グリーンコーディネーターとは?目指すための専門学校や資格をご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-07-29

公開日:2019-07-29

グリーンコーディネーター

今回はグリーンコーディネーターについてまとめました。グリーンコーディネーターの仕事や就職の際に必要となる資格、また目指すための専門学校について紹介します。

       

あまり耳にしない職業ですが、グリーンコーディネーターは緑を使って様々な装飾やデザインを行なう職業です。

エコロジー思考が高まる中、注目を集めている職業の一つでもあるため、グリーンコーディネーターの需要も増えてきています。

そこで、グリーンコーディネーターの仕事内容も含め、就職の際に必要となる資格や目指すための専門学校について詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてください。

グリーンコーディネーターとは?

グリーンコーディネーター

グリーンコーディネーターとは、観葉植物や自然の様々な植物、つまり緑を用いて空間のデザインや演出、アート作品を作り出す職業です。

グリーンコーディネーターは通常、イベントやホテル、商業施設から依頼を受けて各会場や施設の雰囲気、テーマに沿って緑で装飾を行います。

また、フリーで活躍しているグリーンコーディネーター、は美術館などの芸術施設で個展や展示会を開いたりして活躍している方もいます。

仕事1:緑による演出やデザイン

グリーンコーディネーターの仕事としてまず挙げられるのが緑による演出やデザインです。

ホテルや商業施設内の装飾やデザイン、また結婚式などのイベントの演出において、緑は必要不可欠な要素となります。

緑、つまり植物にもさまざま種類や形、色がありそれらを組み合わせて顧客の依頼や各イベントのテーマに沿ったデザイン、演出を行っていきます。

実際の装飾、デザイン業務に加えて、植物の買い付けから搬入まで全てをグリーンコーディネーターが行なうこともあります。

実際に装飾・デザイン業務を行う際には、その規模によって複数のグリーンコーディネーターや関連分野の専門家と協力して行なうこともあります。

仕事2:緑を使ったアーティスト活動や社会運動

グリーンコーディネーターにはアーティストとして活躍している方もたくさんいます。

その場合、自ら手がけた緑の作品を個展や展覧会に出して収益を得ています。

また、アーティスト活動の一環として自然に関する様々な社会問題を提唱するための活動を行っている方も実際にいます。

近年では特にエコロジーや「ロハス」と呼ばれる地球環境保護と健康を重視するライフスタイルに注目が集まってきていることから、グリーンコーディネーターも非常に重要な役割を担っています。

そのため、単なるアート作品を創るのではなく、それを通じて色々なメッセージを発信したり社会問題を提唱します。

仕事3:園芸店やフラワーショップでの業務

グリーンコーディネーターはアーティスト系の職業であることから、特にフリーで活動する場合にはその仕事一本だけだと生計を立てるのが難しいという現状になっています。

そのため、園芸店やフラファーショップにて観葉植物や花の販売や接客、仕入れ等を行いながらグリーンコーディネーターとして活動している方がほとんどです。

そのような専門店で働くことによって植物に関する知識を増やすことができ、グリーンコーディネーターとしての仕事にも活かすことができます。

グリーンコーディネーターを目指すための専門学校

グリーンコーディネーター

グリーンコーディネーターになるに至って学歴はそれほど重要視されませんが、空間づくりやデザインを学ぶために専門学校等に通う方もいます。

それではグリーンコーディネーターのスキルについて学べるテクノホルティ園芸専門学校、修成建設専門学校、東京ウェディング・ホテル専門学校の特徴について紹介します。

テクノホルティ園芸専門学校

テクノホルティ園芸専門学校は都内と埼玉に校舎を構え、園芸や造園、グリーンコーディネートを専門的に学ぶことができる国内でも有数の専門学校です。

その他にもフラワーコーディネート、フラワーデザインなど様々なコースが設置されていることが特徴的です。

修成建設専門学校

修成建設専門学校は大阪に校舎を構える土木・造園系の専門学校です。

グリーンコーディネーターを目指すのに特化したコースはありませんが、ガーデンデザイン、空間デザインなどグリーンコーディネーターに必要なスキルを学ぶことができます。

東京ウェディング・ホテル専門学校

東京ウェディング・ホテル専門学校は東京に校舎を構えるウェディング業やホテル業系の専門学校です。

「ブライダルフラワー」という学科を専攻することで、ホテルやウエディングにおけるグリーンコーディネートのスキルを学ぶことができます。

グリーンコーディネーターを目指す上で取っておきたい資格

必ずしも取らなくてはならないというわけではありませんが、グリーンコーディネーターとしてスキルアップを目指す方、専門的な知識を得たい方は関連資格の取得をおすすめします。

代表的な資格として、国家資格の「園芸装飾技能士」や「フラワー装飾技能士」が挙げられます。

資格に関しても活動内容や活動目的に応じて必要な資格を取得しましょう。

グリーンコーディネーターを目指すための専門学校や資格まとめ

今回はグリーンコーディネーターの仕事や目指すための専門学校について詳しく紹介しました。

グリーンコーディネーターは各商業施設やイベントにおいて、植物を使った空間づくりや装飾を行なう職業です。

また、アーティストとしての側面もあり、緑を使った作品を個展や美術館、展覧会等に出品し活動している方や、それらの作品を通して社会運動活動やロハス推進活動を行っている方もいます。

このように一言にグリーンコーディネーターと言ってもそれぞれ活動内容や活動目的が異なることから、必要に応じて専門学校に通い専門スキルや知識を学んだり、関連資格を取得しましょう。

将来グリーンコーディネーターになることを目指している方は以上で紹介した内容をぜひ参考に、キャリアアップやスキルアップにつなげて下さい。

コメントを残す

*

*