親が抱える子供の英語教育における問題点と、おすすめできる英語教室

資格広場では、国家資格や職業の情報以外にもこのような習い事に関する情報も公開して参ります。ここでは、小さいお子様を持つ保護者や親御さんが持つ悩みの一つである「お子様の英語教育」に関して、現代社会の情勢をふまえた上での英語教育の問題点やこれからの子供英語教育の在り方について紹介していきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お子様の英語教育に関しての現状やオススメの英語教室をまとめてみました。

資格広場では、国家資格や職業の情報以外にもこのような習い事に関する情報も公開して参ります。ここでは、小さいお子様を持つ保護者や親御さんが持つ悩みの一つである「お子様の英語教育」に関して、現代社会の情勢をふまえた上での英語教育の問題点やこれからの子供英語教育の在り方について紹介していきます。

近年、グローバル化や外国人観光客の増加によって、日本にいても英語に触れる機会が多くなってきましたね。特に2020年の東京オリンピックを控え、各産業界だけでなく小学校などの教育機関でも英語教育が活発になってきました。そこでこのページでは、主に小学生低学年から中学生の現在の英語教育の現状について紹介し、その問題点やこれからの子供英語教育に焦点を当てながら考えていきます。

こんな悩みを抱えてませんか?

通わせたいけど高額…子供英語教育の問題点

現代の一般的な小学生事情を考えてみると、スイミングスクールや塾や習い事など、学校以外で何かの活動をするということが当たり前になってきましたね。特に教育熱心な親御さんなどは、ほぼ毎日、自分の子供に習い事をさせている方も少なくありません。そのような習い事の中でほとんどの子供が通っているのが英語教室です。しかし、子供向けだからといって、英語教室の月々の授業料は他の習い事と比べて比較的高額になってしまうが一般的です。英語教育は必要!と認識している親御さんはたくさんいますが、その高額な授業料が悩みの種です。

実際にネット上にも子供の英語教育に関する金銭面以外の悩みをたくさん見かけます。

ここでは、一部yahoo知恵袋の投稿をご紹介いたします。

Yahoo知恵袋で投稿されている英語教室に関する悩み

・『今、小学校4年生の子供に英語を教えようと考えています。塾なども考えたのですが、金銭面的、子供の学習意欲などの理由から家で教えようと考えました。
minamidukiakiraさん)

・『プリスクールに通えば話せるようになるの?子供を少し家から遠いプリスクールにいれるか上のこと同じ日本語の幼稚園にいれるか悩み中。』
aisudainさん)

※yahoo知恵袋より抜粋

このように、自分のお子さんの英語教育に関して、悩みや不安を抱いている親御さんは少なくありません。特に多かったのは金銭面に関する悩みと、英語教室に通っても本当に英語ができるようになるのかという不安や、実際に通わせてる保護者の方からは今通っている英語教室で進歩が見られない。このまま通い続けるべきなのか?というのも英語教室の中には毎年同じカリキュラムで授業を行い、レベル別授業などを取り入れていない教室もあります。そもそも大手有名英語教室だとしても、教室に通い続けて英語を勉強する意味はあるのでしょうか。

ズバリ!これからの日本の社会情勢において英語は絶対に必要です!また英語学習のモチベーションを維持するためには英検などの資格習得にチャレンジすることが効果的です。

英検などの資格修得にもつながる子ども向け英語教室

一般的な英語の資格というと英検やTOEICなどがありますが、そのような資格は小学生などの子供の時から持っていた方が良いのでしょうか。冒頭でも述べましたが、東京オリンピックやグローバル化の影響で、日常生活に英語スキルが必要な機会が増えてきました。その英語スキルを測るための資格や試験が、高校や大学だけではなく幼児教育から小学校教育のような教育機関でも徐々に浸透してきています。

PR

結論から言ってしまうと、英検やTOEICなどの資格を持っていて損はないでしょう。というのも、例えば大学センター入試試験では、まもなく試験の形式が大きく変わり、特に英語科目では従来のリスニングやリーディングに加えて、より実践的な英語スキルが必要になります。また私立大学の中では英検資格所有者を優遇する試験方式を取り入れている大学も近頃増えてきています。そういった点から、子供の時から英語に触れ、英語学習のモチベーションを維持する為にもそれらの検定資格等を持っておくと将来役に立つ場面がたくさんあると言えます。

英検1級  ・・・大学上級程度
英検準1級 ・・・大学中級程度
英検2級  ・・・高校卒業程度
英検準2級 ・・・高校中級程度
英検3級  ・・・中学卒業程度
英検4級  ・・・中学中級程度
英検5級  ・・・中学初級程度

以上が公益財団法人日本英語検定協会が定めている各級のレベルの目安となっています。まずは自分の学年に相当する級の獲得を目指し、次はより高いレベルに挑戦してみてください。

上記のような悩みを解決するための英語教室をいくつか紹介します。

「英語脳」を鍛えて英語で英語を学ぶ。【AIC Kids 】

テレビCMや広告等でよく英語教室の案内を見ますが、たくさんありすぎて違いが良くわからない方や費用面、その教室の教育方針があまり理解できない方にはAIC kidsがオススメです。『小学生で英検?2級を目指す英語教室』がモットーであるAIC kids は主に幼稚園年長~小学6年生を対象に「英語が使える」以上のその先を目指しています。

AIC kids の大きな特徴の一つが「英語脳を育てる」ということに焦点を当てています。英語脳とは、英語を英語のまま、日本語を介さずに考える能力です。ただ一方的に授業を受けるのではなく、身体全体を使いながら動きと英語のフレーズを連結させることで、英語を英語のまま理解できるようになります。多くの英検合格者を輩出しているAIC kids に関心がある方は是非無料体験レッスンに参加してみてください。

公式HPはこちら

新たな英語学習指導要領にも対応!【ECCジュニア】

小学校などの教育機関では英語科目の学習指導要領が2020年度に大きく改正されます。新たに導入される内容は、読む・聞くだけの能力ではなくより実践的な英語スキルを身に着けるために話す・考えるを英語で行います。そのあたらしい学習指導要領にも対応した英語教室がECCジュニアです。

公式HPはこちら

将来大人になってからも使える英語を学ぶ。【COCO塾ジュニア】

いまの小学生などのお子さんが将来大人になるころには、日本と世界は今よりももっと繋がっています。そんなときに必要になるのが「使える英語」です。COCO塾ジュニアではお子さんの将来の可能性を広げるための英語学習をサポートする英語教室です。

公式HPはこちら

これからの子供英語教育の在り方とは

近年、急激に注目を集めている子供の英語教育。グローバル化の発展とともにこれからますます日本国内においても英語に触れるという機会が増えてきます。そんな中、小学生などの子供をもつ親御さんは、自分の子供の英語教育に以前よりも関心を持つようになってきています。しかし、英語を習わせたいけど様々な理由でためらっている方もいると思います。そんな方は以上で紹介した英語教室 AIC kids を参考にしてみてください。

コメントを残す

*

*