一級小型自動車整備士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-08-31

一級小型自動車整備士は国家資格ですので、自動車整備事業を行うには必ず必要になります。この資格には他に、一級大型自動車整備士や一級二輪自動車整備士などの資格があります。ですが、この2つの試験は現在まで行われていませんので、一級自動車整備士というのは一級小型自動車整備士を指すのが通例となっています。


一級小型自動車整備士は幅広い年齢層の男女が目指せる、自動車を適正に点検・整備する資格です。
一級小型自動車整備士資格取得者は他にも一級小型自動車整備士と呼ばれております。
一級小型自動車整備士の資格は「国家資格」です。


資格広場は、一級小型自動車整備士になるには?一級小型自動車整備士なるためには?一級小型自動車整備士になりたいを応援しております。

一級小型自動車整備士になるために必要な知識・受験資格

一級小型自動車整備士に必要な知識は、二級小型自動車整備士の知識・技能のほかに新技術関係(低公害車、電子技術等の新技術)の故障診断手法、改造に係る安全・環境上の評価手法、使用実態・使用環境等の把握による総合的故障診断及び整備計画の作成手法、整備に係る品質管理手法、リサイクルを考慮した整備手法、効率的な整備手法、整備に係る環境保全・安全管理等の知識が必要になります。このような知識は、日常の生活の中で得ることは非常に難しいので、一級小型自動車整備士の養成施設に通うことで学習することができます。

一級小型自動車整備士の資格は「一般社団法人日本自動車整備振興会連合会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本自動車整備振興会連合会とは:
自動車の適正な点検・整備を通じて、車の安全確保、郊外防止及び地球環境の保全、自動車運転者の利便性向上を推進するため、整備に関する設備の改善及び技術の向上を促進し、自動車整備事業を健全に運営するための事業を行っています。

一級小型自動車整備士

一級小型自動車整備士ってどんな仕事?(仕事内容など)

一級小型自動車整備士は、一般社団法人日本自動車整備振興会連合会が主催する国家資格です。この資格には一級のほかに、二級小型自動車整備士、三級小型自動車整備士があります。この一級小型自動車整備士の資格で行えることは、自動車の新技術の普及や自動車の運転者の保守管理を支援するため、早く正確で分かりやすく情報を提供、環境の保全に抜けた取り組みなどです。また、一級小型自動車整備士は二級小型自動車整備士の上位互換ですので、二級小型自動車整備士までの知識もありますので、点検・整備を行うこともできます。

一級小型自動車整備士資格取得の為の勉強法

一級小型自動車整備士は、一般社団法人日本自動車整備振興会連合会が主催する国家資格です。この資格には特に学歴による制限はありませんが、その他での受験資格による制限があります。一級小型自動車整備士を受験しようとする場合、二級小型自動車整備士(二級小型自動車シャシ整備士を除く)を取得後、3年以上の実務経験があること、または、一級小型自動車整備士の養成施設(一級整備士養成課程)を修了していれば、卒業と同時に受験資格を取得することができます。この受験資格にある通り、一級小型自動車整備士は独学により取得できるものではありませんので、養成施設に通う必要があります。

一級小型自動車整備士の専門学校や通信講座について

準備中です。

一級小型自動車整備士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

一級小型自動車整備士の資格試験料

一級小型自動車整備士の試験料は、学科が6,200円、実技が12,000円です。

一級小型自動車整備士試験・検定の年間試験回数

一級小型自動車整備士の年間の試験回数は1回です。試験の受付期間は1月下旬に始まり、同じ1月下旬に終わるため、非常に期間が短いです。受験申し込み後は筆記試験が3月下旬にあり、口述試験が5月中旬にあり、実技試験が8月下旬にあります。試験地については、筆記試験は各都道府県で開催され、口述試験は愛知、大阪、広島、福岡で開催(受験者数により変更になり事があります)され、実技試験は愛知、大阪、広島、福岡で開催(受験者数により変更になることがあります)されます。また、試験受験時に必要な書類には、ハガキ4枚、証明写真(たて6cm×よこ4.5cm上半身脱帽正面撮影の照明用)、申請者本人のものである印鑑(シャチハタ不可)、資格証明書類等(2級整備士の合格証書、養成施設修了などにより経験年数を短縮できる場合は修了証書)が必要です。

一級小型自動車整備士試験科目等の内容

一級小型自動車整備士の試験の内容は、学科試験と実技試験があります。学科試験には、二次試験まであり、一次試験は筆記試験になり、二次試験は口述試験になります。実技試験は学科試験合格者を対象として行われます。

一級小型自動車整備士資格の難易度

一級小型自動車整備士の難易度は、筆記試験が最低で31.6%~43.2%であり、資格としては、やや高い難易度になります。筆記試験後に行う口述試験は最低が96%~99.1%であり、筆記試験を合格することができた人であるならばほぼ合格できる問題視する必要のない試験です。この2つの学科試験に合格した場合、実技試験になり合格率は最低が27.1%~94.8%であり、開催される年度によって大きくばらつきがあるため、非常に簡単な年度もあれば、非常に難しい年度の場合もあります。

一級小型自動車整備士資格の合格率

一級小型自動車整備士の合格率は、学科試験の一次試験である、筆記試験の合格率は31.6%~43.2%で、二次試験である、口述試験の合格率は96%~99.1%で、最終試験になる実技試験の合格率は27.1%~94.8%になります。この数値を基に計算すると、仮に100人受験した場合、8人~40人が合格できる計算になります。

一級小型自動車整備士試験の合格発表

一級小型自動車整備士試験の合格発表は試験終了後、約1か月後で合否が判明します。

一級小型自動車整備士

一級小型自動車整備士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

一級小型自動車整備士所持者の職業例

自動車整備士

一級小型自動車整備士に向いている人

一級小型自動車整備士に向いている人は、自動車が好きな人が向いています。自動車というのは、非常に複雑な構造により構成されているため、自動車が好きな人でないと中途半端で終わることになるからです。

一級小型自動車整備士と同じ分野の他の資格

一級大型自動車整備士、一級二輪自動車整備士など

一級小型自動車整備士の年収・給料相場

一級小型自動車整備士の給料は、業種別では、メーカーが450万円、大手整備工場が440万円、中小整備工場が400万円、自営業車検工場が410万円で有名企業別では、スバルが約520万円~、日産が約757万円~、トヨタが約797万円~、スズキが約590万円~になり、平均年収は420万円になります。

一級小型自動車整備士の現状

一級小型自動車整備士は二級小型自動車整備士の知識に加え、現状の最先端技術に対する処置方法などの知識についても習得しておく必要があるので、非常に重宝される存在です。

一級小型自動車整備士の将来性

自動車の普及と発展は著しく、発展は今後も進んでいき、多くの新技術が導入された車が普及していきます。なので、最新技術を使用した車両に対する処理方法を習得している一級小型自動車整備士は現在よりも必要とされるため、将来性は高いです。

一級小型自動車整備士の独立について

一級小型自動車整備士として独立することは可能であり、一級小型自動車整備士は二級小型自動車整備士の知識の他に、新技術を使用した車の整備方法など知識についても習得していますので、この新技術にも対応可能という面が独立する場合において大きな利点になります。

一級小型自動車整備士資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*