キャリアアップにオススメのエステ系の資格 職業詳細や取得方法は?

masman

by MATSUZAWA

更新日:2018.10.10

公開日:2018.10.10

エステ系の資格

今回はオススメのエステ系の資格4選について紹介します。すでにエステティシャンとして実務経験のある方やそうでない方も目指すことができるエステ系の資格の職業内容や取得方法についても詳しく取り上げているので興味のある方は是非参考にして下さい。


一言にエステと言っても施術方法や施術部位によってその種類は様々で、エステティシャンに必要とされる技術も異なります。

エステティシャンという職業を通して、顧客の美容や健康に貢献することはご自身の意識改革にもつながります。

転職やキャリアアップしたい方にオススメのエステ系の資格の中には、全くの初心者でも資格取得を目指すことができる資格があります。

オススメのエステ系の資格1:AEA認定エステティシャンの職業詳細

エステ

AEA認定エステティシャンとは、一般社団法人日本エステティック業協会が認定する民間エステティシャンの資格です。

未経験者などエステ業界にはじめての参入する方がキャリアスタートやエステ業の基礎的な知識や技術を取得することを目的としたエステ系の資格がAEA認定エステティシャンです。

日本国内の全てのエステ系の資格は民間資格であることから、この資格がなくても実際に現場で働くことは可能ですが、AEA認定エステティシャンの資格を所有していることでエステ業という専門的スキル・知識が必要される職業において、自らの能力を証明する材料となります。

そのためエステ系の資格のよりハイレベルな資格を目指す方、そうでない方でもご自身のスキルアップ、キャリアアップにつなげるために是非AEA認定エステティシャン資格の取得を目指しましょう。

AEA認定エステティシャンになるには?資格取得方法

AEAエステティシャンになるには大きく分けて2通りの資格取得方法があります。

1つ目は当協会が指定する専門学校やエステティシャン養成学校など指定校にてカリキュラムを履修し、修了後に学内実技試験、そして全国一斉の筆記試験を受けます。
2つ目は実際にエステサロンなどでエステティシャンとしての実務経験のある方を対象とした取得法で、筆記試験合格後に各主要都市で実施される実技試験に合格し資格取得を目指します。

>>AEA認定エステティシャンの資格目指す方はこちら

オススメのエステ系の資格2:Ajesthe認定ボディエステティシャンの職業詳細

Ajesthe認定ボディエステティシャンとは、一般社団法人日本エステティック協会が行っているAjesthe認定資格制度の一つです。

当資格では、様々な施術法のあるエステの中でボディエステティシャンを志す方が専門的な技能を身に付けるための資格となっており、衛生面や安全面を考慮したボディエステとボディケアの基礎知識が問われます。

ボディエステとは主に2種類あり、身体のツボやリンパを刺激することによって発汗作用を促し、血流を良くすることによってシェイップアップなどダイエット効果を目的にしたものと、専用のオイルやアロマなどを用いて施術を行い身体のリラックス効果を目的とするものがあります。

Ajesthe認定ボディエステティシャンの資格取得目指すことによって基本的なボディエステのスキルはもちろんのこと、健康的な食生活や運動などのアドバイス方法についても学ぶことができます。

Ajesthe認定ボディエステティシャンになるには?資格取得方法

Ajesthe認定ボディエステティシャンになるには、当協会が主催している認定試験に合格する必要があります。

認定試験の受験資格は、エステティック業にて実務経験のある方、もしくはエステティックに関する勉強をされている方であれば誰でも受験可能です。
試験概要は四肢択一のマークシート形式になっており、満点中7割以上の得点で合格できます。

>>Ajesthe認定ボディエステティシャンの資格目指す方はこちら

国家資格バナー

PR


オススメのエステ系の資格3:Ajesthe認定フェイシャルエステティシャンの職業詳細

アロマ

Ajesthe認定フェイシャルエステティシャンとは、同じく一般社団法人日本エステティック協会主催のエステ系認定資格の一つです。

フェイシャルエステティシャンの主な仕事内容は、年齢の増加や老化によって引き起こされる肌のたるみや肌ツヤの衰えなどの改善、また小顔効果やシェイプアップも見込める施術も行います。

フェイシャルエステティシャンという職業には施術に関する技能はもちろんのこと、特に女性の方の多くの方が気にされるシミや乾燥、毛穴の黒ずみなどお顔の肌に関するトラブルを解決するための食習慣の見直や、スキンケアに関するアドバイスをするための豊富な知識も必要とされます。

Ajesthe認定フェイシャルエステティシャンになるには?資格取得方法

Ajesthe認定フェイシャルエステティシャンになるには、当協会の主催の認定試験に合格する必要があります。

試験概要や受験資格はAjesthe認定ボディエステティシャンの試験同様、マークシート形式の試験で満点中70%が合格点となっております。
年3回東京・大阪・福岡などの主要都市で行われる試験は団体で申し込むことによって個人受験よりも安い値段で受験することができます。

>>Ajesthe認定フェイシャルエステティシャンの資格目指す方はこちら

オススメのエステ系の資格4:Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの職業詳細

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーとは、エステティシャンとしてのプロフェッショナルとして、一人ひとりの顧客の要望に応えられる施術・カウンセリングスキルはもちろんのこと、指導者としてエステティシャン教育に携わる職業です。

通称TEAとよばれるトータルエステティックアドバイザーは、日本エステティック協会のエステ系の資格において最難関の認定資格です。

そのため、エステティシャンとして十分なスキルと知識、そしてキャリアのある方を対象としています。
この資格を持っていることで、サロンで働く人材教育や指導に貢献できるだけでなく、独立開業をする際もエステティシャンとしての実力を証明するものとなります。

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーになるには?職業詳細や取得方法

Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーになるには、当協会主催の認定試験に合格する必要があります。

エステ系の資格の最難関ということもあって、誰もが受験できるわけではなく、上級エステティシャンの資格取得後にサロンでの施術・顧客管理など2年以上の実務経験のある者しか受けることができないので注意しましょう。

主な試験内容は、実際のエステ施術に関連する皮膚科学や解剖生理学についての職業知識が問われる筆記試験と、接客やクレーム対応の正確な仕方・知識が問われる実技試験に分かれております。

>>Ajesthe認定トータルエステティックアドバイザーの資格目指す方はこちら


オススメのエステ系資格まとめ

以上で4つのエステ系の資格について、それぞれの職業詳細や取得方法について紹介しましたがいかがでしょうか。

最初に紹介したAEA認定エステティシャンの資格は、エステ業界に興味のある方、未経験の方でも気軽に資格取得が目指せる資格になっております。

すでにエステ業にて実務経験のある方、エステ業界に就職・転職を考えている方は、スキルアップやキャリアアップのためにトータルエステティックアドバイザーなどハイレベルな資格取得を目指すことをオススメします。

コメントを残す

*

*