キャリアをある程度積んだら、独立開業をする人もいるようです。ペットショップを開業するという人もいます。また最近では、ペットを取り扱っている通信販売サイトもあります。通販のサイトを立ち上げて、そこで、ペットを取り扱った商売をしているという人もいます。

ペット販売技能師資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*