今話題のスピリチュアル・セラピスト系資格4選をご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2018.09.18

公開日:2018.09.18

スピリチュアル系資格

今回は、スピリチュアル・セラピストの指導者を志している方のために、今話題のスピリチュアル・セラピスト系資格4選をご紹介します。興味のある方は是非参考にしてください。


有名人やモデル、またSNS等の影響を受けて美容や健康を気にかける人も少なくないと思います。風水やヨガなどのスピリチュアル療法やセラピーを用いて、快適な日常生活を送り、身体の外側だけでなく心身の内側から美しくなることを目指す女性は特に多いと思います。

スピリチュアル・セラピスト系資格1:スピリチュアルカウンセラー

スピリチュアル系資格

スピリチュアルカウンセラーの仕事は、日常生活に何か問題を抱えている方や、心の中に不安や悩みを抱えている人に対して、霊的な能力を駆使してそれらを一緒に解決します。
スピリチュアルカウンセラーという職業は一般的にはあまり認知されていないため、「なんだか胡散臭い」、「怖い」などといったネガティブな印象をお持ちの方もいると思います。

しかしスピリチュアルカウンセラーは専門的な知識やスキルを用いてスピリチュアルな存在、つまり守護霊や指導霊からの伝言を受け取りそれをクライアントに伝えることによってその人が抱えている悩みや不安の解決を手伝います。

スピリチュアルカウンセラーになるには

スピリチュアルカウンセラーになるには特別な資格はいりませんが、素人が突然就ける職業ではありませんし、たとえ霊的な力を持っていたとしてもカウンセラーの知識が必要になります。
そのため、一般社団法人日本スピリチュアルカウンセラー協会主催の養成講座を受講し、認定資格を取ることをオススメします。

一言にスピリチュアルカウンセラーと言ってもカウンセリング方法によってその種類はいくつかあり、その人の前世やオーラを見る療法、心理療法、瞑想療法など自分に適している分野の知識とスキルを身に着けましょう。

スピリチュアル・セラピスト系資格2:ヨガインストラクター

スピリチュアル系資格

特に女性の間で圧倒的な人気のあるヨガ。
美容やダイエットのためにヨガを始める人が多いですが、ヨガ本来の目的というのは古代インド発祥の伝統的な宗教儀式に習って精神統一を図り、健全な心身の鍛錬をすることです。

ヨガインストラクターの仕事は基本的なヨガのポーズや呼吸法などの知識に加えて、シェイプアップやダイエット、美容といったニーズに合わせた指導を行います。

スポーツジムのスタジオやプライベートレッスンなど指導法のスタイルはヨガインストラクターによって異なりますが、レッスン中は常に生徒に気を配りながら安全で正しい方法でできているかチェックする必要があります。

ヨガインストラクターになるには

ヨガインストラクターになるには特別な資格がなくても独学でスキルや知識を身に付け、インストラクターとしてヨガ教室を始めることが可能です。しかし、多くの芸能人やモデルさんの影響でヨガインストラクターは大変人気のある職業のため、いかに多くの生徒を集めるかがビジネス成功のカギになります。
そのためにも正しい知識、指導スキルを身につけるために民間の資格を取得することをオススメします。

ヨガインストラクターの資格取得方法はいくつかありますが、アメリカヨガ協会認定の全米ヨガアライアンスが最も有名な資格です。
協会指定のヨガスクール等で講座を修了すればヨガインストラクターの認定書を受け取ることができます。

>>ヨガインストラクターを目指す方はこちら

国家資格バナー

PR


スピリチュアル・セラピスト系資格3:アロマセラピスト

スピリチュアル系資格

アロマセラピストの仕事は、天然の植物などから抽出したエッセンシャルオイルや植物エキスの香りを用いて、心身をリラックスさせ、ストレスや疲れを取り除き健康的な生活に導きます。
アロマセラピストはあん摩マッサージのように直接患者の身体に触れることなく、植物の抽出液の香りによるヒーリング効果によって施術を行います。

アロマオイルは市販でも手に入れることができ、自宅でもアロマセラピーを行うことは可能ですが、個人の体調や体質に適したアロマオイルをブレンドするプロフェッショナルなスキルと知識がアロマセラピストには求められます。

アロマセラピストになるには

アロマセラピストとして働くには特別な資格は必要ありません。
アロマセラピストになるためには素人が各サロン等で働きながらスキルを身につけていく方法もありますが、患者を相手にする職業である以上正しい知識が必要になります。
国際的にも最も有名なアロマセラピストの民間資格であるIFA(国際アロマセラピスト連盟)認定アロマセラピストの資格がオススメです。

連盟指定のサロンや養成学校等でアロマセラピーに関する基本的な知識からアロマオイルのブレンドの仕方や実際の施術方法まで幅広く学ぶことができます。
資格取得後は美容サロンやホテル、医療機関等に就職するのが一般的ですが、キャリアを積めば個人で開業することも可能です。

>>アロマセラピストを目指す方はこちら

スピリチュアル・セラピスト系資格4:心理セラピスト

スピリチュアル系資格

心理セラピストの仕事は、心理学の知識を基盤にした心理療法や心理技術によって、精神的な問題を抱えている方、ストレスによって体調が優れない方のサポートを行います。

心理カウンセラーとの違いは、ただ悩みや不安を聞いてアドバイスするカウンセリング療法だけでなく、アート療法、アロマセラピー、音楽療法といった様々な療法を用いて、人間がもともと持っている正常で健康な心理状態への回復を促します。
そのため、患者一人にあった最適な療法で施術を行う専門的な技術を必要とする職業です。

心理セラピストになるには

日本国内において心理セラピーや心理カウンセリングは医療行為とみなされていないため、心理カウンセラーになるための特別な資格はありません。
しかし、時には複雑な心的問題を抱えてた患者の療法を行うケースも少なからずあるため、各民間団体が行っている認定資格等を取得することをオススメします。

独学で目指すのであれば、心理セラピスト、心理カウンセラーの基礎となる心理学の知識は最低限身につけた上で、各サロン等で働きながらスキルを磨きましょう。


今話題のスピリチュアル・セラピスト系資格まとめ

今回紹介したスピリチュアルカウンセラー、ヨガインストラクター、アロマセラピスト、そして心理セラピストはいずれも特別な資格がなくても各分野の職業に就くことは可能です。
しかし、プロとして活躍して行くためには専門的な知識とスキルが必要不可欠になるので、各民間団体が行っている認定試験や検定試験を受けることをオススメします。

コメントを残す

*

*