IT企業への就職に強いプログラミング系資格ランキング

masman

by matsuzawa_hiroba

最終更新日:2018.08.02

公開日:2018.07.20

今回はIT系企業に就職する際にあると有利なオススメのプログラミング系資格ランキングをまとめました。情報化社会が進む中、専門スキルや資格を持っていることで就職や転職する際に有利になる場合があります。是非参考にして下さい。就活中の大学生の皆さんや、IT企業への転職をお考えの方に必見です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


sponsored link

資格を持っていることで有利にIT系企業に就職できる理由とは?

IT系企業は「年収が高そう!」「カッコいい!」などが一般的なイメージですが、情報化社会が進む現代ではあらゆる業態の企業やビジネスシーンで情報技術が活用されているため、業界内の需要も高まり、各企業ではより優秀でスキルのある人材を確保しようと競争率も高まっています。

そのためこれから就職活動を始める方、もうすでに始めている方、もしくはIT系業界に転職を考えている方にとってIT・プログラミング関連資格を持っていることで有利に就活・転職活動を進められるというメリットがあります。

そこで今回は、IT企業に就職の際にあると有利なオススメのプログラミング系資格ランキングの1位~4位を発表します。是非参考にして下さい。

IT系企業就職に有利なプログラミング資格1位 C言語プログラミング能力認定試験

情報処理能力認定委員会が毎年行っているC言語プログラミング能力認定試験の試験概要や特徴、難易度について紹介します。

C言語プログラミング能力認定試験の特徴や難易度

C言語とはプログラミング用語の中でも特に認知されている言語の一つで、C言語の専門的スキルや知識、能力を3級~1級のレベルで測定するのがC言語プログラミング能力認定試験です。C言語は様々なビジネスシーンで活用されているため、この資格を持っておくことでビジネスチャンスも格段に広がり、就職の際も必ず役に立つでしょう。

C言語プログラミング能力認定試験の難易度は各レベルによって違い、初学者~システムエンジニアやプログラマーも受験しているため一概には言えませんが、3級と2級がマークシート形式の試験であることに対して、1級は実際にパソコンを使った実技試験であるため、独学で勉強している方や実務経験が浅い方にとってはハイレベルな試験です。

C言語プログラミング資格取得を目指す方はこちら

【C言語プログラミング能力認定試験に関連する資格・なるには一覧】

≪MOS≫
≪カスタマーエンジニアになるには?≫
≪ウェブデザイン実務士≫
≪XMLマスター≫

IT系企業就職に有利なプログラミング資格2位 情報処理技術者試験

IPA情報処理推進機構主催の国家試験の一つ、情報処理技術者試験について、試験の特徴や難易度について紹介します。

情報処理技術者試験の特徴や難易度

情報処理技術者試験はITエンジニアが不足している社会背景を考慮し、経済産業省が発足させたIT系人材育成、需要の増加、プログラミングスキルの習得、普及を主な目的とした試験制度です。一般企業だけでなく多くの専門学校、大学などの教育機関でも採用されている情報処理技術試験は、対象者別、レベル別、専門別に分かれており、各分野内でも試験区分が設定されているので、より上の試験区分を目標に頑張ることで一歩ずつ自分のスキルを磨くことができます。

情報処理技術者試験は国家資格という事もあって、試験部区分にもよりますが比較的難関試験です。膨大な量の専門知識が必要とされるため、関連分野の学部を大学等で専攻しながら勉強するか、もしくは独学で試験に臨む方法がありますが、資格取得のためにはいずれにしても1年~数年かかるといわれています。しかし、この資格を持っておくことであらゆるビジネスシーンでメリットになる点が多く、IT系企業に就職・転職する際も必ず役に立ちます。

基本情報技術者試験を目指す方はこちら

【情報処理技術者試験に関連する資格・なるには一覧】

≪プロフェッショナルエンジニア≫
≪Oracle認定Javaプログラマ≫
≪Illustratorクリエイター≫
≪ITパスポート≫

国家資格バナー

PR


IT系企業就職に有利なプログラミング資格3位 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

一般社団法人PHP技術者認定機構が行っているPHP技術者認定初級試験の情報について紹介します。
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは、大学生や一般企業にお勤めの皆さんにはもうすでにおなじみの「Word」「Excle」「Power Point」などMicrosoft Office ソフトの技能や知識を照明するための資格です。この資格を持っていることで業務や作業効率の向上、また転職や就職の際に十分なアピール材料になるなど様々なメリットが多いことから年々受験者も増加しています。

 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の特徴や難易度

上記の基本的なソフト以外にもより専門的なソフトウェアであるデータ入力・統計の「Access」の試験もあり、またオンライン上で各バージョンごとに対策をし、受験できることもIT系企業で働く際に有利になるオススメの資格である理由です・

MOS資格取得を目指す方はこちら

【MOSに関連する資格・なるには一覧】

≪IC3(アイシースリー)≫
≪HTML5プロフェッショナル≫
≪ソフトウェア開発技術者≫
≪ウェブデザイン技能検定≫

IT系企業就職に有利なプログラミング資格4位 Webデザイナー

webデザイナーとは、顧客やクライアント企業の要望に合わせたウェブサイトをデザイン、制作するお仕事です。Webデザインと言ってもただ単に見栄えのよいサイトをつくれば良いのではなく、要望や目的に合ったウェブ制作スキル、知識が必要になります。基本的にWebデザイナーは一人で働くのではなく、Webディレクターが率いるチームの一員として働き、例えばある企業から当社のホームページ制作の依頼が来た場合、Webディレクターとともにクライアントとミーティングを重ねサイトの設計を一緒に行い、実際に制作します。

Webデザイナーになるには特別な資格、免許等は必要ありませんが、各企業、業界でIT化が進む現代において競争率も高いため、より高いスキルと知識が必要とされます。関連業界に就職・転職をお考えの方は少しでも有利な条件を得るためにWebデザイナー検定資格の取得をオススメします。

Webデザイナー検定資格取得目指す方はこちら

【webデザイナーに関連する資格・なるには一覧】

≪Photoshop(R)クリエイター≫
≪PowerPoint(R)プレゼンテーション≫
≪CIW(Certified Internet Webprofessional)≫
≪サーチャーになるには?≫

sponsored link

オススメのプログラミング系資格ランキングまとめ

以上で紹介した資格以外にもIT系企業に就職の際に有利になるプログラミング系の資格はいくつかあります。これからますます情報科学が発展する社会においてそれらの資格を持っておくことで就職の際はもちろんのことあらゆるビジネスシーンでメリットがあるため、興味がある方はぜひ資格取得のために勉強し、スキルアップを目指しましょう。

コメントを残す

*

*