洋裁技術検定

洋裁技術検定とは、洋服、特に婦人服や子供服を作るための型紙の製作から仕上げまでの一連の課程で必要な技術と知識を評価する検定で、財団法人日本ファション教育振興会が実施しています。協会の認定する服飾・デザインの教育機関で学ぶ学生を対象にしています。ファッション関係の就職をする学生の間では知名度が高い資格です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋裁技術検定は幅広い年齢層の男女 (女性が多い)が目指せる、運営元の日本ファッション教育振興協会が認定する服飾・デザインの教育機関の学生を対象にしている資格です。
洋裁技術検定資格取得者は他にもと呼ばれております。
洋裁技術検定の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場は、洋裁技術検定になるには?洋裁技術検定なるためには?洋裁技術検定になりたいを応援しております。

洋裁技術検定になるために必要な知識・受験資格

デザインから型紙製作、裁縫から仕上げまで洋服、主に婦人・子ども服の一連の製作過程に関する幅広く全般的な知識が問われます。また、作品製作の技術も必要となります。初級では基礎的な力を問いますが、中級や上級になってくると、立体裁断やデザイン画の作成などの専門的な知識や技術が問われます。

洋裁技術検定の資格は「日本ファッション教育振興協会」が運営管理を行っております。

日本ファッション教育振興協会とは:
日本ファッション教育振興協会は、ファッションに関する知識・技術の向上・普及・振興を図るために1969年に設立された団体です。ファッション業界で知名度が高い、「ファッションビジネス能力検定」や「ファッション販売能力検定」、「パターンメーキング技術検定」などの運営元でもあります。

洋裁技術検定

洋裁技術検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

洋裁技術検定は、洋裁全般に関する知識・技術を習得して就業を希望希望する人に、学んだ知識や技術を客観的基準により審査してその能力を証明することを目的としています。試験は初級、中級、上級に区分して実施しています。検定を運営する日本ファッション教員振興協会が認定した学校の学生のみに受験資格があります。

洋裁技術検定資格取得の為の勉強法

この試験は運営元の日本ファッション教員振興協会が認定した服飾系教育機関の学生を対象にしており、3級は2年間、2級では3年間の教育期間が想定されています。資格取得のためには、協会認定の専門学校または教育機関で学ぶことが必要です。更に協会が発行するガイドブックや試験問題集を読んで傾向と対策を把握して準備をするとよいでしょう。

洋裁技術検定の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

洋裁技術検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

洋裁技術検定の資格試験料

受験料は税込3,000円(合格者には別途認定料 2,500円が必要)

洋裁技術検定試験・検定の年間試験回数

試験は会場は協会の認定校にて年1回実施されます。期間は10月、試験日1月第3日曜日です。

洋裁技術検定試験科目等の内容

試験は初級、中級、上級に分かれており、それぞれ理論と実技の試験があります。初級では、洋裁用語・用具、服装常識、日常着の一般的な素材知識、基礎製図、実技に必要な知識に関する問題が出され、実技は婦人、子供服の平常着の制作をします。中級では、洋裁用語・用具、流行、服装の社会性、服飾マナー、素材、服装と色彩、スタイル画、実技の専門知識の分野から出題され、実技では一般的デザインの作品の制作を行います。上級では中級で扱う分野の専門知識に加えて、服装史、流行と社会生活の知識が出題範囲に含まれ、実技では一般的デザイン作品の制作が課題です。

PR

洋裁技術検定資格の難易度

合格率を見れば難易度はあまり高くないと言えるでしょう。認定校でしっかり勉強していれば合格は難しくないはずです。

洋裁技術検定資格の合格率

合格率は公表されていませんが、各級とも80%程度と言われています。

洋裁技術検定試験の合格発表

公表されていませんが、協会が発行する参考書内にある受験要項に記載されています。認定校でも情報を受験要項と情報を得ることができます。

リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。ただいま図書カードを全員にもらえる超お得なキャンぺーンを実施中です!

資格の専門学校や大学の無料パンフレット・願書などをまとめて10校以上請求するだけで、 高校生なら誰でも全員に1000円分の図書カードがプレゼントされます!!!

気になる専門学校の資料を請求して、自分にあった資格を見つけましょう!

↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 資格・専門学校請求キャンペーンページへ 】

洋裁技術検定

洋裁技術検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

洋裁技術検定所持者の職業例

この資格は婦人服と子供服の製作に関する幅広い知識と技術を持っていることを示すので、ファッション業界でのさまざまな職種での就職が可能です。アパレルメーカーの企業やデパートの洋服売り場、リフォームショップなどに勤務するほか、技術を生かしてカルチャーセンターや自宅で教室を開いたり、業務委託の契約や自宅で注文を受けてオーダーの服を製作して仕事をする場合が考えられます。

洋裁技術検定に向いている人

ファッション全般に興味を持ち、流行に敏感でデザインや色彩のセンスがあることが基本です。手先が器用でものづくりが好きな人には適してします。特に型紙の製作から裁縫、仕上げまでの洋裁全般の一通りの技術をまんべんなく身に付けたい人に向いています。

洋裁技術検定と同じ分野の他の資格

パターンメーキング技術検定、衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)

洋裁技術検定の年収・給料相場

アパレルメーカーなどの企業に就職する場合は、勤務先会社の給与体系に従いますので、一般的な会社員と同等の給与水準となり、他の業界と比較してあまり大きな違いはありません。また正社員ではなくパートタイムでの勤務や在宅の業務委託という形で仕事をする人もいます。在宅で得られる収入はおおむね数万円程度ですが、技術や業務量次第では高収入も可能かもしれません。

洋裁技術検定の現状

洋服の製作に携わる業務に就くのに特別な資格は必要なく、技術と経験が重視されます。資格を取っておけば、自身の服飾技術を客観的に証明することができますので、特に上級資格を持っていれば就職や転職に有利となるでしょう。実務経験の少ない新卒者の就職の際にはアピールできる要素となるでしょう。

洋裁技術検定の将来性

アパレル業界では、年々国内および海外と競争が激化してきています。競争力を維持するためにどの業者もコスト削減を目指して人材雇用の省力化やAI技術の導入に取り組んでいます。そうした状況の中でも知識や技術を持った人材は常に重宝されますので、服飾技術の客観的な証明になる資格を取っておくことは有利に働くでしょう。インターネットを通じてフリーランスの作家やテーラーとして活躍する機会も増えてきています。

洋裁技術検定の独立について

上級資格を取得し、洋服の型紙の製作から裁縫・仕上げまでの全般的な技術を身に付けていることを強みにしてキャリアと経験を積めば、テーラーとして開業したり、デザイナーなどとして独立も可能です。個人で教室を開く道もあります。ファッション業界での独立開業には、同じ協会が主宰しているファッションビジネス能力検定試験を受験するのもよいでしょう。

洋裁技術検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*