Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-24

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーとは、エステティシャンとして指導的立場を担える民間資格です。独立を考えている方や、プロのエステティシャンなら取得しておきたい資格となっています。


Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーは幅広い年齢層の男女が目指せる、エステティック業界をリードする資格です。
Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー資格取得者は他にも認定トータルエステティックアドバイザーと呼ばれております。
Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの資格は「民間資格」です。

資格広場は、Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーになるには?Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーなるためには?Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーになりたいを応援しております。

目次

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーになるために必要な知識・受験資格

エステティシャンに関する知識が必要となります。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの資格は「一般社団法人日本エステティック協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本エステティック協会とは:
昭和47年に設立されました。エステティック業界の健全な発展に貢献することを目的としています。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーってどんな仕事?(仕事内容など)

エステティシャンとして指導的立場を担います。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー資格取得の為の勉強法

協会が対策講座を行っています。講座内容は筆記試験対策と実技試験対策、個別相談となっています。筆記試験対策は、120分行われ、筆記試験の概要説明、模擬試験及び解説が行われます。実技試験対策は、180分行われ、実技試験の概要説明、個人ワークまたはグループワークが行われます。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの専門学校や通信講座について

協会が対策講座を行っています。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの資格試験料

受験料は32,400円となります。対策講座の受講料は、19,440円です。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー試験・検定の年間試験回数

現在調査中

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー試験科目等の内容

試験は、筆記試験と実技試験に分かれています。筆記試験では、コンサルティング試験といって、実践と結びついた皮膚科学・解剖生物学・衛生管理に重点をおいた理論が問われます。エーススタディに対するトリートメントプラン及び栄養・運動・ホームケア等の質問に対して、記述式で回答します。実技試験では、プレゼンテーション・ロールプレイング試験といって、サロンでのスタッフへの指導、接客、クレーム対応、販売等の場面より設定されたテーマを選択し、試験官2名をサロンスタッフと想定し、プレゼンテーション及びロールプレイングを実践します。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー資格の難易度

サロンスタッフに指導する側となるので、難易度は難しいと思われます。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー資格の合格率

合格率は公表されていません。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー試験の合格発表

現在調査中


Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー所持者の職業例

トータルエステティックアドバイザーとしてエステティック業界で活躍することができます。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーに向いている人

美容に興味がある方や、美容に関する知識を第三者に説明ができる方、プロのエステティシャンとして活躍している方に向いています。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーと同じ分野の他の資格

エステティシャン、メイクアップアーティスト

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの年収・給料相場

現在調査中

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの現状

時代の変遷とともに、近年のエステ業界にはさまざまな変化が見られつつあります。もともと「美容といえば女性のもの」いうイメージが根強く、エステサロンを利用するのも女性が当たり前といった風潮がありました。しかし、現代は男性の美への関心も高まっており、メンズエステ専門店や、男性向けの新たな美容サービスが次々と登場しています。そして、個人によるサロン経営が増加傾向にあります。個人開業の際は、大型チェーンのようにいくつもの美容器具を置いて、一人であれもこれもサービスを提供するのはなかなか難しいため、フェイシャルケア、ボディ、脱毛など、専門分野に特化したサービスを提供することが多いようです。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの将来性

今後男性用の美容サービスはさらに加速するものと思われており、エステティシャンとしても男性への施術機会が増えると同時に、新たな知識が必要となってくるでしょう。そして、個人サロンは、プライベート感覚で利用できるため、今後も需要が高まるものと思われます。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの独立について

独立をしたいと考えている方が取得しておきたい資格といわれているので、独立は可能です。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザー資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*