ファッション色彩能力検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-09-26

ファッション色彩能力検定

ファッション色彩能力検定試験は、ファッション関連の仕事をする上で必要となる流通やマーケティング、ファッション商品の専門的知識や実務的な能力を測る検定試験で、この資格を取得するために身に着けた内容は、商品開発から商品ディスプレイなど消費者と直接接する部分まで、幅広く活用することが可能です。


ファッション色彩能力検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、一定の需要が見込まれる資格です。
ファッション色彩能力検定資格取得者は他にもと呼ばれております。
ファッション色彩能力検定の資格は「民間資格」です。


資格広場は、ファッション色彩能力検定になるには?ファッション色彩能力検定なるためには?ファッション色彩能力検定になりたいを応援しております。

ファッション色彩能力検定になるために必要な知識・受験資格

色に関しての知識や、ファッションやインテリアについての知識が必要になります。

ファッション色彩能力検定の資格は「一般財団法人日本ファッション教育振興協会」が運営管理を行っております。

一般財団法人日本ファッション教育振興協会とは:
ファッションに関する知識・技術の向上・普及・振興を図るため、ファッションに関連する書籍を発刊するとともに、広くこれらを学んだ者に対し、審査基準に基づく技能審査を行うほか、ファッションデザインの創造力育成のためのコンクール開催、服飾教育功労者の表彰、産業界と協力してのシンポジウム開催など人材育成に寄与することを目的とする団体です。

ファッション色彩能力検定

ファッション色彩能力検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

ファッション色彩能力検定試験は、ファッション関連の仕事をする上で必要となる流通やマーケティング、ファッション商品の専門的知識や実務的な能力を測る検定試験です。アパレル企業や小売企業などファッション業界で働く人やこれから働こうとしている人の、色彩に対する知識や技能を向上させることが目的で行われている試験です。本資格試験の勉強で得た知識は、商品ディスプレイやお客さまへの商品選びのアドバイスなどに役立てることができます。

ファッション色彩能力検定資格取得の為の勉強法

試験開催団体が発行する公式テキストからの出題が多くなりますので、公式テキストの内容を中心に勉強するとよいでしょう。1級については試験開催団体にて対策講座も開催されていますので、こちらを受講するのも有益です。

ファッション色彩能力検定の専門学校や通信講座について

準備中です。

ファッション色彩能力検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ファッション色彩能力検定の資格試験料

1級は材料費込みで14,000円、2級は6,000円、3級は5,500円です。いずれも税込です。

ファッション色彩能力検定試験・検定の年間試験回数

2級、3級は年に2回、1級は年に1回行われます。

ファッション色彩能力検定試験科目等の内容

資格には1級~3級があり、1級の難易度が一番高くなっています。3級はアパレル企業や小売企業などでアシスタント的な業務に就き、ある程度の自己判断をしながら色彩に関する業務を遂行できるレベル、2級は色彩に関連する仕事に就き、業務の目的を把握しそれに沿った計画を立案し実行できるレベル、1級はファッション分野の諸業務の中で、色彩情報を客観的に収集・分析し、商品や店舗における色彩計画を立案する力を有するレベルです。受験資格はなく、どの級からでも受験可能です。2級と3級はマークシート方式の筆記試験のみで、問題数と時間は3級が150問90分、2級が200問120分です。3級の出題範囲は、色彩のはたらき、色彩の体系、色彩理論(基礎)、色彩の技術、ファッション産業と色彩、色名です。2級の出題範囲は、産業における色彩、色彩理論(光、視覚、心理)、色彩体系、配色と色彩調和、ファッション産業における色彩計画、色名です。いずれも公式テキストの内容から出題されます。1級はマークシート方式のA科目、B科目と、記述・実技からなるC科目の3科目で構成されていて、試験時間はA科目とB科目はそれぞれ60分、C科目は180分です。A科目は2級・3級の公式テキストである「ファッション色彩〔Ⅰ〕・〔Ⅱ〕」の中から出題されます。B科目は色彩を見て答える問題が出題され、出題内容自体は2級・3級と同程度です。C科目では与えられた資料を客観的に整理・分析し、それに基づいた色彩計画を作成する問題が出題され、客観性、整合性、色彩理論・知識の応用力が主なポイントとして評価されます。

ファッション色彩能力検定資格の難易度

2級、3級ともに70%の得点を目安に合格となります。出題範囲も限られており、難易度は高くないと思われますが、1級は専門性が高い内容となり、難易度も上がります。

ファッション色彩能力検定資格の合格率

1級は3割程度、2級は6割強、3級は7割を超えているようです。

ファッション色彩能力検定試験の合格発表

詳細は不明です。

ファッション色彩能力検定

ファッション色彩能力検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ファッション色彩能力検定所持者の職業例

アパレルメーカーなどファッション関連の職業に就くことが多くなります。また、色彩についての講座の講師などとして働く人もいます。

ファッション色彩能力検定に向いている人

ファッションに対する興味が高い人に向いています。また、美的センスがあるとよいでしょう。接客を行ったり、多くの人と協力して新しい商品を作り上げたりするため、コミュニケーション能力が高い人に向いています。

ファッション色彩能力検定と同じ分野の他の資格

色彩検定、色彩士検定、カラーコーディネーター検定

ファッション色彩能力検定の年収・給料相場

アパレル店員などの販売員として勤務する場合、年収は300万円程度のようです。アパレルメーカーで企画・製造などに携わる場合には、年収300~400万円ほどの場合が多いようです。

ファッション色彩能力検定の現状

ファッション業界は景気や流行、消費者ニーズの影響を受けやすく、業界全体が落ち込んでしまうこともありますが、衣類は人々の生活に不可欠なものですので、ニーズをうまくつかめば成功することができます。ファッション色彩能力検定受験で身に着けた内容は、商品開発から商品ディスプレイなど消費者と直接接する部分からまで、幅広く活用できます。

ファッション色彩能力検定の将来性

今後もファッション業界は浮き沈みが激しいことが予想されます。

ファッション色彩能力検定の独立について

本資格を取得することのみで独立することは難しいですが、本資格を含めた様々な知識や経験を持つことで、アパレルショップを開店するなどの道が開けるでしょう。

ファッション色彩能力検定資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*