テキスタイルアドバイザー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-21

テキスタイルデザイナーは、服飾やインテリアなどをデザインする仕事です。染色方法、デザイン、加工方法を企画する専門職で、服に関する深い知識が必要とされます。大学の工芸学科やデザイン学科、服飾やインテリアのデザイン専門学校などで学んだ人がこの仕事に就くケースが多くなっています。


テキスタイルアドバイザーは幅広い年齢層の男女が目指せる、衣料を極める為のスペシャリスト資格です。
テキスタイルアドバイザー資格取得者は他にも衣料管理士と呼ばれております。
テキスタイルアドバイザーの資格は「民間資格」です。


資格広場は、テキスタイルアドバイザーになるには?テキスタイルアドバイザーなるためには?テキスタイルアドバイザーになりたいを応援しております。

テキスタイルアドバイザーになるために必要な知識・受験資格

服のスペシャリストとも言われていますので、服のことに関してはかなりの知識が必要となってきますが、認定認定された大学・短大での単位取得が必要な為、普通に通っていれば自然に知識は身につく資格の一つだと思います。

テキスタイルアドバイザーの資格は「一般社団法人 日本衣料管理協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人 日本衣料管理協会とは:
日本衣類管理協会は一般社団法人で、さまざまな面でサポートし活動しています。

テキスタイルアドバイザー

テキスタイルアドバイザーってどんな仕事?(仕事内容など)

テキスタイルアドバイザーは企画から消費者対応までアパレル業界のプロを認定する資格で、協会が定めた大学で5つの専門分野を勉強して、単位を履修すると取得できる資格です。テキスタイルアドバイザーには1級、2級とあり、1級は4年制大学で43単位以上、2級は主に短期大学で28単位以上の科目の履修が必要です。1級、2級と違いはありますが、勉強している範囲は同じとなっています。

テキスタイルアドバイザー資格取得の為の勉強法

認定された大学・短大での取得になります。「材料」「加工・整理」「企画・設計・生産」「流通・消費」の4つの分野で学習が必要となり、それぞれの分野に属する科目を受けることが必要となります。「材料」の分野では、繊維・糸・布・品質管理の知識。「加工・整理」の分野では加工・染色加工・取り扱い・洗濯などの知識。「企画・設計・生産」の分野では衣類の企画・設計・生産の知識。「流通・消費」の分野では消費者行動・調査法・産業や商品、販売、インテリアなどの知識が必要になってきます。テキストなども販売してるので、それも含めて勉強するのもいいかと思います。

テキスタイルアドバイザーの専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

テキスタイルアドバイザーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

テキスタイルアドバイザーの資格試験料

テキスタイルアドバイザーの受験料は各5,250円ですが、1級、2級とあり、認定料として1級9,450円、2級7,350円となっています。

テキスタイルアドバイザー試験・検定の年間試験回数

試験の回数は、毎年10月中旬頃の2日間で行われています。認定されている大学・短大にて試験を受けることができます。詳しい場所はホームページにも記載しています。

テキスタイルアドバイザー試験科目等の内容

1級、2級共に、内容は異なりますが、分野は同じとなっています。(一般試験)消費科学、論文。(専門試験)衣類学、衣類学実験、衣類試験法、被服構成学、被服デザイン、被服衛生学、被服整理学、染色加工学、染色加工学実験。という内容になっています。

テキスタイルアドバイザー資格の難易度

前項でも記述していますが、大学内での試験になっていて、合格率が約80%~90%といわれていますので、難易度はさほど高くないと思われます。大学・短大にしっかり通って単位を取れば難なくとれる資格だと思います。

テキスタイルアドバイザー資格の合格率

大学内での試験になるので合格率はかなり高めとなっており、約80%~90%と言われています。必要な単位さえあれば取得できるものなので、認定されている大学・短大に通学すれば、ほぼ間違いなく取得できると言ってもいいと思います。

テキスタイルアドバイザー試験の合格発表

合格発表は試験の行われた翌年の3月の発表となっています。合格者に通知が行くようになっています。認定者数など詳しい内容は一般社団法人 日本衣料管理協会のホームページに掲載されています。

テキスタイルアドバイザー

テキスタイルアドバイザー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

テキスタイルアドバイザー所持者の職業例

アパレル・スポーツウェア・肌着製造業、百貨店・量販店・専門店・通信販売、商社・問屋・卸、行政・消費者センター・試験技術センター・検査機関、副資材・カーテン・インテリア用品・寝具・寝装品、紡績・染色加工など

テキスタイルアドバイザーに向いている人

生地に関する知識がなければいけない部分ではありますが、ファッションやインテリアが好きで、生地について知りたいなど、探求心がある方は向いていると思います。また生地の手触りや機能性・耐久性を考えつつデザインも必要ちされる為優れたデザイン感覚や発想力をもつ人も適性があると思います。ファッション業界や、インテリア業界などは華やかなイメージがあると思いますが製造工場などで淡々な仕事が好きな方にも向いていると思います。

テキスタイルアドバイザーと同じ分野の他の資格

編物技能検定、衣類管理士、ABC協会認定ブライダルプランナー、着物コンサルタント、クリーニング師、毛糸編物技能検定、ファッション販売能力検定、ファッションビジネス能力検定、洋裁技術認定試験、レース編物技能検定、和裁検定試験

テキスタイルアドバイザーの年収・給料相場

雇用形態や勤務先の企業、勤続年数、役職などで個人差はありますが、平均年収は400~500万円程度と思われます。就職先は少なくはありませんが、競争率が高いともいわれています。

テキスタイルアドバイザーの現状

アパレルメーカーと共同で企画することによってテキスタイルアドバイザーが活躍することもありますが、日頃の作業は基本的には地味な作業です。また繊維業界でもありますので必ずしも順風満帆に発展し続けているわけでもないのが現状です。

テキスタイルアドバイザーの将来性

非常に人気があり、独立を視野に入れている人も多くはいますが、身につけるべき専門的な知識や技術があり、一人前になるまでは時間がかかると思います。また、需要に比べると、テキスタイルアドバイザーを目指す方も多く、結婚や出産後の復帰は難しいとも言われています。

テキスタイルアドバイザーの独立について

独立もできるとは思いますが、服に関しての相当な知識・技術が必要とされます。服のスペシャリストとも言われていますのでファッションビジネスにおいてはかなり有利になってくる資格ですが、その分独立するためにはかなりの時間が必要になってくるとは思います。また独立を考える方が少ないとも言われています。

テキスタイルアドバイザー資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*