専門学校・職業訓練校に通うメリットはあるか?経験者に聞いてみました

masman

by yuyaishii

更新日:2018.09.06

公開日:2017.02.27

今回は専門学校・職業訓練校についてアンケート調査を致しました。 在学経験者に、たくさんの質問をしていますので、参考にしてみて下さい。 まずは、専門学校と職業訓練校について、おさらいしてみましょう。 目次1 専門学校2 職 […]


今回は専門学校・職業訓練校についてアンケート調査を致しました。
在学経験者に、たくさんの質問をしていますので、参考にしてみて下さい。
170a0877e3fd8bc746c0cd0fab083ca1_s
まずは、専門学校と職業訓練校について、おさらいしてみましょう。

専門学校

1年以上~長いところで4年制という在学期間で専門分野を学ぶ学校機関です。
基本的に年齢制限を設けている学校はほとんどありませんので、いくつからでも入学可能です。
好きなものに多くの時間を費やすことができる上、スキルアップもできるというメリットの反面、入学前のイメージと違う、自分のレベル以下だ、入学後に好きではなくなってしまったなど、学校とのミスマッチがあった場合は致命的です。
特に専門学校の場合は入学金も高額であり、卒業までに数年間の時間も要しますので、現実的な問題も出てくるでしょう。
実際に専門学校では、学費の問題で進級できない、出席日数が足りない等の理由で退学してしまう人が少なくないのも事実です。
好きなことを学べるというのは、これ以上無いメリットですが、逆に嫌いなことに、時間とコストを掛けるというのは、後の人生に影響してしまうくらいの大問題になりかねません。
そのようなことが無いように、体験入学や学校見学なども利用し入学前に充分検討を重ねることが大切です。

職業訓練校

求職者や失業者、スキルアップを望む在職者に向けて、再就職やキャリアアップを目指すための知識、技術を身に着けられるような職業訓練を行う、国が支援する学校を指します。
職業訓練校は、職業能力開発促進法において、各都道府県に設置が義務付けられています。
学生を除いて、求職中であれば、誰でも受講の資格があり、雇用保険を受給中の方であれば、失業保険を受けながら学校に通うこともできます。
基本的に、公共職業訓練受講には、入学金、授業料などはかかりません。
ただし、テキストや作業服等が必要となる場合には実費となり、受講期間が長くなる場合等には、授業料が発生するケースもあります。
学校に通う交通費や検定料等は実費ですし、失業者にとっては、これらの負担が少額とは言えない場合もあるでしょう。
コースや学校によっては、出席義務が設けられており、学習量が多く、難易度が高いという講座もあります。
職業訓練のために生活自体を圧迫してしまうということも起こりえますので、メリットばかりではないのも事実です。

専門学校・職業訓練校に関するアンケート結果

Q.専門学校・職業訓練校に通っていた経験はありますか?

image(1)
文科省が発表している学校基本調査でも、高校卒業者の専門学校進学率は16%前後で推移していますので、ランダムに統計を取ると、このようなパーセンテージになるのも、頷けます。

28.3%の方が、どのような分野を学んでいたのか見てみましょう。

Q.通っていた学校はどんな学校ですか?

image(2)
一番回答者が多かったのはパソコン関連の学校。
IT技術者需要が常に高い現在、やはりパソコン関連の学校に通う人は多くなっていますし、学校の数も増え続けていますので、納得の結果ですね。
二番目に多かったのが介護、福祉系の学校でした。
こちらの需要の高さは、言うまでもありませんが、ITよりもはるかに深刻化していますよね、高齢化社会がもたらす介護職員不足の問題などからみても、今後、介護職員を求める現場が減ることは考えにくいでしょう。
同数で二番目に多かったのが語学学校でした。
グローバル化が進む社会で、多国語を理解できるというのは、大きな武器であり、もう少し時代が進めば必須スキルとなるものがでてくるかもしれません。
日本語使用禁止の学校などもありますので、やはり反復的に学べる専門学校という環境が語学習得には適しているという見かたも多いでしょう。

回答数が多かった他の分野も、上位にカウントされるものは、人気職業や人気業種が多く、どれも技術や知識需要が高いものでした。

さて、学校を出ただけでは、意味を成さないのが社会の構造です。
次の質問に移りましょう。

Q.学校で学んだことは役に立ちましたか?

image(3)

専門学校・職業訓練校で学んだ知識は後の人生で役立つ

72.4%の方は学校で学んだ知識が役に立っていると回答されました。
やはり自分の好きな分野、目標とするものがあって、入学するケースが多いでしょうから、卒業後の満足度はたかくなるのかもしれません。
専門学校、職業訓練校の特性として、大学で幅広い分野を学ぶよりも、狭く深く学べるという点があげられますので、それだけ知識や技術量が上がると言ってもいいでしょう。

専門学校・職業訓練校で学んだ知識が役立たない場合もある

やはり経験に勝る知識なしといったところなのでしょうか。
26.1%の方は役に立たなかったと回答されていますね。
学校で専門分野を学んでも、その道に進まない、全く別の業種へ就職するという人は少なくありません。
確かに就職活動で有利になるのは、専門分野だけになりますので、学校で学んだ知識や、技術、資格などを活かそうと考えた場合には、選択肢が狭まるということは否めません。
但し多くの学校では、企業のバックアップを受けていたり、強いコネクションを築いているというケースがありますので、それらの企業への就職を目指すには、メリットを得られる場合もあるでしょう。

アンケート結果を踏まえて

Experts Word Showing Expertise And Consultants
専門学校、職業訓練校に通うメリット、デメリットはさまざま見えましたが、重要なのは学んだ知識や技術を生かせるかどうかというところにあると感じました。
いくら好きなことを学んでも、得意分野を追及しても、後の人生において、その成果を活かせる場所がないということになってしまっては問題です。
学校に入るのに年齢制限がないというのは大きな特性ですから、再勉強してみるということも可能です。
将来のビジョンをしっかり持って、計画的に学校に通い、修了後に学んだものを活かせる業種で働く、そんな理想を実現できれば、学校での時間がかけがえのない財産となるでしょう。

コメントを残す

*

*