アートディレクターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-06-04

アートディレクターは基本的には制作の実作業は行いませんが、時にはデザイナーとして制作に直接関わる場合もあります。しかし、アートディレクターに求められているのはあくまでも全体の管理です。制作スタッフ一人一人の進捗を確認し、基本コンセプトに合った内容になっているかどうかを判断します。


アートディレクターは幅広い年齢層の男女が目指せる、視覚的表現の責任者職業です。
アートディレクターの職業は他にもアートディレクターと呼ばれております。
アートディレクターに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、アートディレクターになるには?アートディレクターになるためには?アートディレクターになりたいを応援しております。

アートディレクター

アートディレクターってどんな仕事?(仕事内容など)

アートディレクターは、雑誌やWebサイト、広告、装丁などの制作過程におけるグラフィック制作の総合演出責任者です。企画から立案、編集、取材に至るまで一貫して制作に携わり、業務の全般を牽引します。また、デザイナーやカメラマンといったスタッフの配役などもアートディレクターの仕事の一つです。納期やコストなどの管理を行い、クライアントやプロデューサーなどとの交渉を繰り返しながら、クオリティの高い作品を作り上げていきます。

アートディレクターになる為の勉強法

アートディレクターの前身であるグラフィックデザイナーになるためには、美術大学のほか、専門学校のグラフィックデザイン科などで学ぶのがオススメでしょう。さまざまな媒体に関する知識や構図、配色などのデザイン術を会得するほか、グラフィックデザインの実務に必要なIllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフト、InDesignなどの編集ソフトのスキルも磨きと良いでしょう。

アートディレクターになるための専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

アートディレクターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

アートディレクターの学歴

現在調査中

アートディレクターの勤務時間

現在調査中

アートディレクターに必要なスキルや機材

現在調査中

アートディレクターのやりがい

現在調査中

アートディレクター苦労、大変なこと

現在調査中

アートディレクター

アートディレクターの年収・将来性・独立について

アートディレクターに向いている人

クライアントの意向を汲み、売りたい商品や広めたい情報を魅力的にデザインに落とし込むためには、何よりも美的センスが優れていることが大切でしょう。また表現するにあたっての引き出しは多い方が有利なので、豊かな感性を持ち常に新鮮なアイディアを提供できる素質が必要になるでしょう。

アートディレクターと同じ分野の他の職業

アドビ認定エキスパート、Photoshopクリエイター、Illustratorクリエイター能力認定試験、DTPエキスパート認証試験など。

アートディレクターの年収・給料相場

アートディレクターの年収の平均値は400?800万円といわれていますが、会社の規模や経営状況によって異なり、なおかつ各個人のスキルや経験によっても大きく差が出ます。大手広告代理店に属するアートディレクターであれば、年収は軽く1000万円を超えていることでしょう。

アートディレクターの現状

近年、注目を集めているのがDMや店頭POPなどのセールスプロモーションツールです。多くの人に一様にアプローチする広告媒体に比べ、多様化する消費者のニーズをとらえた個々へのアプローチが可能であるとして、より効果的なツールの開発や掲載内容の必要性が高まっています。さらに、セールスプロモーションとインターネット、モバイルサイトとの連携も顕著になってきているのが、近年の広告市場の特徴でしょう。

アートディレクターの将来性

知識があるというだけでなく、他社とは差別化されたオリジナリティの高い表現、アイディア、コンセプトを提案する力が求められます。加えて、自分が束ねるグラフィックデザイナーやコピーライターなどのクリエイティブスタッフに対しても統率力を発揮し、同様の知識や能力を蓄えてもらう必要があります。今後高度化、専門化、先端化していく広告市場においてこそ、より高い能力を持ったアートディレクターの必要性が高まっていくといえるでしょう。

アートディレクターの独立について

会社員として高収入を得ていたアートディレクターの場合、独立してフリーランスになったり、会社を立ち上げるという選択肢も選べるようになるでしょう自分がフリーランスになり、フリーランスのクリエイターに仕事をふるとなると、会社員時代以上のコミュニケーション能力が必要になります。また、会社を立ち上げるにあたっても、前の会社から仲間をスカウトするわけにはいかないため、人脈作りに相当な時間がかかるでしょう。しかし、人脈が確保でき、仕事が軌道に乗れば10倍、20倍の収入になる可能性もあり得るのが独立の道でしょう。

アートディレクターの主な著名人

リリー・フランキー、佐野研二郎、上国料勇、佐藤可士和 、佐藤卓、永井一史、服部一成、葛西薫、中島信也、森本千絵、大貫卓也など。

コメントを残す

*

*