動物衛生看護師資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-24

アニマル・ヘルス・テクニシャンは、「動物衛生看護師」と訳される動物の看護師さん。動物病院などで、獣医師とともに動物の看護にあたるのが主なお仕事です。認定試験はNPOの日本動物衛生看護師協会が実施しており、筆記試験と実技試験、さらに面接試験で構成されています。


動物衛生看護師は幅広い年齢層の男女が目指せる、獣医師のサポート役資格です。
動物衛生看護師資格取得者は他にもアニマル・ヘルス・テクニシャンと呼ばれております。
動物衛生看護師の資格は「民間資格」です。


資格広場は、動物衛生看護師になるには?動物衛生看護師なるためには?動物衛生看護師になりたいを応援しております。

動物衛生看護師になるために必要な知識・受験資格

獣医師の診察や手術の補助はもちろん、入院している動物の健康管理をしたり、薬の管理を行ったり、受付や予約対応などの事務作業をこなすことも日常茶飯事です。こういった多岐にわたる業務を任されていくため、求められる知識やスキルも幅広いものとなります。獣医学に関する知識、血液検査などの検査方法など、看護に必要な知識が豊富であることは必須です。

動物衛生看護師の資格は「NPO法人 JAHTA 日本動物衛生看護師協会」が運営管理を行っております。

NPO法人 JAHTA 日本動物衛生看護師協会とは:
日本動物衛生看護師協会は、イヌのグルーマー(美容師)や動物の看護師という職業がまだ社会的認知を得ていない時代に、ヤマザキ学園を巣立っていく卒業生を支援し、職域を確立するために、1967(昭和42)年12月設立されました。

動物衛生看護師

動物衛生看護師ってどんな仕事?(仕事内容など)

獣医師が行う治療のサポートや動物の看護をするのが動物衛生看護師(アニマル・ヘルス・テクニシャン)。動物衛生看護師は主に動物病院などに勤め、ケガや病気の動物を治療する獣医師が診察や治療がしやすいように、動物が動かないように抑えたり、薬を与えるなどのサポートを行っています。動物衛生看護師には国家資格などは無く、民間の団体が独自の基準で資格を与えている職業であります。

動物衛生看護師資格取得の為の勉強法

動物看護師として働くうえで、身につけておくべきことはたくさんあります。まずは、動物の生態や病気に関する知識です。動物看護学、動物行動学、動物栄養学、動物病理学、飼育管理学といった分野の勉強をし、さまざまな動物について、その動物の構造や機能、しつけ、食事管理、発病のメカニズム、疾病に対する薬品やワクチンなどについて理解します。このほか、動物の感染症や滅菌法・消毒法について学んだり、動物の保護管理などまで、幅広い勉強をしていきます。

動物衛生看護師の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

動物衛生看護師の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

動物衛生看護師の資格試験料

試験料は5,000円となっています。

動物衛生看護師試験・検定の年間試験回数

筆記試験は1月下旬、面接試験は2月中旬となっています。

動物衛生看護師試験科目等の内容

(筆記試験)生命倫理と職業倫理、動物と衛生に関する法規、人と動物の共通感染症・疾病の知識、動物看護に関する知識と技能、動物の特性・形態機能等に関する知識、病院受付業務、飼い主指導とアドバイス、実技試験、面接試験となります。

動物衛生看護師資格の難易度

動物関連の学校で勉強しなければ試験が受けられないということは、資格の難易度は上がると考える人もいるかもしれませんが、むしろ、資格試験が統一されたことにより、各学校での教育課程や試験対策もやりやすくなるはずです。学校で指導される内容をしっかりマスターしていれば、合格にもかなり近づけるはずです。

動物衛生看護師資格の合格率

認定試験を受けるには、動物看護に関する学歴や、実務経験が必要になりますので、だれでも受験できるわけでありません。しかし受験資格を満たしていれば、合格率はほぼ99%と、かなり取得しやすい資格となっています。専門学校などで勉強し、受験を目指すのがもっとも確実な方法でしょう。

動物衛生看護師試験の合格発表

試験終了後、発表となります。

動物衛生看護師

動物衛生看護師資格取得後の就職先・年収・報酬相場

動物衛生看護師所持者の職業例

動物病院、動物園、水族館、ペットホテル、トリミングサロン

動物衛生看護師に向いている人

アニマル・ヘルス・テクニシャンは、第一に動物が好きでなければ勤まりません。実際に犬や猫を飼っていた経験があり、動物たちの健康トラブルに接してきた人なら、いっそう向いているでしょう。また、動物だけでなく飼い主である人間とのコミュニケーションも大切なスキルですので、人当たりのよい性格の人に向いています。動物医療に関する広範な知識が求められ、人間の医療と同様に日進月歩の世界ですので、勉強熱心である必要もあるでしょう。

動物衛生看護師と同じ分野の他の資格

愛玩動物飼養管理士、家畜人工授精師、実験動物技術者、飼料製造管理者など。

動物衛生看護師の年収・給料相場

経験を積めばしっかり給与を上げてくれる病院もありますが、一定額で頭打ちになってしまうところもあるようです。病院によっては業績にあわせてボーナスを支払ってくれることもあります。それを考慮に入れると、就職してある程度経験を積めば、年収は300万円~350万円という範囲になるのではないでしょうか。なお、アルバイトとして働くときは時給800円~1,000円くらいが相場となっており、他業種の一般的なアルバイトの時給水準とあまり変わりありません。

動物衛生看護師の現状

最近では福祉施設や病院、学校などにおいて、入居者や患者、子どもたちが動物と触れ合うことで、人間の治療や教育に役立てるような活動も広まっています。人と動物の関わりがよりいっそう深まるにつれ、動物病院の需要、また獣医師や動物看護師への期待は非常に高まっているといえるでしょう。

動物衛生看護師の将来性

ペットの健康に対する意識が高まるとともに、動物病院の社会的な重要性は増しています。病気や怪我の治療だけでなく、各種の予防接種や健康診断のために動物病院を訪ねる飼い主がとても多くなりました。そうしたなかで、獣医師の負担をやわらげる動物看護師の役割も非常に重要になっています。収入は病院や就業形態によりまちまちですが、今後ともその存在価値は高まってゆくと予想されますので、それと付随して収入面での継続的な底上げも期待できるでしょう。

動物衛生看護師の独立について

動物病院だけでなく別の業種も視野に入れると給料や働き方の選択肢がぐっと広がります。なぜなら他の業種で動物看護師の資格を持っている人はそう多くないので重宝されるからです。たとえば「ペットシッターの開業」はそのひとつでしょう。資格なし・自宅で開業できるため多くの方が始めますが、そんな中で動物看護師の資格があればまわりとの圧倒的な差別化が図れるため集客の際に力を発揮するでしょう。

動物衛生看護師資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*