ファッションビジネス能力検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-21

公開日:2018-04-04

ファッションやおしゃれに興味がある人は、アパレル業界で働くことを希望する方も多いでしょう。人気のアパレル業界での就職や転職に役立つ資格がファッションビジネス能力検定です。


ファッションビジネス能力検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、学生やファッション関連業界の従事者の間で知名度が高い資格です。
ファッションビジネス能力検定は他にもと呼ばれております。
ファッションビジネス能力検定は「民間資格」です。


ファッションビジネス能力検定取得のために必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

この検定では、ファッション商品の企画・生産・流通に至る全てのプロセスに関する問題が問われます。また1級では、経営やマーケティングの知識も必要です。出題範囲には、最近のファッションの流行や事象なども含まれていますので、試験対策のほか、最新の情報にも敏感に注意を払う必要があります。

ファッションビジネス能力検定は「日本ファッション教育振興協会」が運営管理を行っております。

日本ファッション教育振興協会とは:
日本ファッション教育振興協会は、ファッションに関する知識・技術の向上・普及・振興を図るため、1969年に設立されました。ファッションに関連する書籍を発刊、技能審査を行うほか、ファッションデザインの創造力育成のためのコンクール開催、服飾教育功労者の表彰、シンポジウムの開催などを行っています。

ファッションビジネス能力検定ってどんな資格?

ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定とは、ファッションに関する造形的知識・技術から流通までの技能を評価・証明するための検定試験です。ファッション分野において、事業として収益化を可能にする戦略立てができる人材を育成することを目的としています。運営元が同じ日本ファッション教育振興協会である「ファッション販売能力検定」が主に店舗または販売の現場における知識と技能に特化しているのに対し、より幅広い業界の現場を想定した試験と言えるでしょう。

ファッションビジネス能力検定取得の為の勉強法

ファッション系の専門学校や教育機関で学ぶほか、独学の場合は、日本ファッション教育振興協会の発行している参考書や問題集を使用して勉強するのがよいでしょう。協会の公式ホームページで過去問を参照することができます。1級ではファッションに関する知識はもとより、マーケティング、流通、マネージメントなど経営の知識も必要です。

ファッションビジネス能力検定の専門学校や通信講座について

ファッションビジネス能力検定の合格を目指すには、通信講座等を受講するのも一つの手です。

興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

ファッションビジネス能力検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定の試験料

受験料は税込で次の通りです。1級:12,000円、2級: 6,000円、3級 5,500円、科目受験は1科目につき1級は4000円、2級・3級はともに3,000円

ファッションビジネス能力検定の年間試験回数

試験は、2級と3級は年2回、1級は年1回行われます。本協会が設定する試験会場か専門学校・大学等の教育機関で受験します。1級は東京のみで実施されます。

ファッションビジネス能力検定試験科目等の内容

2級と3級はマークシート方式で、「ファッションビジネス知識」と「ファッション造形知識」の2科目で構成され1級は、記述式と選択式で、ファッションビジネス知識のほかに、マーケティング戦略、マーチャンダイジング戦略、流通戦略、マネジメント知識のから出題されます。1級は各項目とも60%以上の得点で、全5科目の合格をもって合格となります。ファッションビジネス知識で60%以上得点かつファッション造形知識で70%以上の得点で合格となります。

ファッションビジネス能力検定の難易度

2級と3級の難易度は高くないので、独学で合格できるとレベルと言えるでしょう。1級はファッションビジネスに関する専門教育を2年以上履修した後に実務経験を5~6年程度積んだレベルと同等で、経営やマーケティングに関する知識が必要です。試験問題数に対して試験時間が短く余裕がないと言われていますので、注意が必要です。

ファッションビジネス能力検定の合格率

2級:約50%、3級:約70% 近年の1級の合格率は公表されていませんが、20%程度と言われています。

ファッションビジネス能力検定の合格発表

合否結果は、試験日から約一ヶ月半後に送付されます。

ファッションビジネス能力検定取得後の就職先・年収・報酬相場

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

ファッションビジネス能力検定所持者の職業例

ブティックや百貨店でのショップ・店舗をはじめ、アパレルやテキスタイルのメーカーまたデザイナー事務所などのファッション関連企業への就職が考えられます。関連する職種も、商品の案内や販売、販売。商品企画やディスプレー配置、バイヤーザイナー、経営とさまざまです。職種に関しても、ショップイベントの企画・提案、売上や顧客の管理など多岐に渡ります。

ファッションビジネス能力検定の取得に向いている人

ファッション業界での仕事に興味がある方、デザインなどのクリエイティブな職種を希望する人に適しています。また経営やマーケティングについても幅広く学ぶので、ファッション業界に限らず経営や企業に関心がある人にも向いているといえます。

ファッションビジネス能力検定と同じ分野の他の資格

ファッション販売能力検定試験、ファッション色彩能力検定、テキスタイルアドバイザー、

ファッションビジネス能力検定の年収・給料相場

ファッション業界の職種はショップ店長からマネージャー、バイヤー、デザイナー、販売企画・営業など多種多様で、企業社員から事務所オーナーや会社経営等まで異なります。従って給料も職種や地位により大きな差があるため、一概には言えません。業界や職種に関連する知識と経験を積みキャリアアップを図れば、昇給も可能でしょう。

ファッションビジネス能力検定の現状

ファッション販売能力検定と並んで、ファッション業界内では知名度が高い資格と言われており、就職・転職の際にはアピールできる要因となるでしょう。特に1級ではファッション業界の事情に加えて、経営・マーケティング・流通の知識が求められるため、ファッションの分野に限らず、その知識はビジネス全般において幅広い業界で活かすことができるでしょう。

ファッションビジネス能力検定の将来性

ファッションビジネスは、競争が激しい業界で、刻々と変化する時代の流れに対応していかなくてはなりません。服の生産・販売だけでなく消費者のライフスタイルやニーズを察知したデザインの開発や提案、効果的な方法で消費者に情報を発信するスキルが求められます。ニーズが多様化し、国際競争も激化しているファッション業界での業務において、この資格の取得により得た知識を活かすことができるでしょう。

ファッションビジネス能力検定所持者の独立について

ファッション関連のビジネスで独立・起業の際に資格は必要ではありませんが、資格取得で得た知識を業界内の幅広い職種で活かすことができるでしょう。

ファッションビジネス能力検定を所有している主な著名人

該当なし

コメント・口コミ・体験談

  1. さちさち より:

    私が持っている資格はファッションビジネスです。名前の通りファッションの歴史や種類、ファッションの市場についての資格になります。私がこの資格を取得したのはアパレルの専門学校在籍中でした。勉強出来る環境でしたし、好きな分野での資格取得でしたので比較的簡単に取れたと思います。仕事もアパレル関係に就職しましたので、面接の段階でもこの資格を持っていることで好印象を持って頂きましたし、仕事を初めてからも業界の用語や商品の知識は理解が早く出来ました。最初がスムーズですと成長も早く、すぐに役職につく事が出来ました。アパレル関係での仕事はその後は会社を変わりましたが、会社が変わっても内容は変わらないので私の長い人生の中でも役立った資格と言えます。
    (さちさち/宮崎県在住/30代/女性)

コメントを残す

*

*