IBF国際メイクアップアーティスト認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

公開日:2018-07-10

メイクアップアーティストは、モデルやタレント、一般の人に対してメイクを行う専門職です。IBF国際メイクアップアーティスト認定試験は、メイクアップに関する知識や技術の基本を理解し、実際にメイクアップを行うことができるということをIBFが認定するもので、取得により活躍の場が広がります。


IBF国際メイクアップアーティスト認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、将来性のある資格です。
IBF国際メイクアップアーティスト認定試験資格取得者は他にもメイクアップアーティストと呼ばれております。
IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、IBF国際メイクアップアーティスト認定試験になるには?IBF国際メイクアップアーティスト認定試験なるためには?IBF国際メイクアップアーティスト認定試験になりたいを応援しております。


目次

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験になるために必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー

専門学校・通信学校を比較する

クライアントの要求に応えられるメイクアップの知識と技術力が必要です。

また、限られた時間で迅速かつ丁寧にメイクを施すスキルも必要になります。受けた要望をさらによい形で実現するための提案力や独創性があるとよいでしょう。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の資格は「IBF国際美容連盟」が運営管理を行っております。

IBF国際美容連盟とは:
IBFは国際的に活躍するメイクアップ関連アーティストやスペシャリストたちがリードして立ち上げられた、美容業界全体の発展・向上のための、公開・公平・自由参加型組織です。
各種ライセンス認定試験の実施やメイク・ヘアスタイル関連の業界最新情報の提供、研修会・講習会・各種セミナーの実施などの活動を行っています。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験は、メイクアップに関する知識、技術の基本を理解し、実際にメイクアップをすることができるということをIBFが認定するための試験です。

メイクアップアーティストとは、モデルやタレント、一般の人々に対してメイクアップを行う人のことです。
ヘアメイク専門のプロダクションやブライダルサロン、化粧品メーカーなどに勤務するほか、フリーランスで活動することもあります。

メイクアップアーティストになるために資格や免許は必須ではありませんが、資格取得により基準以上の技術レベルにあることが証明できるため、活躍の場を広げることができます。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験資格取得の為の勉強法

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の受験資格にIBFが指定する各スクール所定のカリキュラムを修了し、修了証書を有している者、とありますので、まずは指定スクールで学ぶことが必要です。

指定スクールには、IBF直轄校のほか、IBF法人認定校と呼ばれる美容系専門学校や短期大学など、IBF認定国際メイクアップアーティストインストラクター資格を有する専任講師が存在する学校法人、IBF認定校と呼ばれるIBF認定国際メイクアップアーティストライセンス専任講師が存在する法人認定校以外のスクールがあります。
スクールは日本だけでなく、NYなど海外にも存在します。

試験内容は公開されていませんが、スクールでの授業内容を身に着けることで、資格取得に近づくことができます。
実技試験に対応できるよう、しっかりとメイクの技術も磨いておきましょう。
スクールにて試験対策講座も行われているようですので、こちらの受講も有益でしょう。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の専門学校や通信講座について

メディパートナーバナー

専門学校・通信学校を比較する

メイクアップアーティストの専門学校一覧は「こちら」!
メイクアップアーティストになるためには専門学校で学ぶのが一番!日本全国のメイクアップアーティストの専門学校が一覧でまとまっています。気になる専門学校がありましたら、ぜひ気軽に資料請求してみてくださいね。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の資格試験料

受験料は10,800円です。
合格後の登録料として32,400円、年会費として12,960円が別途必要です。いずれも税込みです。
別途スクールの受講費が必要です。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験試験・検定の年間試験回数

年4回、1月、4月、7月、10月に実施されます。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験試験科目等の内容

筆記試験と実技試験が行われます。

受験方法は在宅受験か会場試験のいずれかで、在宅試験は試験問題が郵送されてきて在宅で受験し、提出期限までに解答用紙を提出するという方法、会場試験は試験会場で受験するという方法で行われます。

試験の内容は非公開ですが、指定スクールの授業の範囲から出題されるものと思われます。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験資格の難易度

難易度は不明ですが、スクールで学んだ内容を身に着けることで合格に近づけるでしょう。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験資格の合格率

合格率は公表されていません。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験試験の合格発表

在宅受験の場合、解答用紙の提出期限の3週間後に合否が郵送で通知されます。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験所持者の職業例

メイクアップアーティストとしてテレビや映画等に出演するモデルやタレント、俳優のメイクを手がける他、化粧品メーカーでビューティーアドバイザーとして活動したり、結婚式場、美容室などでメイクを担当したりします。
また特殊メイクを専門とするアーティストとして活動する人もいます。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験に向いている人

メイクやヘアスタイル、ファッションなど、美に関連する様々なことに興味がある人に向いています。
また流行や技術などは常に変化し続けるため、流行に敏感で好奇心旺盛、探求心や向上心があり、勉強し続けることができる人に向いています。

また、タレントや一般の人などのクライアントとの意思疎通が重要になってくるため、コミュニケーション能力がある人に向いているといえます。
立ち仕事が続いたり、重い荷物を運んだり等する必要があるため、基礎体力もあるとよいでしょう。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験と同じ分野の他の資格

JMA日本メイクアップ技術検定、MSOJ認定メイクアップ検定

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の年収・給料相場

化粧品会社、ブライダルサロンなどのメイク部門に就職した場合、平均年収は180万円~400万円程度のようです。

ヘアメイク専門のプロダクションに所属する場合、アシスタントなど、雑務中心の時期は月収10万円に満たないこともあるようですが、実力をつけていけば、年収400万円ほどになるようです。

フリーのメイクアップアーティストの場合の収入は実力次第ですが、売れっ子のメイクアップアーティストになると年収数千万円以上になることもあるようです。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の現状

テレビや映画、雑誌などのメイクアップアーティストの活躍の場となるメディアは多数あり、また結婚式場などの活躍の場も一定数ありますので、需要は安定しています。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の将来性

現状と同様メディアなどでの活躍が見込めるほか、怪我をした人の傷跡を隠すといったような需要にも応えることができる特殊メイクや、高齢者向け施設でのメイクセラピーと呼ばれるメイクを施すことによるセラピー効果などが注目されつつありますので、メイクアップアーティストの活動範囲は広がっていく可能性があります。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験の独立について

経験を積んだのちに独立することも可能です。
フリーで活動するためには、広い知識や技術を持つことはもちろん、人脈・信頼関係などを構築することが必要不可欠です。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験資格を所有している主な著名人

メディパートナーバナー

専門学校・通信学校を比較する

リンダ・メイソン

コメントを残す

*

*