画家になるには専門学校や美術大学に通う?画家を職業にするには?

masman

by kitasan

更新日:2019-05-02

公開日:2019-04-20

「絵を描く」ことを職業にしている画家ですが、中でも成功できるのはほんの一握りと言われています。画家として有名になるには、必ず美術大学や専門学校に通わないとなれないのでしょうか?この記事では、画家になる方法や手段を紹介していきます。

       

画家とはもちろん「絵画を描く」ことを職業にしている人のことをいいます。絵画と言っても洋画や日本画、風景画、抽象画など様々な分野がありますよね。

絵画で人々を魅了し、第一線で活躍する画家になるには、美術大学や専門学校に通うしか方法はないのでしょうか?

この記事では本気で画家を目指す方に向けて、画家としての職業や画家になる方法を紹介していきます。

画家の仕事内容と職業

画家になるには

画家になるには、まず仕事内容や職業について把握しておきたいところですよね?

画家が普段どんな仕事をしているのか、年収などについても紹介していきます。

画家の仕事内容とは

画家の仕事内容はまさに絵を描くこと。

日本での絵画の扱いは「洋画」と「日本画」に分別されていて、手法や画材も異なりますしニーズも違ってきます。

画家の仕事内容や職業としては、定期的に個展を開いたり、デザイナーとして絵画の制作依頼を引き受けるパターンや絵画教室で指導することなどが挙げられます。

画家としての職業とは

画家として活躍している方の多くは、副業としてイラストを描いたり美術を教えている方も一定多数存在します。

中でも、画家としての職業で人気があるのが美術教師ではないでしょうか?

美術教師を職業にするとなると教員免許の資格が必要になりますが、安定した収入を得られるのがメリットなので美術教師として活躍する画家も多いです。

画家とイラストレーターの違いとは

画家とイラストレーターの違いとしては、絵画が紙や布に絵を描くのに対し、イラストレーターの仕事はデジタルでの作業が大半を占めています。

また、絵画は自分の感じたままを絵として表現しますが、イラストレーターは基本的にクライアントの依頼や指示によって絵を制作します。

現状、多くの画家は自分の絵画一本で生計を立てることが難しく、イラストレーターを副業としている画家も少なくありません。

画家の年収や給料

画家の収入は不安定であると言えます。また報酬や年収・職業についても画家によって変わるので、曖昧な部分が多いです。

画家にとっての収入は、やはり絵画の売上金でしょう。どれだけ絵画を描いたところで、絵画が売れないと始まりません。

そのため、画家として成功し収入を得るためにはある程度の知名度が必要になり、コンテストなどで受賞するなどの努力が欠かせない職業でしょう。

漫画家になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど
漫画家という、日本が誇る「クールジャパンカルチャー」の1つを担う職業について、詳しく掲載しています。どうすれば漫画家になれるか、どのような人が漫画家に向いているのかを徹底的に調べました。是非参考にしてください。
絵本作家になるには?人気で有名な絵本作家の収入はどれくらい?
子供にも大人にも人気のある絵本作家になるには、賞に応募する以外にどんな方法や手段があるのでしょうか?絵本作家として活躍しているのはほんの一握りと言われている世界で、成功している有名な絵本作家の収入についても紹介していきます。

画家になるには

画家になるには、必要な資格も必要になる学歴もなく、まさに実力社会と言われていますよね。

決まったルートがない画家になるには、どんな道や手段があるのかを紹介していきます。

美術系大学に通う

画家になるには、一般的に美術系学部や学科のある大学に進学する方が多いです。

知名度の高い東京藝術大学や多摩美術大学、武蔵野美術大学は入試の実技試験が難関ともいわれており、美術予備校に通う方も少なくありません。

画家になるには学歴は重視されないと言われていますが、肩書きや知識、スキルを身に付けるためにも美術大学に通うことは大きな強みになるといえます。

美術系専門学校に通う

美術系大学の入試は難関と言われていますが、美術系の専門学校に入学することは比較的難しくないのではないかと言われています。

また、のびのびと自分の描きたい絵ややりたいことを重視できる専門学校が多いのも特徴ではないでしょうか?

ただし、美術系の専門学校は入試自体必要になるものがない場合も多く、そのため専門学校に入学してくる学生にレベルの差がある可能性も踏まえておく必要がありそうです。

スクールや絵画教室に通う

美術系大学や専門学校を卒業すれば一人前の画家になれるのかと言ったらそうではありません。美術大学や専門学校を卒業して実際に活躍している方は一握りと言えるでしょう。

スクールや絵画教室に通うことで、絵画についての知識や手法を学ぶことが可能です。

絵画はがむしゃらに書いていれば成功できるわけではないので、絵画の技術はある程度所得しておくのが良いでしょう

通信講座を利用する

スクールや絵画教室に通うことが難しい場合は、通信講座を利用することも1つの手だと言えます。

近年では様々な通信講座が登場しているので、自分の書きたい絵や好みに合わせて選ぶことが出るのが特徴です。

また、通信講座なら自分のペースで進めることができるので、仕事をしながらでも続けやすいのがポイントと言えるでしょう。

独学で勉強する

画家になるには、決まった道はありません。有名な画家にも独学でプロの道に進んだかたもいらっしゃいます。

ですので、やる気さえあれば画家になることは可能ですし、言ってしまえば画家と名乗る資格は誰にだってあると言えます。

独学で絵画を勉強するのであれば、才能以上に士気を高める必要があります。画家で生活できるようになるには、それ相応の覚悟が必要とされています。

イラストレーターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキ...
イラストレーターとは、依頼主の要望に応じてイラストを描く仕事です。イラストレーターになるために必要な資格はありません。なりたいと思えば、だれでもなれる職業だといえます。
イラストレーターになるには資格が必要?独立する場合の年収も
”イラストレーター”の仕事は、依頼されたイラストを描いたりキャラクターを考案したりすることです。イラストレーターになるには、独立と就職している場合で年収に違いがあるのでしょうか?資格が必要なのかも見ていきましょう!

画家として成功するには

画家として成功するには

簡単に言えば、絵を描くことができれば画家と名乗ることは誰にでも可能ですし、画家には決まった定義はありません。

そこで、画家として成功するにはどうしたらいいのかを紹介していこうと思います。

自分自身で発信していく

近年ではSNSなどの普及により、昔よりも作品を発信する機会が増えているのも事実。インターネットをうまく活用すれば、人の目に触れる機会も多くなるといえるでしょう。

そのため、独学でも無名でも、有名になれるチャンスは誰にでもあるといえるのではないでしょうか?

美術団体に所属する

基本的に画家を職業としている人は、自分1人で作品を完成させていますよね。ただ、自分1人で個展などを開くとなると、お金や時間など多くの労力を必要とします。

美術団体に所属するメリットとしては、共同で個展を開くことができること。さらに仲間同士で切磋琢磨できるので、画家としてのモチベーションを保つことができるのも特徴です。

コンテストの応募する

美術大学や専門学校を卒業したからと言って、すぐに売れっ子画家になれるわけではありません。

有名美術大学を卒業したという肩書きは最も有利な強みではありますが、コンテストなどで受賞歴があればさらなる自分の強みになるでしょう。

また、コンテストに応募することでたくさんの人々の目に触れる機会が増え、作品はもちろん自分をアピールすることもできるでしょう。

海外に留学する

海外と日本では、アート(絵画含む)に対しての価値観は大きく異なります。また、異文化に触れることで自分の感性を磨くこともできるでしょう。

海外留学制度は大学によって様々なので、事前に確認が必要です。また、自分で留学先を探すこともできますし、ワーキングホリデー制度を利用するのも1つの手段かもしれませんね。

自分の感性を磨く

画家にとって必要なのは、絵を描く技術や知識だけではありません。自分の感性を磨くことも、画家になるには必須といわれています。

絵を描く以外にも、映画を観る、本を読む、音楽を聴くなど、普段の生活から表現力を養う方法はいくらでもあります。

画家になるには?大学や専門学校に通う必要がある?画家の職業まとめ

画家になるには、必ずしも美術大学や専門学校に通わなければいけないという決まりはありません。

ただし、画家としてのスキルや知識、肩書きのためにも美術大学や専門学校を卒業しておくのは自分の強みになるといえるでしょう。

美術の職業としては、フリーで活躍する以外にも美術教師やイラストレーターなどの道もあります。

画家を本気で目指す方は、是非今後の参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

*

*