きものコンサルタント資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

「きものコンサルタント」とは、日本の代表的な民族衣装である着物に関して総合的なコンサルタントをおこなうスペシャリストです。この資格試験は、文部科学省および経済産業省が認可する公益社団法人の全日本きものコンサルタント協会によって実施されています。


きものコンサルタントは幅広い年齢層の男女が目指せる、着物に関して総合的なコンサルタントを行うスペシャリスト資格です。
きものコンサルタント資格取得者は他にもきものコンサルタントと呼ばれております。
きものコンサルタントの資格は「民間資格」です。

資格広場は、きものコンサルタントになるには?きものコンサルタントなるためには?きものコンサルタントになりたいを応援しております。

きものコンサルタントになるために必要な知識・受験資格

きものの素材やマナー、着装実技、指導能力などの問題が出題されますので、きものに関連した小物、きものに使われる素材の種類や知識、また服飾史の概要などの勉強が必要です。さらには仕立てや着装のポイント、きもののマナー、管理方法など、きものを扱う上での基礎的な知識が必要です。

きものコンサルタントの資格は「公益社団法人 全日本きものコンサルタント協会」が運営管理を行っております。

公益社団法人 全日本きものコンサルタント協会とは:
現在調査中

きものコンサルタント

きものコンサルタントってどんな仕事?(仕事内容など)

日本古来の美しい民族衣装として世界中で評価の高い着物。きものコンサルタントは、その着物の専門家として、専門的な知識と技術、そして優れたセンスを持っていることを認定する民間資格です。伝統文化を後世に継承するという文化的な意義だけでなく、資格を取得後、着物の専門家としての経験を積んで、着物教室を開催するなど、実益に活かすこともできます。なお、受験資格として実務経験または学習経験が必要です。

きものコンサルタント資格取得の為の勉強法

この資格を受験できる人には決まりがあるため、一般の資格よりも、資格取得までにかなり長い時間がかかります。資格を取得するには、資格の主催団体である(社)全日本きものコンサルタント協会の認定スクールで学ぶ方法があります。それには、着付け指導の実務(2年以上)を経験し、着付け教室などで220時間以上の教育を修了後、「きものコンサルタント」10級試験を受験。合格すれば、認定校でさらに6ヶ月の講習を修了後、卒業試験に合格して「きものコンサルタント」9級を取得します。その後はさらに上級試験にチャレンジしていくという手順になります。

きものコンサルタントの専門学校や通信講座について

準備中です。


きものコンサルタントの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

きものコンサルタントの資格試験料

試験料は7,800円となっています。

きものコンサルタント試験・検定の年間試験回数

年間の試験は1回で、10月の中旬頃行われます。

きものコンサルタント試験科目等の内容

<1次試験>(筆記試験)服飾史の概要、きものの種類、帯の種類、小物の種類、下着の種類、素材についての知識、調和美、仕立のポイント、着装のポイント、きもののマナー、きものの管理方法<2次試験>(実技試験)きものコンサルタント職務遂行上の実技、説得能力、指導能力、きものコンサルタントとしての演出能力。などが出題されます。

きものコンサルタント資格の難易度

試験全体を通して、きものの種類、帯および小物の種類、きものコンサルタント職務遂行上の実技など着物に関する問題が多いため独学ではちょっと無理があるかもしれませんが、受験資格を満たす条件を持っている方なら、比較的容易に資格取得できる内容と言えます。

きものコンサルタント資格の合格率

合格率などは公開されていませんが約90%程度と言われています。

きものコンサルタント試験の合格発表

現在調査中

国家資格バナー

PR



きものコンサルタント

きものコンサルタント資格取得後の就職先・年収・報酬相場

きものコンサルタント所持者の職業例

呉服店、着物問屋、着物メーカーなど。

きものコンサルタントに向いている人

着物が好きで、自分で着るのも好きという人に向いています。ただし受験の条件として、実務経験や一定時間以上の講習が求められるため、着物ファンの腕だめしとして気楽に挑戦できるような趣味の資格ではありません。あくまで実務重視の資格ですので、現在、着物関連の仕事をしている人なら、スキルアップのためにぜひチャレンジしてみたいところです。また、お客さんや生徒さんは女性が主ですから、男性よりも同じ女性のほうが、実務の上では有利と言えるでしょう。

きものコンサルタントと同じ分野の他の資格

ジュエリーコーディネーター検定、ファッション販売能力検定、ファッションビジネス能力検定、洋裁技術認定試験、和裁検定試験など。

きものコンサルタントの年収・給料相場

現在調査中

きものコンサルタントの現状

洋服生活が基本となった現代とはいえ、日本人の特に女性の場合、一度も着物に袖をとおさず一生を終える人は少数であり、「きものコンサルタント」の需要は意外と広範に存在します。しかしながら、着物はもう一種の礼服となっているため、成人式や結婚式といったイベントによって需要が大きく左右されてしまい、和装アドバイザー業務のみを商売にしてゆくのは難しいでしょう。

きものコンサルタントの将来性

国際化が進むなかで、日本文化である着物は海外で活躍できる可能性もあります。また、若い世代に再評価され、浴衣や着物がブームになっている面もあります。

きものコンサルタントの独立について

大手着物メーカーや問屋では、きものコンサルタントの知識を生かして、商品企画やイベント企画、営業の仕事に携わることができます。また、呉服店では販売や接客の仕事が主になります。結婚式場では、花嫁衣裳や参列者の留袖の着付けをする仕事があります。経験を積めば自分で着付け教室を開いたり、コーディネーターやアドバイザーなどとして独立することも可能です。

きものコンサルタント資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*