IFA認定アロマセラピスト資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-03-18

公開日:2018-05-24

IFA認定校ではIFAに規定されているカリキュラムに関しての計220時間の講義を受ける事でIFA認定アロマセラピスト受験資の取得からIFA認定試験まで一貫して教育を受ける事が出来ます。


IFA認定アロマセラピストは幅広い年齢層の男女が目指せる、海外でも活躍できる資格です。
IFA認定アロマセラピスト資格取得者は他にもアロマセラピストと呼ばれております。
IFA認定アロマセラピストの資格は「民間資格」です。

資料請求はこちら

資格広場は、IFA認定アロマセラピストになりたいを応援しております。

IFA認定アロマセラピストになるために必要な知識・受験資格

植物性香油は300種類にも及ぶといわれています。
それぞれの香りの効果効能や、調合した時の相性など、求められる知識は多岐にわたります。

また相手の顔や体に直接触れて施術を行う場合は、皮膚の構造や血液・リンパの流れ、ツボや反射区といったエステティックの知識も必要になってきます。

技術面では、相手が心地よさを感じるマッサージ術などを、実践を重ねることによって習得しなければなりません。
こうした知識や技術の証明として、「アロマテラピーインストラクター」などの資格があります。

資格取得へ向けてしっかり鍛錬を積み、充分なスキルを習得することが必要不可欠なのです。

IFA認定アロマセラピストの資格は「国際アロマセラピスト連盟(IFA)」が運営管理を行っております。

国際アロマセラピスト連盟(IFA)とは:
国際アロマセラピスト連盟(IFA)はアロマセラ ピーのための専門機関です。
また IFAは 1985に設立された臨床とホリスティックアロマセラピーを初めて世界的に展開した管理機関です。
我々の目的は知識の向上と教育と訓練によるアロマセラピーの専門的技術の実践による健康とウェルビーイングを保持し続けることです。

IFA認定アロマセラピスト

IFA認定アロマセラピストってどんな仕事?(仕事内容など)

IFA認定アロマセラピストはイギリスのアロマセラピスト連盟(IFA)の認定する国際的なアロマセラピスト資格です。

IFA認定アロマセラピストはイギリスの資格ですが、日本でもIFA認定校での所定のカリキュラムを修了する事で取得出来ます。

IFA認定アロマセラピスト資格取得の為の勉強法

セラピストは技術職であると同時にサービス職であり、さらに化学や解剖生理学などの知識も必要となります。
技術職としてのセラピストは、手技や施術と呼ばれるトリートメント(マッサージ)技術を習得しなければなりません。

またサービス職としても、お客様へのカウンセリングの技術やサービス技術についての勉強が必要となります。
ほかにも、アロマ精油を扱う関係上の精油の化学知識、お客様の体に触れる仕事であるため人体の解剖生理学や衛生学の知識も必要です。

IFA認定アロマセラピストの専門学校や通信講座について

アロマセラピストになるためには専門学校で学ぶのが一番の近道です!
日本全国のアロマセラピスト専門学校が一覧でまとまっています。
気になる専門学校があったっら、ぜひ気軽に資料請求してみてくださいね。

資料請求はこちら


IFA認定アロマセラピストの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

では早速、IFA認定アロマセラピストの試験内容について詳しく見ていきましょう。試験の難易度や合格率、合格発表の方法についてもまとめました。

IFA認定アロマセラピストの資格試験料

受験料は、130万円前後(受験料はIFA認定校によって異なります。)

IFA認定アロマセラピスト試験・検定の年間試験回数

受講、試験日はIFA認定校によって異なります。

IFA認定アロマセラピスト試験科目等の内容

解剖生理学、マッサージ実技、アロマセラピー理論、アロマセラピー実技、ケーススタディ、ホームスタディなど。

IFA認定アロマセラピスト資格の難易度

セラピストは技術職であると同時にサービス職であり、さらに化学や解剖生理学などの知識も必要となります。
技術職としてのセラピストは、手技や施術と呼ばれるトリートメント(マッサージ)技術を習得しなければなりません。

またサービス職としても、お客様へのカウンセリングの技術やサービス技術についての勉強が必要となります。
ほかにも、アロマ精油を扱う関係上の精油の化学知識、お客様の体に触れる仕事であるため人体の解剖生理学や衛生学の知識も必要です。

これだけの広い範囲の知識を得るための勉強は独学ではなかなか難しいかもしれません。

IFA認定アロマセラピスト資格の合格率

合格率はIFA認定校によって異なります。

IFA認定アロマセラピスト試験の合格発表

合格発表はIFA認定校によって本人に通知されます。


IFA認定アロマセラピスト

IFA認定アロマセラピスト資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ここからは、IFA認定アロマセラピスト資格取得後の流れについてご説明してまいります。気になる年収や給料相場も調査しましたので、是非ご覧下さい。

IFA認定アロマセラピスト所持者の職業例

リラクゼーション・マッサージを行う店舗、アロマグッズ販売店など。

IFA認定アロマセラピストに向いている人

日本では、アロマテラピーは医療行為ではなく、リラクゼーションの一種としての行為です。

人それぞれが持つ「緊張や疲れを取りたい」「落ち込んだ気持ちをどうにかしたい」といった原因のはっきりしない悩みをくみ取り、香りの好みを把握したうえで、よりしっくりくる選択や調合を行う必要があります。

それだけ、相手を思いやる気持ち、繊細な感覚がある人でなければ、アロマセラピストとして活躍することは難しいかもしれません。

IFA認定アロマセラピストと同じ分野の他の資格

アロマテラピー検定、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマコーディネーター、アロマハンドリラックス、アロマフェイシャルリラックス、英国愛ティック認定アロマ、NARD認定資格5種など。

IFA認定アロマセラピストの年収・給料相場

アロマセラピストの平均月収は15~16万円程度、年収にすると200~300万円程度といわれおり、一般企業の事務職と比べると若干下回るようです。

それを承知でアロマセラピストの職に就いているわけですから、収入よりもやりがい、この仕事が好きでしょうがないという人に選ばれる職業だといえるでしょう。

勤めながらでも、より上位の資格試験に合格すると給料が上がるシステムを採用している企業が多く見受けられ、時間面・費用面で資格取得をサポートする企業もあります。

IFA認定アロマセラピストの現状

香りによって心身をリラックスさせたり、ストレスを取り除いたりすることで知られるアロマテラピー。
それを行うアロマセラピストには、イギリスやフランスでは医療系の公的資格が設けられています。

一方、日本ではアロマセラピストに公的な資格はなく、医師法や薬事法に抵触する恐れがあるため治療としてのアロマテラピーを行うことはできません。
あくまでリラクゼーションやトリートメントの範疇での使用になり、その資格も民間の法人が定めたものになります。

IFA認定アロマセラピストの将来性

アロマセラピストにとってもっとも深刻な問題は、アロマテラピーやエステティックでマッサージ行為を行うことは法律で禁じられているという点です。

将来、この問題への注目度が上がった場合、アロマセラピストの活動範囲が狭まってしまう可能性もあります。
このことから考えると、「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格の取得を第一目標とし、合格してからさらなるスキルアップとしてアロマセラピストの資格取得を目指すというのも選択肢となるかもしれません。

IFA認定アロマセラピストの独立について

アロマセラピストの資格を持っていて、企業の社員として美容サロンなどで経験を積んだ人が独立する場合、年収アップが見込める反面、大変なことも多いようです。

平均年収で見ると、社員で一般職の場合が200~300万円、フリーランスの場合が300~400万円といわれているので、大幅にアップするように思えるかもしれません。

ほとんどの場合、独立後しばらくは苦戦を強いられます。
個人では高い広告費をかけるわけにもいかないことが多いため、一から集客するためには人脈を使ったり、チラシを配布したりといった地道な努力が必要になります。

IFA認定アロマセラピスト資格を所有している主な著名人

該当なし

資料請求はこちら

コメントを残す

*

*