Ajesthe認定エステティシャン資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-24

Ajesthe認定エステティシャンとは、髪を除く全身の手入れを行う民間資格です。この資格を取得するには、協会が認定している認定校での受講・受験が必要となります。


Ajesthe認定エステティシャンは幅広い年齢層の男女が目指せる、女性の美を維持するエキスパートになる資格です。
Ajesthe認定エステティシャン資格取得者は他にも協会認定エステティシャンと呼ばれております。
Ajesthe認定エステティシャンの資格は「民間資格」です。

資格広場は、Ajesthe認定エステティシャンになるには?Ajesthe認定エステティシャンなるためには?Ajesthe認定エステティシャンになりたいを応援しております。

Ajesthe認定エステティシャンになるために必要な知識・受験資格

人体の生理機能や心理の知識や、日常生活との関係、仕事道具でもある化粧品や美容電気機器の知識、経営や関連の法律などの幅広い知識が必要となります。

Ajesthe認定エステティシャンの資格は「一般社団法人日本エステティック協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本エステティック協会とは:
昭和47年に設立されました。エステティック業界の健全な発展に貢献することを目的としています。

Ajesthe認定エステティシャン

Ajesthe認定エステティシャンってどんな仕事?(仕事内容など)

髪を除く全身の手入れ(フェイシャルトリートメント、ボディケア、脱毛、カウンセリング)を行います。

Ajesthe認定エステティシャン資格取得の為の勉強法

協会が認定しているエステティシャン養成スクールに通う必要があります。認定校では、「300時間以上コース」と「1,000時間以上コース」があります。協会認定エステティシャンの資格を取得するだけなら、「300時間以上コース」を選んでも大丈夫です。上級の資格も視野に入れている方は、初めから「1,000時間以上コース」を選ぶといいでしょう。協会が出版している正式な参考書を購入して勉強するようにしましょう。

Ajesthe認定エステティシャンの専門学校や通信講座について

協会認定の認定校があります。

Ajesthe認定エステティシャンの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Ajesthe認定エステティシャンの資格試験料

受験料は10,368円となります。

Ajesthe認定エステティシャン試験・検定の年間試験回数

現在調査中

Ajesthe認定エステティシャン試験科目等の内容

試験は、筆記試験と実技試験に分かれています。筆記試験では、エステティシャンセンター試験といって、四肢択一マークシート式で出題されます。問題数は100問です。実技試験では、技術力確認試験といって、フェイシャル・ボディの手技のみが課されます。

Ajesthe認定エステティシャン資格の難易度

認定スクールで勉強を修了することができれば、難易度はそれほど高いわけではありません。

Ajesthe認定エステティシャン資格の合格率

合格率は公表されていません。

Ajesthe認定エステティシャン試験の合格発表

現在調査中

国家資格バナー

PR



Ajesthe認定エステティシャン

Ajesthe認定エステティシャン資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Ajesthe認定エステティシャン所持者の職業例

エステティシャンとしてエステティックサロンに就職することができます。

Ajesthe認定エステティシャンに向いている人

美容に興味がある方や、世の女性を綺麗にしてあげたいと考えている方に向いています。

Ajesthe認定エステティシャンと同じ分野の他の資格

美容師、理容師、ネイリスト、アイリスト、スタイリスト、メイクアップアーティスト

Ajesthe認定エステティシャンの年収・給料相場

地域によって異なりますが、正社員として働くエステティシャンの月給は18万円~22万円くらいが相場で、平均年収は30歳代前後で300万円~400万円ほどとなります。

Ajesthe認定エステティシャンの現状

時代の変遷とともに、近年のエステ業界にはさまざまな変化が見られつつあります。もともと「美容といえば女性のもの」いうイメージが根強く、エステサロンを利用するのも女性が当たり前といった風潮がありました。しかし、現代は男性の美への関心も高まっており、メンズエステ専門店や、男性向けの新たな美容サービスが次々と登場しています。そして、個人によるサロン経営が増加傾向にあります。個人開業の際は、大型チェーンのようにいくつもの美容器具を置いて、一人であれもこれもサービスを提供するのはなかなか難しいため、フェイシャルケア、ボディ、脱毛など、専門分野に特化したサービスを提供することが多いようです。

Ajesthe認定エステティシャンの将来性

今後男性用の美容サービスはさらに加速するものと思われており、エステティシャンとしても男性への施術機会が増えると同時に、新たな知識が必要となってくるでしょう。そして、個人サロンは、プライベート感覚で利用できるため、今後も需要が高まるものと思われます。

Ajesthe認定エステティシャンの独立について

独立は可能ですが、独立を目指すならばエステティシャンとしての技術に加え、経営や営業のスキルも必要となります。

Ajesthe認定エステティシャン資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*