ネイルスペシャリスト資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-26

公開日:2018-05-21

ネイルスペシャリスト技能検定試験」は、インターナショナルネイルアソシエーション(I-NAIL-A)が実施している試験で、A級は学生と初心者を対象に、PA/AA/AAA級ではプロを対象としています。どちらも、学科試験と実技試験に合格することで認定されます。


ネイルスペシャリストは幅広い年齢層の男女が目指せる、手や足のスペシャリスト資格です。
ネイルスペシャリスト資格取得者は他にもと呼ばれております。
ネイルスペシャリストの資格は「民間資格」です。

資格広場は、ネイルスペシャリストになるには?ネイルスペシャリストなるためには?ネイルスペシャリストになりたいを応援しております。

ネイルスペシャリストになるために必要な知識・受験資格

基本である消毒・衛星、皮膚・爪などを含む仕組み、病気、技術、人体のしくみや、マニキュアリストの化学などネイルに関する知識が必要です。

ネイルスペシャリストの資格は「NPO法人インターナショナルネイルアソシエーション」が運営管理を行っております。

NPO法人インターナショナルネイルアソシエーションとは:
ネイルのスペシャリストを育成、発展させることを目的とした団体です。

ネイルスペシャリスト

ネイルスペシャリストってどんな仕事?(仕事内容など)

この検定試験は、ネイル初心者からプロのネイリストまで、幅広いレベルの人が受験するものとなっており、最も易しい「A級」の合格率は80%程度、しかし最難関「PA/AA/AAA級」になると合格率は10%程度にまで下がります。PA/AA/AAA級」を取得すれば、ネイリストとして相当ハイレベルの技能を持つことを証明できるでしょう。学生や初心者の方が目指すのに向いているA級/SA級のほか、プロ向けのPA/AA/AAA級といったものがあります。

ネイルスペシャリスト資格取得の為の勉強法

時間や予算の関係でどうしても学校への通学が難しい場合は、通信講座などでネイリストとして必要とされる基礎的な知識を身につけ、友人などの手を借りて実技の練習を重ね、合格を目指すという方法もあります。

ネイルスペシャリストの専門学校や通信講座について

準備中です。


ネイルスペシャリストの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ネイルスペシャリストの資格試験料

PA/AA/AAA級の受験料は、学科試験・実技試験の両方を受験する場合は税別15,000円、再受験で学科・実技試験のどちらか一方のみを受験する場合は税別12,000円です。

ネイルスペシャリスト試験・検定の年間試験回数

年間4回行われています。

ネイルスペシャリスト試験科目等の内容

ネイル(美容)の技術を行うために、基本である消毒・衛星、皮膚・爪などを含む仕組み、病気、技術のテクニックに関係する知識から出題されます。「ネイルの衛生学」「人体のしくみ」「ネイルとその異常」「マニキュアリストの化学」「ネイル概論」「ネイルの技術」実技試験では、テーブルセッティング、ネイルケア、カラーリングなどがあります。

ネイルスペシャリスト資格の難易度

A級の合格率は、約8割というデータがあります。合格ラインは実技試験で80点以上、筆記試験で出題50問中40問以上となっています。この基準を満たすことができれば合格です。ネイル関連の検定の中では、合格率が高めなので、基本ができれば合格することができる、受かりやすい検定といえるでしょう。

ネイルスペシャリスト資格の合格率

ネイルスペシャリスト技能検定の場合は、試験でどの点数が取れたかによって合格できる級が異なります。正解した点数に応じてPA~AAA級までの合格が認められるのです。60点以上でPA級、70点以上でAA級、80点以上でAAA級合格となります。AAA級合格を目指していた場合、1点届かずに79点だった場合でもAA級は認定されるため、しっかり勉強さえしておけば何らかの級は取得できる可能性があります。

ネイルスペシャリスト試験の合格発表

合格発表の方法は合否通知、実技試験受験者には実技試験結果通知が届きます。これは試験を実施してから1か月後程度です。


ネイルスペシャリスト

ネイルスペシャリスト資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ネイルスペシャリスト所持者の職業例

ネイルサロン、美容院などへ就職します。独立することも可能です。

ネイルスペシャリストに向いている人

ネイルの技術は日々進化し、流行も変わり続けます。そのため、ネイリストになってからも練習をして技術を磨き続けることが欠かせませんし、トレンドや業界情報にアンテナを張って研究を重ねることも大切です。ネイルの技術は大変細かい作業が多く、ほんの数ミリのずれでもデザインにゆがみが生じることがあるくらいです。そんな細かい作業でも苦にならずにこなせる、手先が器用な人はネイリストに向いているといえます。

ネイルスペシャリストと同じ分野の他の資格

ネイルスペシャリストなどです。

ネイルスペシャリストの年収・給料相場

正社員で働くか、あるいはアルバイトのアシスタントとしてスタートするかによっても、給料は変わります。正社員であれば年収にすると300万円程度となり、すごくよい年収いうわけではありませんが、ネイリストの給料は実力次第でアップすることが多いです。アルバイトや、パートの場合自給は900円から1200円ぐらいが相場になっています。勤務先によっては歩合制の所もあり、人ンきネイリストになったり、スキルアップすれば給料に反映されます。また独立や開業もしやすいので繁盛店となれば高収入も可能です。

ネイルスペシャリストの現状

ネイルサロンではなく、自分でネイルを楽しむ「セルフネイル」も人気を集めています。ネイル文化が一般的に広まっている今では、ネイルサロンまで足を運ばなくても、ネイル雑誌やインターネットに自分で簡単にできるネイルのコツがたくさん載っているのが現状。

ネイルスペシャリストの将来性

ネイルサロンがどんどん増えていき、ネイリストの需要が高まっています。ネイルサロン激戦区の東京だと、まわりはライバルサロンばかりになります。ネイル雑誌やインターネットの情報だけでは身につけられない「技術力」や自宅では味わえない「サービス力」、そのため、いかにこの2つの力を身につけられるかどうかがネイリストとしての将来性を左右する重要なポイントになります。

ネイルスペシャリストの独立について

ネイリストになれば独立・開業も可能です。

ネイルスペシャリスト資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*