ドッグトレーナーの難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-01-04

公開日:2018-05-24

ドッグトレーナーは、飼い犬のしつけをする仕事です。人々が自宅で「ペット」として飼う犬に対して、トイレ・散歩・留守番などのマナーを教え、人と犬が一緒に楽しく暮らしていけるように指導していきます。


ドッグトレーナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、犬の訓練士資格です。
ドッグトレーナー資格取得者は他にも家庭犬のしつけ訓練士と呼ばれております。
ドッグトレーナーの資格は「民間資格」です。

専門学校を探す

資格広場は、ドッグトレーナーになるには?ドッグトレーナーなるためには?ドッグトレーナーになりたいを応援しております。

ドッグトレーナーになるために必要な知識・受験資格

家庭犬と言っても、日本ではバラエティーに富んだ犬種がペットとして飼われています。犬それぞれのキャラクターにもよりますが、種類の豊富な犬種それぞれの特徴を知識として身に付けることは非常に大切です。また、基本的な褒め方と叱り方の知識やしつけのトレーニング学、噛み癖や無駄に吠えるなどよくある問題行動の解決方法に関する知識がドッグトレーナーには求められることでしょう。

ドッグトレーナーの資格は「日本ドッグトレーナー協会」が運営管理を行っております。

日本ドッグトレーナー協会とは:
協会が認定した教育機関を通じて、高い技術を身につけたドッグトレーナーを養成しています。公認スクールでは少人数制、犬を使用したレッスン、講義を徹底させ、短期間で十分な実力を身につけられるカリキュラムとなっています。

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーってどんな仕事?(仕事内容など)

犬が飼い主と一緒に楽しく生活をしていくためには、しつけが必要となります。むやみに吠えない、トイレの場所を覚える、いたずらをしないというようなしつけは、人と一緒に生活するうえで大切になることです。そのようなしつけを、飼い主の方に代わって行っていくのが、ドッグトレーナーなのです。犬に対してのしつけだけではなく、飼い主の方にアドバイスを行う事もあります。ドッグトレーナーがどのようにしつけを行ったのか、飼い主の方に理解してもらわなくては意味がないためです。犬のしつけと、飼い主の方へのアドバイス、この2点がドッグトレーナーの仕事となります。

ドッグトレーナー資格取得の為の勉強法

ひとくちに「犬」といってもさまざまな犬種が存在し、その犬種ごとの特性を知ることは、犬を上手にハンドリング・コントロールしていくために欠かせません。そのほか、犬種ごとの飼育・管理方法、かかりやすい病気、犬の表情、犬の行動特性や本能などについても、知れば知るだけ業務で役立つ知識となるでしょう。

ドッグトレーナーの専門学校や通信講座について

ドッグトレーナーの専門学校一覧は「こちら」!
ドッグトレーナーになるためには専門学校で学ぶのが一番!日本全国のドッグトレーナーの専門学校が一覧でまとまっています。気になる専門学校があったっら、ぜひ気軽に資料請求してみてくださいね。


ドッグトレーナーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ドッグトレーナーの資格試験料

通信講座や、認定の学校での試験になるようです。

ドッグトレーナー試験・検定の年間試験回数

通信講座や、認定の学校での試験になる為詳しい記載なし。

ドッグトレーナー試験科目等の内容

通信講座や、認定の学校での試験になるようです。

ドッグトレーナー資格の難易度

ドッグトレーナーは比較的難易度が低いと言われています。(トリマー、ペットシッター、動物看護士よりは難易度が高いです。)その理由として、ドッグトレーナーは、盲導犬訓練士や動物訓練士などと比べて、家庭犬の訓練に限定されている職業であることが挙げられます。

ドッグトレーナー資格の合格率

合格率は公表されていません。

ドッグトレーナー試験の合格発表

通信講座や、認定の学校での試験になるようです。

国家資格バナー

PR



ドッグトレーナー

ドッグトレーナー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ドッグトレーナー所持者の職業例

しつけ教室、ペットショップ、トリミングサロン、動物病院など。

ドッグトレーナーに向いている人

「犬が大好き」という人は、ドッグトレーナーに向いているといえます。ドッグトレーナーは1日の大半を犬と一緒に過ごすため、犬が嫌いな人では、なかなか務まりません。ただし、仕事では多種多様な犬と接することになるため、特定の犬種だけでなく、どのような犬に対しても平等に愛情を注がなくてはなりません。そして、ただ犬を可愛がるだけではなく、使命感と責任感を持って犬と深く向き合っていける人が、ドッグトレーナーの適性があるといえます。

ドッグトレーナーと同じ分野の他の資格

トリマー、獣医師、ブリーダー、ペットシッター、など、。

ドッグトレーナーの年収・給料相場

ドッグトレーナーは、ペットショップや犬のしつけ教室、犬の幼稚園などさまざまな場所で働いており、勤務先によって給料には差があります。平均年収は200万円~350万円程度になっています。大手のほうが収入や待遇は良いところが多いものの、サラリーマンの平均年収に比べると若干安い水準といえるでしょう。これは、日本国内のペット産業が欧米のように一般化されていないことが原因と考えられます。ただし、ペットブームは堅調に推移しているため、今後、市場規模がさらに大きくなれば、ドッグトレーナーの待遇も良くなるかもしれません。

ドッグトレーナーの現状

現代のペットブームにともなって、ペットを飼う人の数は大きな伸びを見せてきたものの、ここ数年はその勢いも止まりつつあるようです。それでも、犬を飼うということが決して珍しいことではなくなっている今、この先も犬を飼育する人が大きく減少することは考えにくいでしょう。最近ではペット専門の洋服店、トリミングサロンなども続々とオープンしていますが、一方で、犬のしつけを行う企業の数はそこまで増えていないようです。これからドッグトレーナーを目指す人にとっても、チャンスはまだまだ残されているといえるでしょう。

ドッグトレーナーの将来性

ペットを飼いやすい時代になってくることが予想されるため、ペットのしつけをするドッグトレーナーの仕事は将来性があるといえます。ペットのしつけをどこまで行うかは飼い主の考え方によるところもありますが、とくにマンションは他の住人と同じ建物に住んでいますから、無駄吠えなどを防ぐために、積極的にペットトレーニングを望む人も増えていくかもしれません。犬のしつけに対する確かなスキルを持っていることはもちろん、一人ひとりの飼い主のニーズにしっかりと応えられる能力を持ったドッグトレーナーの活躍が予想されます。

ドッグトレーナーの独立について

ドッグトレーナーは、犬のしつけ教室や、しつけサービスを提供するペットショップなどに勤務して働く人のほか、独立をして仕事をしている人もいます。独立する場合、自らしつけ教室を開業して経営していくこともあれば、フリーランスとしてお客さまの元へ出向き、「出張トレーニング」といった形で犬のしつけを行うこともあります。独立をすれば自分の力で道を切り開いていく実感が味わいやすく、身につけてきた知識や技術をおおいに生かすことができます

ドッグトレーナー資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*