男性会社員におすすめの資格ランキング!転職も安心な役立つ資格とは

転職をしたいと考えていても、まず何から始めたらいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ひと昔前までは、男性は特に「学歴社会」「実力社会」といわれていたかもしれませんね。しかし最近では「資格社会」へと時代が変わってきているんです。

この記事では、男性会社員におすすめな、転職にも役立つ資格ランキングを発表していきます。

転職やキャリアチェンジに役立つ資格を厳選して紹介していくので、是非参考にしてみてくださいね。

男性会社員の転職に資格は役立つ?

メディパートナーバナー

無料で資料請求する

まず、男性におすすめの役立つ資格ランキングを発表するより前に、男性会社員が転職を決めてから考えなければならない注意点やポイントを紹介していきます。

資格の通信講座や通学講座が気になる方はコチラから確認できますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

男性会社員の転職活動に資格は有利?

資格を取得しているからといって、必ずしも転職に有利になると断言はできません。なぜなら、転職したいと考えている職種・業種によって有利になる場合と不利になる場合があるからです。

転職したい職種や業種に直接関連する知識やスキルが、取得している資格によって証明できるものであれば有利になります。しかし、逆に全く関連もなく、仕事に活かすことができない資格であれば不利になってしまう可能性が高いです。

履歴書に資格を記入する際の注意点

資格取得が必ずしも転職活動に有利にはたらくわけではない、と説明したところで、注意したいのが履歴書の資格欄です。

履歴書には、既に取得している資格を全て記入する必要はありません。転職活動中の会社員の中には、資格欄を埋めるために転職に全く関連性のない資格を記入される方が非常に多いです。

転職したい業種・職種に関係のない資格を記入することにより、希望していない分野への配属になる場合や、面接時に資格について問われてしまう可能性も考えられます。

考えておきたい資格の選び方とは?

もし既に転職したい職業・業種が決まっているのであれば、その仕事に関連する資格を取得するべきです。さらに、その分野が未経験の場合は、知識やスキルを身に付けるためにも資格取得のための勉強が役立つでしょう。

しかし、まだ転職したいと考えていても、どんな仕事に就きたいか決まっていない方も多いのではないでしょうか?そんな男性会社員におすすめしたいのは、どんな業界でも通用する「自分自身のスキルアップ」を目指せる資格を取得することです。

会社員が働きながら資格を取得する方法

現在の仕事をしながら、資格を取得する方法は様々です。

最近では資格を取得するための通信講座や通学講座、通信制の学校など、自分のライフスタイルに合わせた資格の勉強方法がたくさん用意されています。

資格を取得したいけれど時間がない、独学は続かない、そんな方におすすめできるのはカリキュラムが組まれている通信講座です。また、無料で資料請求が可能なので、まずはいろんなパンフレットを取り寄せて比較してみるのがいいかもしれませんね。

男性会社員におすすめの資格ランキング!第1位~第5位

男性会社員におすすめの資格

それでは、男性会社員におすすめの転職にも役立つ資格ランキングを第1位から第5位までを紹介していきます。

上位にランクインしている資格は、介護やカウンセラーなど、人と関わる職種・業種が目立っていますね。また、手に職を付けたい方にもおすすめできる資格が揃っています。

無料で資料請求も可能なので、気になる方はぜひパンフレットを取り寄せて検討してみてはいかがでしょうか?

【第1位】実務者研修

メディパートナーバナー

実務者研修の資料請求なら

男性会社員におすすめの資格ランキング第1位は「実務者研修」です。

実務者研修とは、基本的な介護の知識やスキルに加え、医療に関するケアの知識・スキルを身に付けるための研修・資格です。

実務者研修を受けることで、各事業所や施設で配属が義務付けられている「サービス提供責任者」になることができます。

年々高齢者が増加傾向にあることもあり、介護施設の利用者を増えてきています。介護職は力仕事でもあるため、男性会社員が優遇されることも。

すでに介護職に就かれている方はもちろん、介護の業界に転職したいと考えている方にはおすすめの資格です。無料で資料請求もできるので、気になる方は資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

【第2位】介護職員初任者研修

メディパートナーバナー

無料の資料請求はコチラ

男性会社員におすすめの資格ランキング第2位は「介護職員初任者研修」です。

介護職員初任者研修とは、2013年4月に始まった新しい看護専門の資格です。まだ介護や福祉関係の仕事をされていない方や、資格を取得していない方が最初にとる介護の資格として知られています。

資格を取得すれば、全国各地の事業所や施設で通用する資格であり、介護の知識やスキルを習得している証明になります。

最近では、女性会社員のみならず男性会社員にも注目を集めている介護業界へ転職する方が増えてきています。

未経験でも資格取得を目指すことができるので、キャリアチェンジを考えているのであればおすすめできる資格です。通信講座も豊富に揃っているので、1度無料の資料請求を利用してみてくださいね。

【第3位】ケアマネジャー

メディパートナーバナー

ケアマネの資料を請求

男性会社員におすすめの資格ランキング第3位は「ケアマネジャー」です。

ケアマネジャーとは、要介護者の要望や心身状態に応じて介護のプランニングを行い、介護施設や事業所と連絡・調整を行う職業です。ケアマネジャーを目指すのであれば実務経験や受験資格を満たす必要があるため、必ず確認しておきましょうね。

医療業界や福祉業界から転職する方も多く、キャリアアップやキャリアチェンジを考えている方におすすめできる資格といえます。

ケアマネジャーの資格を目指す上で役立つ通信講座や通学講座には様々な種類が存在しますので、是非無料の資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

【第4位】キャリアカウンセラー

メディパートナーバナー

資料請求は無料です!

男性会社員におすすめの資格ランキング第4位は「キャリアカウンセラー」です。

キャリアカウンセラーは民間資格ですが、よく似た資格にキャリアコンサルタントという国家資格があります。キャリアコンサルタントと異なる点としては、キャリアカウンセラーはキャリアに関係するメンタル的な悩みも解決に導く必要とされているので、メンタルカウンセラーとしての知識や能力も必要といわれています。

現代の日本では、いわゆるブラック企業に勤務している方も多く、仕事や転職の悩みを抱えている方も増えてきています。そのため、キャリア開発を行うキャリアカウンセラーの需要も高まってきました。

キャリアカウンセラーの資格には様々な種類があるので、まずは無料の資料で比較・検討をおすすめします。

【第5位】心理カウンセラー

メディパートナーバナー

無料の資料請求なら

男性会社員におすすめの資格ランキング第5位は「心理カウンセラー」です。

認知度も高く、人気も高い心理カウンセラーの資格。通信講座の種類も豊富に揃っているので、迷われている方は無料の資料請求で比較してみることをおすすめします。

心理カウンセラーとは、悩みを抱える相談者を解決に導くサポートを行います。また、心理カウンセラーの資格は日常生活でも役立つ知識やスキルが身に付くので実用的でもあります。

活躍の場は医療機関や教育機関、福祉・介護施設など。最近では一般企業でも需要が高まっており、心理カウンセラーは今後さらに活躍が期待できる資格・業種といえそうです。

心理カウンセラーは未経験からもはじめられる資格なので、一般の男性会社員としてこれまでの経験を活かすこともできるでしょう。

男性会社員におすすめの資格ランキング!第6位~第10位

男性会社員におすすめの資格

ランキング上位を発表したところで、次に男性会社員におすすめの転職にも役立つ資格ランキングを第6位から第10位を紹介します。

6位~10位にランクインしている資格は、国家資格が中心になっています。社会的信頼度が高い国家資格は、転職活動にも非常に役立つといえるでしょう。

もし気になる資格があれば、無料で資料請求ができるので利用してみることをおすすめします。

【第6位】宅地建物取引士

メディパートナーバナー

宅建の資料を取り寄せ

男性会社員におすすめの資格ランキング第6位は「宅地建物取引士」です。

宅地建物取引士とは、不動産業界へ転職したいと考えている男性会社員におすすめの資格です。国家資格であるため難易度はやや高めですが、その分社会的信用も高く、転職に役立つといわれています。

また、宅地建物取引士の資格取得者は、不動産業界以外にも在宅メーカーや銀行などの金融機関、保険会社などの企業への転職でも有利になる資格とされています。

幅広い業界で需要がある宅地建物取引士は男性会社員にも人気のある国家資格です。確実に資格取得を目指すのであれば、通信講座の無料資料を取り寄せてみることをおすすめします。

【第7位】登録販売者

メディパートナーバナー

登録販売者の資料請求

男性会社員におすすめの資格ランキング第7位は「登録販売者」です。

登録販売者の資格を取得していることで、薬局やドラッグストアで取り扱っている市販薬(一般用医薬品)のうちの第二類医薬品と第三類医薬品を販売することが可能です。

2015年の改正により、実務経験が必要なくなり受験資格が廃止されたため、誰でも受験が可能になったことから注目が集まっている国家資格でもあります。

医薬品販売の求人は多く、給与も高いことから転職者も増加傾向にあります。国家資格のため難易度はやや高めですが、確実に資格取得を目指すのであれば無料の資料請求を利用してみてくださいね。

【第8位】簿記

メディパートナーバナー

簿記の資料請求はコチラ

男性会社員におすすめの資格ランキング第8位は「簿記」です。

経営に関する職業に転職したいと考えている男性会社員であれば、簿記の資格が転職で役立つといわれています。また、企業や職種に関わらず、簿記の知識はあらゆる場面で役立つので、取得していて損になることはありません。

簿記の資格で最も知名度が高い資格が「日商簿記」です。日商簿記は初級~1級に分かれており、級が上がるごとに難易度も高くなることから通信講座で資格試験対策を練る方も多いですよ。

無料で資料請求が可能なので、様々な通信講座を比較してみることをおすすめします。

【第9位】キャリアコンサルタント

メディパートナーバナー

キャリコンの資料請求

男性会社員におすすめの資格ランキング第9位は「キャリアコンサルタント」です。

キャリアコンサルタントとは、2016年4月より新たに誕生した国家資格です。就職や転職、キャリアチェンジやキャリアアップを考えている人々のサポートを行うのが仕事内容となっています。

自分自身のキャリアや転職経験を活かすことができる資格といわれており、生涯続けていける仕事であるため今最も注目を浴びている資格です。

また、キャリアコンサルタントの需要が年々高まっており、一般企業の人事部や教育機関の就職相談窓口、ハローワークなどの公共求職支援機関等、活躍の場が広がっています。

大変人気のある国家資格のため、通信講座や通学講座の種類も増えてきました。様々な講座を比較するためにも、無料で資料を取り寄せてみてはいかがですか?

【第10位】社会福祉士

メディパートナーバナー

社会福祉士の資料なら

男性会社員におすすめの資格ランキング第10位は「社会福祉士」です。

社会福祉士の資格は、数ある福祉関係の資格の中で最もレベルの高い国家資格です。社会福祉援助の知識やスキルを習得している証明となり、全国各地の社会福祉施設や医療機関など数多くの働き口があります。

国家資格であるため難易度が高く、受験資格も設けられているので未経験から社会福祉士の資格取得・転職を目指すのであれば通信制の学校やスクールに通うことをおすすめします。

通信講座を受講するだけでは資格取得ができないので、まずは無料の資料請求で通信制の学校や通学講座を比較・検討してみてくださいね。

男性会社員の転職にも役立つおすすめの資格ランキングまとめ

メディパートナーバナー

無料で資料請求する

いかがでしたか?

男性会社員におすすめな、転職にも役立つ資格ランキングを紹介してみました。

就職に役立つ資格は、どんな職種・業種に就くかで人それぞれ異なりますので、是非自分の転職活動に合った資格を探してみてください。

資格取得のための通信講座や通学講座には様々な種類が用意されています。複数の資料を無料で請求することが可能なので、比較・検討するためにもチェックしてみてくださいね。