AEA認定エステティシャン資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-01-04

公開日:2018-05-30

日本エステティック協会では3種の資格を認定エステティシャンとして定め、これらいずれかを有する人のことを総合的に「認定エステティシャン」と呼びます。最も難易度が高いものは「認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)」です。同資格を取得すると「社会的、指導的立場を担うエステティシャン」として、エステ業界を牽引する役割が期待されています。次に難易度が高い「認定エステティシャン」は、エステティック業界の中核を担う存在で、この資格を持っていると、採用の際に優遇されることもあるようです。一方「認定フェイシャルエステティシャン」と「認定ボディエステティシャン」は、フェイシャルやボディの基礎技術を有することを示します。


AEA認定エステティシャンは年齢制限はありませんの男女が目指せる、プロのエステティシャン資格です。
AEA認定エステティシャン資格取得者は他にもAEA認定エステティシャンと呼ばれております。
AEA認定エステティシャンの資格は「民間資格」です。

資格広場は、AEA認定エステティシャンになるには?AEA認定エステティシャンなるためには?AEA認定エステティシャンになりたいを応援しております。

AEA認定エステティシャンになるために必要な知識・受験資格

エステティシャンは「美」に関心のある人にとって、好きなことを仕事にできるすばらしい職業です。

美容業界は日々進化し続けていますので常に新しい情報を学びとり、仕事に生かしていく気持ちが欠かせません。

また、エステサロンではカウンセリングを重視することが多いですが、ただマニュアル的に話を進めるのではなく、お客さまが何を感じているのか、どうしてほしいと思っているのか、など、直接言葉にしないところまで察知し、相手が求めるものを先回りして提案する力も求められます。

AEA認定エステティシャンの資格は「一般社団法人日本エステティック業協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本エステティック業協会とは:
一般社団法人日本エステティック業協会(AEA)は1987年に「全日本エステティック業連絡協議会」として設立され、今年で30年目を迎えます。
30年の間に、総務省の日本標準産業分類にエステティック業が独立したサービス業として登録され、その翌年には経済産業省のエステティック産業適正化委員会が「エステティック産業の適正に関する報告書」を発表するなど、エステティックが産業として確立されてきました。

AEA認定エステティシャン

AEA認定エステティシャンってどんな仕事?(仕事内容など)

エステティシャンは、「ボディケア」「脱毛」「フェイシャル」「リフレクソロジー」などの施術を行い、人々の肌や身体の悩みを解決したり、より美しくする職業ですエステティックは「全身美容」を意味しています。

エステティシャンは、髪の毛を除いた全身の「美」を追求し、お客さまの肌や身体、心の特徴や状態を把握したうえで、特別な手技や用具を用いて、相手に心地よさや安らぎ、満足感を与える仕事です。

普段はハンドマッサージや脱毛・痩身の器具などの美容機材を使用し、お客さまの要望に合わせた施術をしていきます。

エステティシャンにとって大切なのが、施術前後のカウンセリングで、カウンセリングによって、お客さまのニーズをしっかりと聞き出したり、肌や身体の変化を見極めることも必要です。

AEA認定エステティシャン資格取得の為の勉強法

一般社団法人日本エステティック業協会認定校にてカリキュラムを履修するか、エステティックサロンでの実務経験(フェイシャル又はボディ)が必要で、認定試験(筆記・実技)に合格後、登録申請することで初めて資格取得となります。

AEA認定エステティシャンの専門学校や通信講座について

美容師の専門学校一覧は「こちら」!
エステティシャンになるためには専門学校で学ぶのが一番!
日本全国のエステティシャン専門学校が一覧でまとまっています。
気になる専門学校があったっら、ぜひ気軽に資料請求してみてくださいね。


AEA認定エステティシャンの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

AEA認定エステティシャンの資格試験料

試験には、筆記試験と実技試験があります。

筆記試験は、インターナショナルエステティシャンで17,280円(日本エステティック業協会会員団体割引価格:12,960円)、上級認定エステティシャンで14,040円(日本エステティック業協会会員団体割引価格:10,800円)となります。

実技試験は、インターナショナルエステティシャンで27,000円(正会員および認定校団体申込割引 23,760円)となり、上級認定エステティシャンで17,280円(正会員および認定校団体申込割引 14,040円)となります。

AEA認定エステティシャン試験・検定の年間試験回数

AEA筆記(一次)試験は、年2回(1月と9月)に実施しています。

AEA実技(二次)試験は、年2回(3月頃と12月頃)に実施しています。

AEA認定エステティシャン試験科目等の内容

筆記試験:【出題形式】AEA 上級認定エステティシャン:全問マークシート・4 択式 (出題数 100 問)、AEA 認定インターナショナルエステティシャン:マークシート・4 択式 100 問、記述式 20 問 (出題数 120 問)、【出題範囲】 AEA テキスト 15 美容脱毛学、18 美容脱毛実技理論を除く全科目。

実技試験:試験範囲は AEA テキスト(美容脱毛実技理論、美容脱毛学は除く)、試験内容:【ボディ実技試験】 基本 6 手技(軽擦法・強擦法・打法・揉捏法・圧迫法・振動法)が入ったトリートメン、

※ トリートメント部位:後面右脚→背中→前面右脚→右腕→腹部、 スチームタオルでの拭取り、 実技に関する口頭試問(AEA テキスト)【フェイシャル実技試験】 クレンジング(ポイントクレンジング+全体のクレンジング)

※男性受験者は洗顔、 基本 6 手技(軽擦法・強擦法・打法・揉捏法・圧迫法・振動法)が入ったトリートメント、 トリートメント部位:デコルテ・首・顔、 拭取り(コットン・スチームタオル等)、 パック、 実技に関する口頭試問(AEA テキスト)となります。

AEA認定エステティシャン資格の難易度

認定校のカリキュラムをしっかり勉強すれば、ほとんどの人が資格を取得できているようですので、認定校でしっかりと勉強できれば、難易度はそう高くないようです。

AEA認定エステティシャン資格の合格率

認定校のカリキュラムをしっかり勉強すれば、ほとんどの人が資格を取得できているようです。
学校に通っていない場合は取得が難しい資格でもあります。

また、認定フェイシャルエステティシャン・ボディエステティシャンは、日本国内で広く知られている民間のエステ資格です。

こちらの認定資格を取得するためには、筆記試験と実技試験をパスする必要があります。

総合的な合格率としては80%となっています。

AEA認定エステティシャン試験の合格発表

試験後の1カ月以内に発送されます。

国家資格バナー

PR



AEA認定エステティシャン

AEA認定エステティシャン資格取得後の就職先・年収・報酬相場

AEA認定エステティシャン所持者の職業例

エステサロン

AEA認定エステティシャンに向いている人

エステティシャンを目指す人は「美容に興味がある」という人がほとんどでしょうが、エステティックサロンに来るお客さまも、美容に対してこだわりを持っている方が多いですので、そういったお客さまの期待に応えるためにも、エステティシャンはプロとして専門的な知識を身につけておく必要がありますし、技術力もどんどん向上させることが必要です。

AEA認定エステティシャンと同じ分野の他の資格

美容師・理容師・ネイリスト・アイリスト・メイクアップアーティスト・スタイリスト・ファッションデザイナー・美容部員

AEA認定エステティシャンの年収・給料相場

正社員として働くエステティシャンの月給は18万円~22万円くらいが相場で、平均年収は30歳代前後で300万円~400万円ほどとなります。

年齢とともに給料が上がるというよりは、経験やスキルがある人ほど多くの収入が得やすい職業です。

「歩合制」を取り入れている企業やエステサロンでは、自分の売上や成績次第で年収が大幅に上がる可能性もあります。

AEA認定エステティシャンの現状

「美容といえば女性のもの」いうイメージが根強く、エステサロンを利用するのも女性が当たり前といった風潮がありましたが、現代は男性の美への関心も高まっており、メンズエステ専門店や、男性向けの新たな美容サービスが次々と登場しています。

今後は、このような流れがさらに加速するものと思われていて、エステティシャンとしても男性への施術機会が増えると同時に、新たな知識が必要となってくるがもしれません。

AEA認定エステティシャンの将来性

エステティシャンは専門的な技術・知識を要する仕事ですが、それなりの経験を積むことで、比較的容易に開業することが可能です。

少しのスペースとベッドがあれば、とりあえずハンドマッサージなどの施術を行うことができるため、個人によるサロン経営は増加傾向にあります。

こういったサロンは地域に根差し、よりお客さまと近い距離で接することになるため、アットホームな雰囲気づくり、お客さまとの密なコミュニケーションが重要になり、とくに近年はサロンの増加、技術の進歩などにより、業界全体としてハイレベルな施術やサービスが求められるようになっていると同時に、質の高いエステティシャンの需要も高まっています。

日々変化していく美容業界ですが、安定した環境で働きたい場合には確かな知識を習得し、どこでも通用する技術を持ち合わせることが重要といえます。

AEA認定エステティシャンの独立について

エステティシャンは専門的な技術・知識を要する仕事ですが、それなりの経験を積むことで、比較的容易に独立開業することが可能です。

独立した場合の平均年収は500万円~数千万円とかなり幅がありますが、軌道に乗せればサロンで従事しているときよりずっと多くの収入を得ることが可能です。

AEA認定エステティシャン資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*