自動車系資格一覧

   

 

こちらのページでは、自動車系の資格を紹介しています。
自動車に関する資格も様々ありますが、特に人気なのが「自動車整備士」の資格でしょう。
整備士になるための大学や専門学校も数多く存在します。
また、「フォークリフト運転資格」や「指定自動車教習所指導員」など、一般人にも身近な資格も多数紹介しています。
自動車が好きな方は是非、資格の取得にチャレンジしてみませんか?

 

自動車の整備管理者

自動車整備管理者とは、バスなどの大型自動車について使用者に代わって整備管理を行う国家資格です。大型かつ特殊な構造の自動車を専門に整備管理することによって、甚大な事故などを防ぐ役割もあります。自動車が好きな方にお勧めな資格です。

自動車整備士

自動車整備士とは、自動車のメンテナンスを行う国家資格です。自動車整備士試験は、1級整備士、2級整備士、3級整備士と分かれており、等級によって携わることができる業務内容が異なります。

自転車安全整備士

自動車安全整備士とは、自転車の点検・整備、TSマーク(傷害保険・賠償責任保険)の貼り付け、交通ルールや正しい乗り方、自転車事故の防止の指導などを行う民間資格です。自転車技士とW受験をすると就職に有利となります。

自転車技士

自転車技士とは、自転車の組立てや検査・整備を行う上で必要な知識や技術を認定する民間資格です。この資格だけでは就職は難しく、自転車安全整備士の資格も取得すると就職に有利となります。

自動車整備管理者

自動車整備管理者は、バスなどの大型自動車について使用者に代わって整備管理を行う仕事です。大型かつ特殊な構造の自動車を専門に整備管理することによって、甚大な事故などを防ぐ役割もあり、責任の重い重要な仕事です。

自動車検査主任者

自動車検査主任者は、現在は自動車整備主任者といいます。自動車整備士のキャリアを積んだ者が選任される仕事で、分解整備業務が検査の保安基準を満たしているか確認したり、関連する業務の管理などを行い、自動車整備業務の中でも責任のある仕事です。

鉄道設計技士

鉄道設計技士は、国の生活基盤である鉄道を支える仕事です。資格試験は、鉄道やそれに関連する施設についての知識や、実際の業務に就きながら体得した技術を問われる難しいものですが、鉄道の設計技術力を客観的に示すことができる唯一の資格となっています。

フォークリフト運転資格

フォークリフト運転資格は、講習を受けて得られる資格で、フォークリフトの安全な運転に必要なものです。物流業での荷物運搬・配送・各種倉庫での荷物仕分け・イベント設営など活躍の場は多く、将来的にも安定した需要が期待できます。

自動車検査員になるには

自動車検査員は、みなし公務員として国に代わって車検を行う責任のある仕事です。自動車整備を行う中で、より上位の資格を必要とする難しい仕事ですが、その分やりがいと達成感を感じられるでしょう。自動車や関連する技術に興味のある人におすすめです。

1級自動車整備士・2級自動車整備士・3級自動車整備士になるには

自動車整備士は扱える自動車の種類によって資格が異なり、より幅広い種類の自動車を整備するために、日々勉強が続く仕事です。新しい技術を積極的に取り入れる強い好奇心をもって、自動車整備に取り組める人が求められています。