ジュエリーコーディネーター資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

ジュエリーコーディネーターとは、ジュエリーを取り扱う店のスタッフの総称です。ジュエリーコーディネーター検定はジュエリーコーディネーターとしての能力を判定する検定試験です。ジュエリーに関する豊富な知識を持っていることを証明することができます。

       

ジュエリーコーディネーターは幅広い年齢層の男女が目指せる、高額な買い物であるジュエリーを安心、安全に購入してもらうために、豊富な知識や丁寧なコーディネートで対応するための資格です。資格です。
ジュエリーコーディネーター資格取得者は他にもと呼ばれております。
ジュエリーコーディネーターの資格は「民間資格」です。

資格広場は、ジュエリーコーディネーターになるには?ジュエリーコーディネーターなるためには?ジュエリーコーディネーターになりたいを応援しております。

ジュエリーコーディネーターに必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー   無料で比較して資料請求

ジュエリーに関する豊富な知識を持っていることが必要です。さらに、コーディネートの技術とセンスを持っていることが要求されます。

ジュエリーコーディネーターの資格は「一般社団法人日本ジュエリー協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本ジュエリー協会とは:
一般社団法人日本ジュエリー協会は、ジュエリー産業に携わる企業などの組織団体です。ジュエリーに関する調査、研究、内外関係機関等との交流や協力等の事業を行い、ジュエリー産業の健全な発展、振興を図っています。

ジュエリーコーディネーターの仕事内容

ジュエリーコーディネーター

ジュエリーコーディネーターは、消費者に合ったジュエリーを年齢や嗜好等から総合的に吟味し、提供するための職業を指します。また、ジュエリーという高額商品を提供するということから、ジュエリーの流通・製造過程・素材等の細かい知識・歴史などの深い知識をもち、コミュニケーション能力やマナーも必要になります。ジュエリーコーディネーター資格は一般社団法人日本ジュエリー協会(JJA)が主催する検定による認定資格で、1級・2級・3級に分かれています。

ジュエリーコーディネーター資格の勉強法

ジュエリーコーディネーター検定テキストが販売されていますので、これを入手し勉強するのが最も効果的な勉強法でしょう。さらに、実際の検定試験の問題を収録した過去問題集も発売されています。この過去問題集も繰り返し練習し、実際にどのような問題が出題されるのかという傾向をつかむことも大切です。傾向を頭に入れたうえで、再度テキストを見直し、自分に欠けている知識を補っていくと効率良く勉強できるでしょう。3級はさらに通信講座もおこなわれていますので、より合格を確実にしたいならば、受講しておくのも効果的でしょう。

ジュエリーコーディネーターの専門学校・通信講座

メディパートナーバナー   無料で比較して資料請求

ジュエリーコーディネーターの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ジュエリーコーディネーターの資格試験料

各級の試験料は次の通りとなっています。3級は9,000円、2級は、3科目受験が13,000円、2科目受験が10,000円、1科目受験が5,000円です。また、1級は、15,000円(1次・2次含)、5,000円(1次一部免除者)となっています。

ジュエリーコーディネーター試験・検定の年間試験回数

1年に1回実施されます。2級と3級、1級の1次は8月に実施されます。なお1級の1次2I部は9月に、1級2次(1次合格者のみ)は10月に実施されます。

ジュエリーコーディネーター試験科目等の内容

3級は歴史や市場、材料といったジュエリーそのものに対する基礎知識と、販売員やコーディネートに関する知識を持っており、消費者等に対して分かりやすく説明・接客し販売が出来るということが資格基準となっています。試験方法はマークシート式の筆記試験のみとなり、2時間のうちに解きます。2級は、3級よりも高度な専門知識を有し、宝石学の基礎を理解しており、消費者等に対して商品の提案や在庫の効率化、人材育成・指導、店舗経営の補佐が出来ると認定されたことになります。3級資格登録者であることが受験資格となり、試験はマークシート式の筆記試験を3時間で解くことにとなります。歴史や製造といったジュエリーに関する高度な専門知識はもちろん、接客と販売の技術を有し、豊富な経験と洞察力を使って新人の指導や店舗経営が出来ることが、ジュエリーコーディネーター1級の資格基準です。試験は一次に記述形式・論文形式の筆記試験、二次はロールプレイング・実技・面接です。なお、2級資格登録者であることが受験資格となっています。

ジュエリーコーディネーター資格の難易度

合格率からも分かるとおり、2級および1級は難易度が高いと言えるでしょう。

ジュエリーコーディネーター資格の合格率

3級は70%程度、2級は20%程度とされています。1級は非公開です。

ジュエリーコーディネーター試験の合格発表

2級と3級、1級の1次1部については9月上旬に合格発表がなされます。日本ジュエリー協会のサイトにて合格者の受験番号が掲載され。さらに受験者全員に通知が郵送がされます。

ジュエリーコーディネーター資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ジュエリーコーディネーター

ジュエリーコーディネーター所持者の職業例

ジュエリーコーディネーターの主な勤務先はもちろんジュエリー専門店です。豊富な専門知識から、ジュエリーメーカーや卸売業者なども含め、ジュエリー関連企業全般で活かされているスキルでもあります。

ジュエリーコーディネーターに向いている人

ジュエリーが好きで、専門店やメーカーへの就職・転職を考えている人におすすめの資格です。3級を持っているだけでも、即戦力とは見なされないものの、基本的な知識がある人材だと評価され、就職に有利となるでしょう。また、現在、ジュエリー業界で働いている人にとっても、スキルアップのために最適な検定試験です。

ジュエリーコーディネーターと同じ分野の他の資格

ファッション販売能力検定など。

ジュエリーコーディネーターの年収・給料相場

収入は仕事内容や経験年数によってかなり開きがあります。ジュエリーメーカーなど会社に所属し勤務する人の年収は、平均300万円から500万円です。ジュエリーデザイナーとして会社に勤務する場合も、年収は平均300万円から500万円程度です。ジュエリーデザイナーやジュエリー作成を生業として開業した場合、年収は500万円からになります。人気が出れば1000万円を超えるケースもありますが、あくまで人気と実力次第です

ジュエリーコーディネーターの現状

結婚指輪に代表されるように、ジュエリーは日本人の人生に深く根付いています。そのためジュエリーの需要は、不況下でも意外と落ち込むことがありません。ファッション業界のなかでも安定した部類に入るでしょう。ジュエリーコーディネーター検定は、必須というわけではありませんが、専門店の販売員にとって欠かせない知識と技術が証明されるので、高く評価されます。

ジュエリーコーディネーターの将来性

ジュエリーは日本人の人生に深く根付いています。そのためジュエリーの需要は、不況下でも意外と落ち込むことがありません。ファッション業界のなかでも安定した部類です。将来的にも、このような状況が大きく変わるということは考えにくいでしょう。

ジュエリーコーディネーターの独立について

独立開業する人もいます。

ジュエリーコーディネーター資格を所有している主な著名人

メディパートナーバナー   無料で比較して資料請求

該当なし

コメントを残す

*

*