賞状書士になるには独学でも可能?賞状書士の勉強法についてもご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-06-11

公開日:2019-06-11

賞状書士

今回は賞状書士に関して、賞状書士になるにはどのような方法があるのか詳しくまとめました。独学でも目指せるかということも含め、通信講座や勉強法についても紹介します。ぜひ参考にしてください。


突然ですが皆さんは賞状書士という職業を知っていますか?

非常にマイナーな職業ではありますが、賞状書士は日本の文化におけるあらゆるシチュエーションにおいて重要な役割を担っています。

賞状書士がそもそもどんな仕事なのかということも含め、賞状書士になるには具体的にどんな勉強やスキルが必要なのか、独学でも可能かということや通信講座や勉強法について紹介します。


賞状書士とは?

賞状書士

賞状書士とは、日本の伝統的な文化の一つである「書道」に関する専門的な職業で、賞状や卒業証書といった台紙に美しい文字を書く専門の職業となります。

皆さんも一度は目にしたことがあると思いますが、賞状などに書かれている文字のほとんどは全て手書きになっており、賞状書士が筆文字など特別な自体を用いてそれらを手がけます。

賞状や卒業証書以外にも感謝状や手紙、祝辞やポスターなどありとあらゆる書状の書士業務に携わります。

賞状書士の主な仕事内容

賞状書士の主な仕事内容は賞状や卒業証書などに筆で文字を書くことですが、ただ上手く字を書けばよいというわけではありません。

賞状書士が手がける書状は誰かのお祝いや感謝を伝えるためのものなので、一文字一文字しっかりと気持ちを込めて文字を書いていきます。

賞状書士は一般的に依頼主から書状作成の依頼を受けて用紙や原稿を準備し、そしてどのようなコンセプトやテーマで書状を手がけるのかをしっかり理解した上で業務を行います。

関連企業の正社員として活躍している方もいますが、賞状書士のほとんどは基本的にフリーで働いているため、実際の書状作成は自宅で行います。

賞状書士になるには独学でも可能?

それでは、実際に賞状書士になるにはどのような方法があるのでしょうか。

独学でも目指せるかということも含め、なるための方法や必要なスキルについて紹介します。

書状書士になるには「美しい字」が書けることが大前提

賞状書士になるには特別な資格や学歴は必要なく、賞状書士として依頼を受けることができれば働くことができます。

幼少期から書道を嗜んでいたり、もともと書道が得意な方にとってはある程度スムーズに賞状書士になることができます。

しかし一方で、賞状書士になるには特別な資格は必要ないと言っても賞状書士にとって美しい字が書けるということは当然のことなので、書道に自身のない方はまず美しい字を書くための勉強をしなければなりません。

そのような方は民間の書道教室や通信講座を利用して美しい字を書くためのトレーニングを行いましょう。

賞状書士になるには独学だけでは難しい

賞状書士になるには独学でも可能かという点に関して、正直独学だけでは難しいです

というのも、美しい字を書くためのトレーニングには書いた字を添削してくれる講師が必要となるからです。

もちろん書道に関する知識の習得や勉強は自分ひとりだけでも可能ですが、特に書道が苦手な方にとって効率よくトレーニングを行うためには書道教室や通信講座等を利用して誰かに評価してもらう必要があります。

賞状書士になる際に取っておきたい資格

賞状書士になるには特別な資格を取らなければならないというわけではありませんが、自分のスキルや能力を証明するという意味でも関連資格の取得をおすすめします。

主な関連資格としては、日本賞状書士協会の認定試験である賞状書士検定書写検定賞状技法士検定などが挙げられます。

賞状書士の関連資格を得るためには、まず賞状書士養成講座を修了し資格取得を目指す必要があります。

また、賞状書士に直接関係のあるものではありませんが、書道のスキルを証明するためも師範免許の取得を目指すこともおすすめします。

賞状書士の現状や将来性、やりがいや苦労とは?

賞状書士

実際に賞状書士になることを考えている方もいると思いますが、賞状書士として働く上でのやりがいや苦労は何なのでしょうか。

賞状書士の仕事の現状や将来性も含めて一緒に見ていきましょう。

賞状書士は高収入が得られる職業ではない

まず、賞状書士はそもそも高収入を得られる職業ではないということを知っておく必要があります。

中には冠婚葬祭業界で各分野における専属の賞状書士として働いている方もいますが、その場合でも月収は20万円にも満たず、業務の一環として書士業務を行うため手当も付きません。

賞状書士として働いている方の大半は副業や兼業として働いており、収入も以来の数によって大きく変動します。

賞状の場合、1枚2000〜5000円ほどが相場となっており中にはボランティアとして働いている方もいます。

そのため、賞状書士一本で生計を立てようとすると収入面で苦労することもあります。

しかし、印刷技術がどんなに進んでも賞状書士の需要は無くならないため、その点においては将来性のある安定した職業と言えます。

賞状書士は集中力と忍耐力が必要とされる職業

賞状書士として働く上で、依頼内容によっては短期間で数多くの書状を作成しなければならないという状況もあるため長時間労働になり、体力的にも苦労することがあります。

また、書状作成の際に途中でミスをしてしまうとまた初めからやり直しをしなければならないため、賞状書士には高度な集中力と忍耐力が必要となります。

体力面でもそうですが、書状作成をするための台紙や書状は自己負担になることもあるため、金銭面でも不満や負担を感じることがあります。

しかし、自分が作成した賞状や祝電などが実際に人の手に渡り喜んでもらえた際には他に代えがたい喜びとやりがいを感じることができるため、それが仕事に対するモチベーションにもつながります。

賞状書士になるには独学での勉強でも可能?まとめ

今回は賞状書士になるにはどのような方法が必要となり、どのような資格やスキルが必要となるのか詳しく紹介しました。

もともと書道の腕前が有り、きれいな字を書くことができるのであれば特別な資格を取らなくても書道書士として実務をこなすことは可能です。

しかし、書道がそれほど上手くない方、字に自信が無い方は賞状書士の関連資格や通信講座を受けることによってトレーニングをすることができ、賞状書士になることができます。

賞状書士の仕事は副業的な側面があるためフルタイムで働いたとしても十分な収入を見込むことは難しいですが、誰かのお祝いごとの際に「字」を通して喜びを与えられる職業です。

将来賞状書士を目指している方は以上で紹介した内容をぜひ参考にしてください。

コメントを残す

*

*