指定自動車教習所指導員になるには

Tweet Tweet指定自動車教習所指導員は幅広い年代の男女が目指せる、自動車好きに必見な資格です。 指定自動車教習所指導員資格取得者は他には教習指導員・技能検定員・自動車学校教官という名称で呼ばれております。 資格名 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

指定自動車教習所指導員は幅広い年代の男女が目指せる、自動車好きに必見な資格です。

指定自動車教習所指導員資格取得者は他には教習指導員・技能検定員・自動車学校教官という名称で呼ばれております。

資格名:指定自動車教習所指導員

指定自動車教習所指導員の資格は「国家資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では指定自動車教習所指導員になりたい方を応援しております。

指定自動車教習所指導員になるために必要な知識

教習指導員は、道路交通法・教習所関係法令・教育知識・交通教則・安全運転について・自動車の構造等の科目について知識をもれなく有している必要があります。さらに技能検定員は、教則の内容となっている事項その他自動車の運転に関する知識・自動車教習所に関する法令についての知識・教習指導員として必要な教育についての知識なども必要とされます。

指定自動車教習所指導員の資格は「各都道府県公安委員会」が運営管理を行っております。

各都道府県公安委員会とは:

警察の民主的運営と政治的中立性確保するために警察を管理する機関で、行政委員会のうちの一つです。都道府県公安委員会は都道府県の知事の所轄に置かれています。ちなみに北海道ではさらに、4つの方面本部ごとに方面公安委員会が設置されています。

指定自動車教習所指導員

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

指定自動車教習所指導員ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

指定自動車教習所指導員とは、指定自動車教習所にて運転免許を取得しようとする人に対して教習指導・技能検定を行う職員のことです。その役割により2つに分かれており、必要な資格も異なります。1つは学科教習・技能教習を担当する『教習指導員』、もう1つは学科教習・技能教習を終了した人に対する技能検定を担当し、合否判定を行う『技能検定員』です。

指定自動車教習所指導員資格取得の為の勉強法

まず指定自動車教習所に所属してそこで3~6カ月程度の事前教育を受けた後、都道府県指定自動車教習所協会による新任教習指導員養成講習又は新任技能検定員養成講習を約3週間受講してから、指定自動車教習所指導員を受験するのが一般的な流れとなっています。この流れの中で段階を踏んで、必要な知識や技能を学んでいくため、独学での受験は不可能ではありませんが大変難しいといえます。

指定自動車教習所指導員資格の試験料・試験の内容・合格発表について

指定自動車教習所指導員資格試験料

受験する都道府県や車種により異なりますが、約10,000円前後です。

指定自動車教習所指導員試験・検定の年間試験回数

試験を実施する都道府県により異なります。

指定自動車教習所指導員資格の試験科目等の内容

教習指導員の場合は、自動車の運転・教則の内容・自動車教習所に関する法令などについての筆記試験と、学科教習や技能教習に必要な技能・教習指導員として必要な自動車の運転技能についての実技試験と、教習指導員として必要な教育の知識についての面接又は論文試験が行われます。技能検定員の場合は、教則の内容・自動車教習所に関する法令などについての筆記試験と、自動車の運転技能に関する観察や採点技能・技能検定員として必要な自動車の運転技能についての実技試験と、技能検定実施に関する知識・自動車の運転技能の評価方法に関する知識についての面接又は論文試験が行われます。

指定自動車教習所指導員資格の難易度

学科試験・実技試験・面接ともに概ね85点以上が合格基準となっており、特に学科試験のうちの正誤式に関しては95%以上が合格基準とされており、大変に正確な知識・技術が必要とされる試験です。特に、技能検定員は、本来であれば各都道府県公安委員会が担当するべき技能試験の試験官を代わって担う立場であるため『みなし公務員』の扱いとなります。そのため、大変厳しい合格基準が設けられています。

指定自動車教習所指導員資格の合格率について

正式な合格率は発表されていませんが、概ね57~58%であるとのデータもあります。

指定自動車教習所指導員試験の合格発表

試験の合格者に、各都道府県の公安委員会から合格証が交付されます。希望者は資格者証交付の申請も行えます。

sponsored link

指定自動車教習所指導員資格取得後の傾向

指定自動車教習所指導員資格取得後の職業例

事前教育を受けた、所属の指定自動車教習所にて、教習指導員又は技能検定員として働くのが一般的な流れです。なお、独学により個人で受験をした場合は、合格しても教習指導員資格審査合格証の発行のみとなり、実際の業務には就けません。指定自動車教習所に就職して、所属の指定自動車教習所を証明する選任届を提出することによって、はじめて教習指導員資格者証を取得して、実際の業務に就くことができます。

指定自動車教習所指導員に向いている人

自身が自動車を運転することが好きな人はもちろん、正確な運転技術や道路交通法を遵守するモラルを有することが必須です。また、指定自動車教習所指導員は、これから自動車免許を取得しようとする人が、免許を取得して、違反や事故がないよう安全運転に努めることができるよう、必要な知識や技術を確実に正確に指導していかなければなりません。人と向き合って指導できるコミュニケーション力に長けている人や、人にものを教えることが好きな人は向いているでしょう。

指定自動車教習所指導員資格と同じ分野の他の資格

普通自動車免許、自動車整備士、自動車の整備管理者、自動車検査員、運行管理者。

指定自動車教習所指導員の給料相場

年代や階級により異なり、1カ月の給与は約15万円~50万円となります。他の職業と比較しても決して多い方ではなく、資格手当や時間外手当など、所属する指定自動車教習所に設けられている手当の豊富さやその単価が、給料の差に大いに影響するようです。

指定自動車教習所指導員の現状

若者の自動車離れや、都会の豊富な交通網により、自動車免許を取得する人は以前よりも減っているといえます。そのため、時代の流れを受けて小規模な自動車教習所は統廃合を余儀なくされています。しかし、昨今の高齢化社会や頻発する高齢者ドライバーによる事故を受け、高齢者教習などに新しく力を入れている大規模な自動車教習所などではまだまだ需要があります。

指定自動車教習所指導員の将来性

若者の自動車離れがどこまで進むのか、それによって自動車教習所の減少が懸念されます。逆に、時代の流れに沿って新たな講習などに力を入れる教習所には人が集まっており、新たな需要が期待されます。

指定自動車教習所指導員の独立について

指定自動車教習所指導員は、指定自動車教習所に所属してはじめて業務を行える職業なので、一般的に独立をする道はないといえます。

こんな著名人の方も指定自動車教習所指導員資格を持ってます。

元ワンギャル・北川えり、千葉ロッテマリーンズ・信樂晃史。

コメントを残す

*

*