アロマテラピーインストラクタ資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-21

アロマテラピーインストラクターとは、アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。アロマテラピーの健康維持への役立て方や幅広い利用法を指導できる専門人材です。


アロマテラピーインストラクタは幅広い年齢層の男女が目指せる、アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。資格です。
アロマテラピーインストラクタ資格取得者は他にもと呼ばれております。
アロマテラピーインストラクタの資格は「民間資格」です。

資格広場は、アロマテラピーインストラクタになるには?アロマテラピーインストラクタなるためには?アロマテラピーインストラクタになりたいを応援しております。

アロマテラピーインストラクタになるために必要な知識・受験資格

アロマテラピーの歴史、解剖生理学、タッチング論、ボランティア論、基材論、健康学、ストレスとメンタルヘルス、ホスピタリティとコミュニケーション、精油学総論、精油学各論、アロマテラピー利用法、アロマテラピー教育など、アロマテラピーに関する非常に多岐にわたる知識が必要です。

アロマテラピーインストラクタの資格は「公益財団法人 日本アロマ環境協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人 日本アロマ環境協会とは:
公益社団法人日本アロマ環境協会は、1996年に設立された日本アロマテラピー協会を母体とする、2005年4月1日に設立された公益法人です。元環境省所管でした。植物に由来する精油を使った西洋の民間療法・アロマテラピーの普及と発展、個人・法人会員の活動支援サービスの拡充を目指し、アロマテラピー検定等各種民間資格の認定や、資格取得ができる「認定スクール制度」の運営を主に行っています。

アロマテラピーインストラクタ

アロマテラピーインストラクタってどんな仕事?(仕事内容など)

アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できる能力を認定する資格です。精油の専門知識に加え、健康学や解剖生理学、メンタルヘルスなどに関する知識を習得し、アロマテラピーの健康維持への役立て方や幅広い利用法を指導できる専門人材です。アロマテラピー検定1級に合格する、アロマテラピーアドバイザー資格を取得する、認定スクールでアロマテラピーインストラクター必須履修科目を修了する、アロマテラピーインストラクター試験に合格するなどの方法でなることができます。

アロマテラピーインストラクタ資格取得の為の勉強法

認定スクールに通って、必須履修科目を受講する必要があります。アロマテラピーの歴史、解剖生理学、タッチング論、ボランティア論、基材論、健康学、ストレスとメンタルヘルス、ホスピタリティとコミュニケーション、精油学総論、精油学各論など幅広く学びます。精油の専門知識に加え、健康学や解剖生理学、メンタルヘルスなどに関する知識を習得しなければなりません。

アロマテラピーインストラクタの専門学校や通信講座について

準備中です。


アロマテラピーインストラクタの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

アロマテラピーインストラクタの資格試験料

5,140円(税込)です。なお、資格登録認定料は10,260円(税込)となっています。

アロマテラピーインストラクタ試験・検定の年間試験回数

1年に2回、実施されます。9月と3月に実施されます。

アロマテラピーインストラクタ試験科目等の内容

試験問題は、『アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト 公式テキスト(共通カリキュラム編)』『アロマテラピーインストラクター公式テキスト(独自カリキュラム編)』『アロマテラピー検定公式テキスト1級』『アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト』から出題されます。

アロマテラピーインストラクタ資格の難易度

前項で記したとおり、80%以上の正答率が必要ですので、非常に簡単な試験とは言えないでしょう。

アロマテラピーインストラクタ資格の合格率

合格率は公表されていませんが、合格の基準は正答率が80%以上とされています。

アロマテラピーインストラクタ試験の合格発表

試験日からおよそ1か月弱後に結果が発送されます。

国家資格バナー

PR



アロマテラピーインストラクタ

アロマテラピーインストラクタ資格取得後の就職先・年収・報酬相場

アロマテラピーインストラクタ所持者の職業例

アロマテラピー教育のスペシャリストとして、安全なアロマテラピーの実践方法を一般の方に教授できます。

アロマテラピーインストラクタに向いている人

アロマテラピーをもっと人に伝えたい、アロマテラピースクールやカルチャー教室で講師活動をしたい、アロマテラピーボランティアや香育を実施したいと考えている人に向いている資格です。

アロマテラピーインストラクタと同じ分野の他の資格

アロマコーディネーター、アロマフェイシャルリラックス、介護アロマコーディネーター、アロマテラピーアドバイザー、アロマセラピストなど。

アロマテラピーインストラクタの年収・給料相場

エステティックサロンやマッサージ店、アロマトリートメントサロンなどで企業の社員として働くアロマテラピーインストラクターの場合、初任給は資格の有無、経験の有無によって異なります。およその年収は200~300万円程度といわれており、一般企業の事務職と比べると若干下回るようです。独立開業した場合には、平均年収は300~400万円といわれていて、データ上では会社員の場合の1.5倍程度の収入となります。しかし、独立してからの数年間は安定した収入は見込むことができません。設備投資や顧客獲得のための費用など、出費の方が上回ることも少なくないでしょう。

アロマテラピーインストラクタの現状

日本ではアロマテラピーインストラクターに公的な資格はなく、医師法や薬事法に抵触する恐れがあるため治療としてのアロマテラピーを行うことはできません。あくまでリラクゼーションやトリートメントの範疇での使用になり、その資格も民間のものになっています。そのため、社員として美容サロンなどに就業する際には資格の有無はあまり関係なく、経験の方が重視される傾向にあるのです。収入に関しても、決して儲かる職業ではありません。アロマテラピーインストラクターの知名度がまだ低く社会的な地位が確立されていない点、民間資格の市場価値が低い点などが低賃金の引き金になっているようです。

アロマテラピーインストラクタの将来性

確実な将来性という点では、このアロマテラピーインストラクターにはまだまだ未知数のところがあります。しかし、ストレス社会とも言われる現代日本において、徐々に認知度も高まり、需要等も増加することが期待されています。さらに、インストラクターは人へ教えることに重点が置かれている資格ですので、アロマに関わる人が増加すればするほど、需要も大きくなると考えられます。

アロマテラピーインストラクタの独立について

独立してサロンを経営する人も多くいます。

アロマテラピーインストラクタ資格を所有している主な著名人

原千晶

コメントを残す

*

*