資格の勉強前、聴く音楽「モーツァルト」vs「ベートーベン」どっち?

アバター

by 源 アイーダ

更新日:2018.09.06

公開日:2017.02.23

資格の勉強は、順調ですか?勉強に集中できない人は、リラックスできる音楽を聴いてから、脳の状態を完璧にして、勉強をスタートしましょう。音楽を聴いた後は、集中力が持続して、学習能力がアップするんです。けど、どんな音楽が良いんでしょうか?イタリアのローマ・ラ・サピエンツァ大学が行った実験データを紹介します。


資格の勉強は、順調ですか?勉強に集中できない人は、リラックスできる音楽を聴いてから、脳の状態を完璧にして、勉強をスタートしましょう。音楽を聴いた後は、集中力が持続して、学習能力がアップするんです。けど、どんな音楽が良いんでしょうか?イタリアのローマ・ラ・サピエンツァ大学が行った実験データを紹介します。

音楽が勉強前に効果があるって本当?

Woman listening to music音楽を聴いて、元気になったり、モチベーションが上がったりした経験ありませんか?失恋の後に聴いて、悲しみを癒したり、好きな音楽と一緒にランニングしたり、音楽には様々な効果があります。もちろん、勉強の効率を上げてくれる音楽も存在します。

勉強しながら音楽NG!

勉強をしながら音楽を聴くと、楽しい気持ちになりますが、歌詞がついている曲ならついつい歌ってしまったり、他の曲を聴きたくなったりして、勉強だけに集中できませんよね。

それでも、音楽を聴きながら勉強したいですか?

勉強中に、音楽を聴くのが当然になっていると、資格試験や他の試験中には、音楽はありません。自宅でできていたことが、試験会場ではできなくなるので、音楽を聴きながら勉強するのは控えましょう。

勉強に音楽を取り入れるなら?

強をスタートする前に聞きましょう。勉強前に、ゆっくりした音楽を選んで(クラッシックなど)、好きなお茶を飲みながらリラックスできるような環境を作りましょう。脳がリラックスした状態で勉強をスタートすると、いつもよりも集中力が続きますよ。

music-notes-papers_GyzSVDYu

勉強前に集中力を上げるには、クラッシック音楽が効果的です。クラッシック音楽と言ったら、「モーツァルト」や「ベートーベン」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。学校の音楽のクラスで必ず耳にするので、名前は知らなくても、絶対に聴いたことがあると思います。

<モーツァルトの有名な曲>

『ピアノソナタ第16番(第15番)ハ長調 K.545?』(ピアノソナタだい16ばんはちょうちょうケッヘル545、Klaviersonate Nr.16 C‐dur)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した3楽章からなるピアノソナタ。このピアノソナタは、モーツァルトが自作の作品目録に1788年6月26日の日付とともに「初心者のための小さなソナタ」と記しており、ソナチネアルバムにも収められていることからピアノ学習者にはおなじみの曲となっている。また、ノルウェー作曲家エドヴァルド・グリーグによる2台のピアノのための編曲もある。<引用元:ピアノソナタK.545

<ベートーベンの有名な曲>

交響曲第5番 ハ短調 作品67(こうきょうきょくだい5ばん ハたんちょう さくひん67)はベートーヴェンの作曲した5番目の交響曲である。日本では一般に「運命」と呼ばれ、クラシック音楽の中でも最も有名な曲の1つである。<引用元:ベートーベン『運命』

資格の勉強前、聴く音楽「モーツァルト」vs「ベートーベン」どっち?

Man, very cute child and music

クラッシック音楽を勉強前に聴くなら、モーツァルトとベートーベンはどちらが良いのでしょうか?どちらもクラッシック音楽ですが、その違いをイタリアにあるローマ・ラ・サピエンツァ大学(Sapienza ? Universit? di Roma)がリサーチを行いました。

実験方法

3つのグループに、モーツァルト『K448の第一楽章(Allegro con spirito)』とベートーベンの『エリーゼのために』を聴いてもらて、脳波の計測しました。

グループ1
平均年齢33歳の健康な10人

グループ2
平均年齢85歳の健康な10人

グループ3
平均年齢77歳で軽度の認知症がある10人

結果

モーツアルトの曲を聴いた後、グループ1平均年齢33歳の健康な10人)グループ2(平均年齢85歳の健康な10人)で記憶力、認知能力、問題解決能力に関する脳波が増加していましたが、ベートーベンの曲を聴いた後は脳波に変化が見られませんでした。

グループ3(平均年齢77歳で軽度の認知症がある10人)では、モーツアルトの曲を聴いても大きな変化は見られませんでした。

理由

モーツアルトの曲は、メロディーの繰り返しが多く大きな抑揚があまりありません。これに対して、ベートーベンは激しい抑揚と不規則なリズムが特徴的です。リラックスを目的にするなら、モーツアルトの音楽が効果的だと言えるでしょう。

まとめ

Young woman listening to music

・集中して勉強したいなら、勉強前に音楽を聴きましょう。

・クラッシック音楽にしましょう。

・モーツアルトを聴きましょう。

この3つがポイントでした。

 

資格を取りたいと思ったら、短期間で短時間の濃い勉強時間を作るようにしましょう。だらだらと勉強するよりも、勉強前にティータイムを作りリラックスした状態で、音楽を聴いて、アナタの勉強を加速させましょう。

Aida Minamoto

【参照元】

?Listening to Mozart can boost your memory

 

 

コメントを残す

*

*