ジェルネイル技能検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-07-10

ジェルネイルは、女性に爪にクリアな質感とツヤをもたらす技術で、ネイルサロンのメニューにおいては中心的な位置を占めるほどになっています。JNAジェルネイル技能検定試験は、そのジェルネイルをほどこすための技術や必要な理論を修得していることを証明する検定試験になります。


ジェルネイル技能検定試験は年齢制限はありませんの男女が目指せる、ネイリストならぜひ取得しておきたい資格です。
ジェルネイル技能検定試験資格取得者は他にもネイリストと呼ばれております。
ジェルネイル技能検定試験の資格は「民間資格」です。


資格広場は、ジェルネイル技能検定試験になるには?ジェルネイル技能検定試験なるためには?ジェルネイル技能検定試験になりたいを応援しております。

ジェルネイル技能検定試験になるために必要な知識・受験資格

ネイルケアやアートに関する基本的なスキルや知識・サロンワークで通用するネイルケア・リペア・チップ&ラップ・アートに関するスキルや知識・トップレベルのネイリストとして活躍できるスキルや知識が必要です。

ジェルネイル技能検定試験の資格は「NPO法人日本ネイリスト協会」が運営管理を行っております。

NPO法人日本ネイリスト協会とは:
NPO法人日本ネイリスト協会は、日本における健全なネイル産業の発展を目的として、1985年に設立されました。そして、ネイルに関する技能研修や資格認定などを通じて、ネイルの普及とネイリストの技能向上に努め、2006年4月には、それまでの20年の歴史を礎に、「特定非営利活動法人(NPO法人)日本ネイリスト協会」として活動が始まりました。NPO法人日本ネイリスト協会は、広く市民に対して、ネイルの関する技能講習や資格認定等を行う事で、ネイルの普及とネイリストの技能の向上を図り、また誰もが気軽に安心して楽しめるようネイルに関する最新情報を提供し、消費者保護とネイルビューティービジネスの健全な発展に寄与することを目的としています。

ジェルネイル技能検定試験

ジェルネイル技能検定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

ネイリストの仕事とは、ネイルの専門技術を駆使して、お客様の爪や手を美しく見せるためにさまざまな手入れを行うことです。ジェルネイルのネイルアートは立体的なデザインを施す3Dアートやラインストーンなどで華やかなデコレーションを施すもの、実際に筆で手書きの模様やイラストを描いたりするものがあります。

ジェルネイル技能検定試験資格取得の為の勉強法

通信講座・スクールに通うなどの方法があります。

ジェルネイル技能検定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

ジェルネイル技能検定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ジェルネイル技能検定試験の資格試験料

ジェルネイル技能検定試験には初級・中級・上級の3段階あります。初級の検定試験料は9720円、中級の検定試験料は12960円、上級の検定試験料は16200円となっています。

ジェルネイル技能検定試験試験・検定の年間試験回数

年2回

ジェルネイル技能検定試験試験科目等の内容

ジェルネイル技能検定試験には初級・中級・上級の3段階あります。初級の試験内容は、実技試験と筆記試験となります。まず初めに行われる実技試験は、第1課題と第2課題に分かれています。第1課題は、両手10本にネイルケアを35分以内に行います。第2課題では左手、右手にそれぞれポリッシュカラーリングとジェルカラーリングを行います。ジェルを施した右手の中指にはピーコックというジェルアートを施します。その後は、ネイル、ジェルネイルに関する基礎知識に関する筆記試験があります。中級試験の前のモデルの手には、右手にはネイルケアを済ませた後にジェルカラーリングを施し、左手5本はネイルケアもカラーリングも何も行っていない状態で行かなければいけません。この状態から第1課題がスタートします。第1課題では左手のみに、ネイルケア、ポリッシュでのカラーリングを行い、右手については何も施術しません。第2課題では、右手のジェルをオフし、中指にはジェルでのイクステンション(クリアスカルプチュア)の施術を行います。中級課題でのカラーは単一に塗るのではなく、右手の4本指にはジェルカラーグラデーション、左手5本のネイルカラーはオフをします。その後、ジェルフレンチカラーリングを施します。筆記では、ネイルに関する基礎知識とジェルネイルに関する基礎知識・理論から問題が出題されます。上級試験の内容は85分の実技試験のみとなります。試験では、右手の人差し指と中指にジェルクリアスカルプチュア、右手薬指にはジェルチップオーバーレイ+テーマに沿ったデザインを行い、左手中指にはジェルチップオーバーレイ、左手薬指にはジェルチップオーバーレイ+フレンチルックです。

ジェルネイル技能検定試験資格の難易度

初級は難易度はそんなに高くありません。中級は初級の合格者のみで難易度は少し高めです。上級は難関です。

ジェルネイル技能検定試験資格の合格率

合格率は初級で約70%、中級で約60%、上級では約45%です。

ジェルネイル技能検定試験試験の合格発表

合格発表は試験日から1ヶ月ほどでハガキにて送付されます。また、日本ネイリスト協会のホームページからでも合否の確認ができます。

ジェルネイル技能検定試験

ジェルネイル技能検定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ジェルネイル技能検定試験所持者の職業例

ネイルサロン・自宅サロン

ジェルネイル技能検定試験に向いている人

ジェルネイルなどのネイルの技術は日々進化していて流行りも変わり続けています。そのような中で、ネイリストはプロになってからも練習を怠らず技術を磨き続けることが必要になります。その時のトレンドやネイル業界の情報にもアンテナを張って日々研究を重ねることがとても大切です。また、より魅力的なデザインも手がけられるように、色々な芸術作品や雑誌などのはやりを見て感性を磨き、ファッションの感度を磨いておくことも重要です。日々の研究や努力を怠らずにできるくらいにネイルが好きで、味を持ってとことん突き詰めていけるような人がネイリストに向いているといえます。

ジェルネイル技能検定試験と同じ分野の他の資格

アイリスト・エステティシャン・メイクアプアーティスト・スタイリスト・美容部員・カラリスト

ジェルネイル技能検定試験の年収・給料相場

大手チェーン店から小さな個人店まであり、勤務エリアや経験、スキルによって給与水準は異なりますが、正社員の場合は15万円~20万円からスタートするのが一般的なようです。年収にすると300万円程度となり、スタートはすごくよいというわけではありません。

ジェルネイル技能検定試験の現状

ネイルアートは若い女性を中心に人気が高く、洋服や髪型にお金をかけるのと同じくらい、ファッションの一部として一般化してきています。ネイル産業はまだまだ活発な状態であり、ネイリストの求人募集も多く出ています。未経験でもアルバイトなどから採用してくれるサロンもありますから、これから目指す人にとってもチャンスは広がっているといえます。

ジェルネイル技能検定試験の将来性

ネイルサロンの数が増えていくなかで価格競争がうまれ、サービス料金が低価格化していく傾向にあります。また、自分自身で気軽にネイルアートが楽しめるジェルネイルキットなどのアイテムも続々と登場しており、わざわざネイルサロンに行かずに、自分でネイルをするほうが気軽で安くですむと考えている人も増えてきています。そのような状況下においては、いかにお客さまに満足してもらえる技術を提供できるか、質の高いサービスができるかが勝負になってきます。価格だけを低価格にして、いい加減にやっている店は減衰し、オリジナリティあるサービス、制限があるなかでもきちんとした「本物」のサービスを提供するサロンだけが生き残れる時代がやってくると考えられます。ネイリストは特別な技術を要する仕事だからこそ、ネイリスト自身はプロとしての高い意識を持ち、一人ひとりのお客さまときちんと向き合う気持ちが欠かせないといえます。

ジェルネイル技能検定試験の独立について

まずはサロンで働き、お客さまからの指名を増やし、自分の売上を伸ばしていくことが一番の近道です。技術を向上させたり、つねにセンスを磨く努力をして、常連のお客さまにも満足してもらえるような心がけが必要です。また、ネイルの施術を行うときは、お客さまとマンツーマンで一時間ほど対峙している状態です。会話をはずませてコミュニケーションをとったり、後日お客さまに感謝の気持ちをこめたダイレクトメールを送ったりと、ちょっとした心遣いをすることもポイントです。そういった地道な努力を積み重ねていくことと、絶えず技術を磨き続けていくことに力を注げば、徐々にでも稼いでいけるようになるはずです。自分に自信がついたら独立・開業しやすいといえます。

ジェルネイル技能検定試験資格を所有している主な著名人

堀越のり(タレント)

コメントを残す

*

*