ガラス工芸家になるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-30

ガラス工芸家とは、ガラスを使って、花瓶やコップ、皿などから、小物まで、さまざまなものを創り出す工芸家です。高温のガラスを成形するホットワーク工芸家と、成形され固体化したガラスに装飾を加えるコールドワーク工芸家に分類されます。


ガラス工芸家は幅広い年齢層の男女が目指せる、ガラス工芸家にしか作れないオリジナル性職業です。
ガラス工芸家の職業は他にもガラス工芸家と呼ばれております。
ガラス工芸家に「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ガラス工芸家になるには?ガラス工芸家になるためには?ガラス工芸家になりたいを応援しております。


ガラス工芸家ってどんな仕事?(仕事内容など)

ガラス工芸家

ガラスを使って花瓶やコップ、皿から小物まで、さまざまなものをつくり出すのがガラス工芸家です。高温で柔らかい状態のガラスに息を吹き込み、思い描くカタチに変えていきます。地域によっては、伝統工芸としてガラス製品の制作に携わる人もいます。

ガラス工芸家になる為の勉強法

特に資格などは必要ないですが、独学で学ぶのは難しく、多くの場合はガラス工芸家に弟子入りしたり、ガラスを作る会社で働きながら趣味でガラス工芸品を作りガラス工芸家になったり、ガラス工芸教室などガラス工芸家になる為にそのような教室で技術を習得してから創作活動に入る人も多いようです。

ガラス工芸家になるための専門学校や通信講座について

準備中です。

ガラス工芸家の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ガラス工芸家の学歴

現在調査中

ガラス工芸家の勤務時間

現在調査中

ガラス工芸家に必要なスキルや機材

現在調査中

ガラス工芸家のやりがい

現在調査中

ガラス工芸家苦労、大変なこと

現在調査中

ガラス工芸家の年収・将来性・独立について

ガラス工芸家

ガラス工芸家に向いている人

繊細さや感性はもちろんのこと、体力も欠かせません。そういったことに関して自身がある方に向いているといえるでしょう。

ガラス工芸家と同じ分野の他の職業

現在調査中

ガラス工芸家の年収・給料相場

ガラス工芸家の年収は企業に勤めるサラリーマンサラリーマンと比べると少なく、年収も200万円~300万円程度と言われています。その背景には、日本には伝統工芸品もありますが、海外から機械で大量生産された安いガラス工芸品が輸入されているからと考えられます。そのため、ガラス工芸家で高収入を得るには自分の作った作品が価値を上げ美術品や芸術品の域まで高めると給料も上がるでしょう。

ガラス工芸家の現状

ガラス工芸品メーカーに就職して技術を学びメーカーの作家として活躍する人、メーカーで勤めた後に独立して工房を持ち作家活動を行う人、工房に弟子入りして独立を目指し学ぶ人、等が主流でしたが、昨今はガラス工芸の諸技法を学べる学校も増えたため、学校で技術を習得し、卒業後すぐに作家として活躍する方もいるようです。

ガラス工芸家の将来性

自分が思い描いた通りに作ることができた時や、出来上がった作品を見て喜んでくれる人を見た時にやりがいを感じるでしょう。大昔から現代に至るまで、世界各地で人々を魅了してやまないガラス製品。ガラス工芸家の活躍の場はますます広がっていくことでしょう。

ガラス工芸家の独立について

技法の習得には5年、10年といった長期にわたる研修が必要とされ、その間に自分の独創性やセンスを磨く必要があります。年齢的な制約がなく、技術を身につければ長く続けられる仕事であり、独立して自分の工房をもつことも可能です。

ガラス工芸家の主な著名人

岩田藤七、藤田喬平、ハリー・クラーク、ルイス・カムフォート・ティファニー、ルネ・ラリックなど。

コメントを残す

*

*